下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は予防接種に?

下痢が続く原因は色々とありますが、今日はインフルエンザについて考えてまいりましょう。

下痢の原因は予防接種の副反応?

冬になると空気も乾燥し、インフルエンザが気になる季節になって参りました。毎年流行し、学校閉鎖やが学級閉鎖になります。
インフルエンザに罹らないように気を付けていても、油断すると、すぐにうつってしまうものです。インフルエンザに罹ると、発熱や下痢を始め様々な症状があらわれてきます。なかには、インフルエンザがきっかけで慢性的な下痢の原因となることもあるようです。

インフルエンザの予防接種を受けた方、受けようかと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。インフルエンザの限らず、かかっても軽度で済むなら・・かかっていないから予防の為・・と思って予防接種を受けることも多いと思われます。ましてや、乳幼児、子供であるならば、色んな予防接種を受ける機会も多く、任意接種ではないものもあります。

予防接種は受ければそれだけ、その病気にかかる率も低くなったり、軽度で済んだりとメリットがあります。海外では「日本は何故、病気にかかるまで放っておくのか。予防接種を受けて病気を防げばいいのに。」と言った声もあったりします。

ですが、デメリットもあるのです。それが予防接種後の副反応です。口から服用する薬にもメリットとデメリットがあるのと同様なのです。
予防接種の副反応の症状として(予防接種の種類によって副反応は色々違います。)

1.部位の腫れ
2.発熱
3.下痢
4.嘔吐
5.倦怠感
6.けいれん

などです。けいれんなどの重篤な症状は稀だと言われていますが、注意が必要です。

下痢になってしまったときに予防接種を受けていたら、その予防接種を疑ってみて下さい。下痢は副反応としては軽度だと言われていますが、それがきっかけでなかなか下痢が治らないで、慢性的な下痢の原因になるとしたら考えものです。

一般的に副反応は2~3日で症状は落ち着くとされています。なかなか下痢が治まらない場合は、医者に予防接種のことも合わせて話しをし、判断を仰ぎましょう。

これからの時期のインフルエンザに関しては、ワクチンが卵から作られていることもあり、卵アレルギーの方は要注意です。最悪の場合はショック状態になってしまうこともあり得ます。

インフルエンザの予防接種も必要ですが、予防接種を受けていても、インフルエンザに罹る事もあります。腸内の善玉菌が多く、腸内環境が良好であれば、インフルエンザの予防接種を受けなくても、インフルエンザに罹らない場合が多いものです。 もし、罹ったとしても下痢原因となるウィルスや、腸内で悪さをしている菌などを速やかに排除してくれますので、軽くて済みます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢が続く原因は色々ありますが、腸内環境を良好にすることが健康の一番の秘訣です。 腸内環境を良くする サプリメントがありますので、それら利用すると、下痢の改善のスピードが速くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら