下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く原因が天然水に

下痢が続く原因は食べ物によることが多いものです。



下痢が続く原因は飲み水に?
  人は食べることで健康を維持することができます。しかし何をどのように食べるかが非常に重要となります。

特に水は大切で、水にあたるという言葉があるほどです。

水あたりとは、水を飲むことで水にあたり、下痢、軟便、吐き下しといった症状が起こることをいいます。

一般的には、旅行先で水道水や氷の入った飲料水など細菌やウイルスに汚染された水を飲んだとき、あるいは引越で移動した時に、場所によって水の水質が違ってくると下痢の原因になりやすくなります。

日本は水道から出てくる水がそのまま飲める環境で、とても恵まれています。海外に行くと、水道からの水は飲めない為、ミネラルウォーターを買って飲みます。

下痢の原因は硬水

現地の方も飲む水は買うものとなっています。
しかし、ミネラルウォーターには軟水と硬水があり、日本は軟水ですので、硬水を飲むと下痢を起こすことがあるのです。

硬度の高い水は馴染みがないので、口に入れた時にわかることが多いと思われますが、硬度がさほど高くないものはわからないまま飲んでしまうかもしれません。

硬水には軟水とは比較にならないほどミネラルの含有量が多いのです。ミネラルは新陳代謝を活発にしてくれたり、血行を良くしてくれたり、デットクスの効果もあると言われています。
そう言われると、硬水っていいんじゃない?と思われます。

下痢の原因は水中毒に

ところが、ミネラルの中でもマグネシウムが多く含まれていると、マグネシウムは便秘の方には排便効果があるため朗報と言えるのですが、もともとお腹の弱い方がマグネシウムを摂取すると、下痢になったり軟便だったりといったことになってしまいます。

海外のミネラルウォーターを買って飲んだら下痢が止まらないという報告もあるようです。硬水の長所に惹かれる部分もあるかと思いますが、下痢になることを考えると長所にこだわるのは止めましょう。

どうしても長所も取り入れたいと思われる方は、ラベルに記載されている硬度を見て考えてみてはいかがでしょうか。

いづれにしても下痢を起こさないためには丈夫なおなかにしなければなりません。特に腸内環境を良好にすることは病気に負けない体を作りますし、 たとえ運悪く水質の悪い水を飲んだとしても腸内環境が良好であれば、少々のことは平気になってきます。下痢も起こさず、丈夫なおなかになります。

いまだに下痢が改善されない方はまずは腸内環境を良好にしてみましょう。下痢の改善は一段と早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の改善は腸内環境を整えよう

健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内でも処理の仕方です。腸内環境が良いため、有害菌が増えない様な腸内環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

また、腸内では免疫力の活性、消化吸収、ホルモンや酵素の産出、体温調整、毒素排出など様々な基礎的な代謝が行われています。体の免疫細胞の60%以上は腸内にあるんですよ。



腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは、善玉菌のサプリメントなどを利用しながら腸内環境を整えましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら