下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

過敏性腸症候群かもしれないと思ったら

過敏性腸症候群かもしれないと思ったら
過敏性腸症候群がどんなものかは、まずこちらの記事を読んでみてください。
下痢の原因を考えよう2
「過敏性腸症候群」
 (新しいウインドウが開きますので、このページは維持されます。)

いろいろな原因がありますが、ストレスが原因である場合の改善方法を考えてみましょう。 
「過敏性腸症候群」の記事でも書きましたが、いったい何が自分のストレスになっているのかを考えることが大切です。

ただし、「うまくいかなかったらどうしよう?」「仕事で叱られたらどうしよう?」というような心配から来るストレスは、誰しもが持っているものです。問題なのは、どの程度のことがストレスに繋がってしまうか、ということです。

過敏性腸症候群は自律神経失調症から来る症状のひとつとも考えられていますので、あまりにもちょっとしたことで不安を感じたり、緊張するようであれば自律神経失調症かどうかの自己診断テストをしてみましょう。

自律神経失調症の自己診断テストは、書籍を購入しても行えますが、インターネットで「自律神経失調症 自己診断」と検索すればもっと簡単にいろいろなタイプのものを試すことができます。
下痢が原因でトイレに
自己診断テストを行ってみて、その結果少し心配であれば、心療内科を訪れましょう。

「診療内科」というとちょっと敷居が高く感じるかもしれませんが、自分だけだったらどうしよう?」という不安や、「今後どんなふうに対応したらいいんだろう?」という疑問を専門の医師に取り除いていただくだけでも随分安心するものです。

むしろ、診療内科を訪れるべきところなのに胃腸科消化器科を訪れれば、下痢止めを処方されて根本的な解決が長引いてしまうかもしれません。

自律神経失調症は生活習慣を整えることで改善する場合も多いので、規則正しい生活を心がけきちんと休み、体の疲れをしっかり取るようにしてくださいね。立ち止まって自分を振り返ることが、改善への第一歩です。

また、自律神経失調症は腸内細菌が関係しています。腸内善玉菌が多いほど、自律神経はバランスが整ってくるものです。腸内善玉菌を増やすことは自律神経を整え、下痢の改善に役立ちます。サプリメントを上手に使用しましょう。
下痢を改善する腸内細菌
腸内環境を良好にして食中毒の予防
腸内は食べた物を消化・吸収や解毒を行います。また食べた物が有害物質なら素早く外に排出する働きも持っています。と同時に腸内に極めて有害な菌が侵入したなら、それらの有害菌が増殖しない様に抑えることもできます。

こうして腸内が正常に働くと食中毒の予防並びに下痢の改善にも役立ちます。腸内環境を正常にするのに必要なサプリメントがありますので利用してみましょう。

PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因