下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は水分の摂り過ぎ

下痢の原因は水分の摂り過ぎに
下痢にも様々な症状があり、下痢の原因も様々です。下痢は基本的に腸で吸収できる水分量を超えた水分を摂取すると下痢になります。
下痢が続く原因は腸内環境に
例えば、毎日夕方遅く、ビールを4、5本の飲んでから寝るという人習慣から、朝方から午前中まで数回の下痢をする人がいます。水分を短い時間に2~3ℓ以上飲むと、胃腸の拒絶反応で下痢をします。

腸で吸収できる水分量が超えてしまうのです。水を飲むことはいいのですが、一度に大量に、1ℓ以上は飲まないようにしましょう。もちろんその下痢はそのような大量にビールを飲むと言う習慣を止めれば下痢はおさまります。
水
日本人は食事に水分が多いものです。しかも多くの飲料を摂っています。水分をたくさん摂って汗をかくことがないと、皮膚や膀胱から出し切れないので下痢をしたりすることがあるのです。

しかし腸内環境が健全であれば、少々水分を多くとったからといって、便の硬さに影響が出ることはほとんどありません。ですから、水分のとりすぎたからすぐに下痢になるということはありません。

その他の下痢の原因としてはミネラルウォーターの飲み過ぎです。私達が通常、日本で飲んでいる水のほとんどが軟水です。

軟水とは、カルシウムやマグネシウムをあまり多く含んでいない水のことで、 カルシウムやマグネシウムを多く含んでいる水は硬水と呼ばれます。これはヨーロッパの水に多い性質です。
下痢の原因は水中毒に
市販されている硬水のミネラルウォーターは、含まれているマグネシウムが関係しています。

硬水に多く含まれるマグネシウムは体内に吸収されにくいばかりか、 大腸で水分の吸収を阻害する働きもあるため沢山摂ったり、普段飲みなれていない場合に下痢を起こす可能性があるのです。

日本の水は、火山性土壌が原因で、ほとんどが軟水で、カルシュウムなどのミネラル成分が少ない水です。石けんなどは良く溶けるので洗濯にはもってこいです。

これに対して、ヨーロッパは、ミネラル分が非常に多く、アルカリ性に傾いています。そのため、普段、弱酸性の水になれている日本人には、おなかの調子を悪くする人がいます。

ただし、いくら硬水といえども問題になるぐらいマグネシウムは含まれていませんので、通常時は問題ないでしょう。 旅行で海外に行ったときや体調が悪いときに注意してください。
下痢が起こる原因は大腸がん
下痢の改善には腸内環境を整える
下痢の改善は何といっても腸内環境をしっかり整える事です。というのも、「元気の元は胃腸」からと昔から言われている通り、健康な人は何でも食べておなかの調子も整っています。

多少体に悪い物を食べたり、飲んだりしてもおなかの調子がいいと、つまり腸内環境が整っていれば、腸内での活動が正常に働き悪い物を速やかに排出したり、無害にしてくれるからです。

私たちは食べ物で身体が作られます。ですので食べた物を十分に生かすためには腸内環境を整えなければなりません。
下痢の治し方2
腸内環境が良いと多少無理をしてもすぐに回復できるものです。飲み過ぎたかな、食べ過ぎたかなと思っても、一過性の下痢をするもののすぐに回復します。しかし腸内環境が悪いと、体調を崩した時には、なかなかもとにもどることが出来なくなります。特に下痢をすると、慢性的に下痢が続き、何年も続く事があるのです。

腸内環境を強化することは、健康になるためには非常に大切ですので、日頃から腸内環境をしっかり強化しましょう。腸内環境を良くするサプリメントを上手に利用するのは賢い方法です。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因