下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

ストレス下痢に良い食事

 下痢の原因は様々ですが、慢性の下痢が続く場合は、食生活を改善することも取り組まなければいけません。
下痢の原因を考えよう3
幸せ物質を多く作ってストレス下痢を解消
また、慢性の下痢はストレスで起こる場合も少なくありません。

ストレス性の下痢で悩んでいる方は、ストレスを解消するために、幸せ物質(セロトニン)を作る食材なども積極的に摂りましょう。

食事から得たタンパク質からつくられる必須アミノ酸とビタミン類が合成されると、歓喜や快楽を伝えるセロトニンや、気持ちを奮い立たせるドーパミンなどの物質ができ、幸せや満足感を感じるようになります。
下痢を治すための音楽療法2
ただし、食品に含まれるビタミン類は、腸に届いてから腸内細菌が作り直すことで活用できるようになります。

 食品のビタミンがきちんと活用され、幸せ物質もたっぷり分泌されるのには、腸内細菌が元気であることが大切なのです。特に腸内細菌のエサ・食物繊維(ゴボウ、ニンジン、ブロッコリー、海草類など)をたくさん食べるとビタミンB群の合成力が大幅に高まり、セロトニンやドーパミン分泌にもつながります。

 一方で、ストレス解消のために甘いものや栄養が偏ったもの、好きなものだけをとり続けると、腸内細菌のエサが腸に届かなくなり、腸内バランス崩壊の危機に陥りかねません。セロトニンやドーパミンがうまくできず、余計イライラすることもあるので注意しましょう。

 幸せ物質をつくる食材
肉類や乳製品には、幸せ物質セロトニンの材料となる必須アミノ酸のトリプトファンやビタミンB群などが豊富に含まれています。
焼肉
特にオススメなのは牛の赤身肉。
これらの食べ物から幸せ物質セロトニンがたくさん分泌されれば、ストレスと関連の深い便秘や下痢などの症状の解消にもつながります。

 もちろん、野菜や海藻類などを中心としたバランスのいい食事を心がけることが大前提。その上でストレスがたまってしまった時などに牛の赤身肉を食べるようにしましょう。

ただし、肉中心の食生活は腸にとってはNG。

とりすぎると大腸がんなどを誘発する恐れがあるので気をつけましょう。
また、特にお腹が弱い方は腸内環境を整えるために、毎日の生活に善玉菌のサプリメントなども上手に活用するといいですよ。

続く下痢に優しい食事はこちらを参照

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

また、腸内が正常に機能していると、幸せ物質セロトニンやドーパミンも正常に作られます。
ですから、下痢が続くと気持ちが落ち込んだり、力が入らないのも仕方がありません。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは瀬勝習慣を見直すと同時に、腸内環境を整えましょう。そして、健全な体を取り戻しましょう。
一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因