下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

過敏性腸症候群

下痢が続く原因のひとつは、「過敏性腸症候群(IBS)」といわれる腸の病気です。

過敏性腸症候群とは?
病気というと自分には無関係だと思いがちですが、日本人には非常に多い症状であると考えられ、人口のおよそ30%が過敏性腸症候群のなんらかの症状があるとも言われています。

症状にはいくつかタイプがあり、下痢型、便秘型、そして下痢と便秘を交互に繰り返す交代型、など大きく分けて3つのタイプ、細かくいうと、4つのタイプに分けられます。

原因は自律神経の異常や、緊張や不安などの精神的なストレス、暴飲暴食やアルコールの摂り過ぎが考えられます。

仕事が忙しくなると下痢が起こる、大切な用事がある日に限って腹痛が襲う・・・などのことに心当たりがある方は、過敏性腸症候群の可能性も考えてみましょう。

過敏性腸症候群のやっかいなところは、「下痢になったらどうしよう?」「お腹が痛くなったらどうしよう?」と言った不安な気持ちが、よけい下痢や便秘の症状を招いてしまうとうことです。

特に下痢はトイレに行くタイミングなども気になります。

精神的な要因が非常に大きい病気であることがわかると思います。

まず、自分の症状が本当に過敏性腸症候群なのかどうかを確認するために、病院に行くようにしましょう。

多くの方々がこの病気に苦しんでいることを考えれば、恥ずかしく思うこともありません。

恥ずかしいと思うことも症状を悪化させているのです。

処方された薬によって随分症状が軽くなる場合もありますし、薬でコントロールできるという安心感も大きなものです。

過敏性腸症候群の具体的な治療方法は、緊張や不安となるものの原因を取り除くことです。

とはいえ、仕事や学校など、生活に深く関わるものをまるごと取り除くことはできません。

大切なのは「本当の原因はなにか?」ということをつきつめて考えるみることです。

自分は何が不安なのか?どうして緊張してしまうのか?と考え、それがいつまで続くのか、別の方法はないか、誰の手助けで気持ちが楽になることはないか、と自分自身で道を切り開いていこうとすることで解ける緊張や不安もたくさんあります。

不安やストレスのない場所でリラックスするのも重要です。

体調を整えるために暴飲暴食を控え、腸内環境を整え、睡眠をたっぷりとるようにしましょう。

自分で自分を癒すことが、回復への第一歩です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢を改善するにはます腸内環境を整えましょう
慢性的な下痢を改善するためには何といっても腸内環境を整えることから始めなければなりません。

また、年齢を重ねるごとに腸内も老化し弱くなり、下痢だけでなく、免疫力の低下も引き起こしてきます。

腸内年齢を若返らせる為に必要なのは善玉菌優性の腸内環境を整えることと、ある程度お腹に負荷を与えるために適度な運動が必要です。

特に年齢を重ねることによる善玉菌の減少は避けられないため、積極的に摂り入れる必要があります。

善玉菌のサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は早くなり、腸内年齢も若返ります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因