下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は食中毒や感染症

下痢の原因は急激なものと、慢性的に続く下痢などがります。

急に起こる下痢の原因は食中毒や感染症が原因

中でも急な下痢は食中毒か感染症の疑いがあります。一度病院で受診しましょう。

一般的に食中毒や感染症による下痢の原因などは夏場に多いとされてきましたが、現代では暖房が行き届きいていますので冬場でも多く見られます。

腸炎ビブリオは、海水と淡水が混じり合う汽水(きすい)域を中心に、沿岸の海水中に広く棲息する細菌です。主として、腸炎ビブリオで汚染された海産魚介類を生で食べることにより下痢が発生する、食中毒が原因の急性胃腸炎です。

魚介類の生食を好む日本人の食習慣のためか、日本ではサルモネラ感染症と並んでよく発生する感染症でもあります。

夏に、大人が下痢や腹痛を訴え、海産魚介類(とくに生)をおおよそ10~30時間(潜伏期)前に食べていれば、この病気の疑いが濃厚です。腸炎ビブリオは夏になると、近海産のアジやサバ、タコやイカ、赤貝などの内臓やエラなどに付着しています。

これらを生食用のさしみにするとき、さしみに移って感染し下痢の原因になります。

 また、魚介類に付着した腸炎ビブリオが、冷蔵庫の中やまな板などを通じて他の食品を汚染し、その食品から食中毒をおこし下痢が続くこともあります。

これに感染したものを食べた後、10~24時間後に激しい腹痛と下痢がおこります。特に腹痛はさしこむような激痛で、猛烈な苦しさを伴います。また、激しい下痢がなんども続くため、脱水症状をおこすこともあります。

発熱はあまりなく、ほとんどは抗生物質の投与などで2~3日で回復します。ただし、水のような下痢が正常に戻るまでには2週間くらいかかります。腸炎ビブリオによる下痢を避けるには、次のことに気をつけると良いでしょう。

・魚介類はできるだけ加熱して食べる。

・調理する直前までは、冷蔵庫などで5℃以下で低温保存する。

・調理したさしみはできるだけ早く食べる。

・他の食品と接触しないよう、冷蔵庫に食品を詰め込みすぎない。

・調理の際は、魚介類を真水でよく洗う。

・まな板やふきんは、魚介類専用のものを使う。

・使った調理器具は、よく洗い、熱湯などで殺菌する。


 急な腹痛で下痢が続く場合は、一度必ず病院に行き、医師の診察を受けましょう。もともと下痢が続く体質で、日頃から下痢が頻発する場合でも、いつもと違う症状が現れたときには、いつものことと片付けずに、必ず病院にかかりましょう。

健康の要は何と言っても腸が丈夫であることです。下痢の原因を改善するには腸を丈夫にすること。腸内環境を良好にすることが重要です。つまり腸内環境の良し悪しは腸内細菌叢のバランスで決まります。 

腸内細菌の中の日和見菌は全体の4分の3を占めていますので、この日和見菌を味方にすることがとっても重要となってきます。 日和見菌は善玉菌が多いと善玉菌の味方になって、下痢を起こしにくい、免疫を上げるEtc…様々な体に良い働きをします。
下痢が続く原因
しかし悪玉菌が多いと、悪玉菌の味方になって、下痢をしやすい、血液が汚を汚す、万病の原因にまで発展し、体に悪い影響を及ぼします。ですから、善玉菌を外からどんどん摂りいれて、善玉菌の数を増やし、日和見菌を味方にすることが重要になってきます。
腸内善玉菌のサプリメントがありますので、それらを上手に利用して日和見菌を味方にしましょう。

こうして日和見菌が味方になればたとえ腸炎ビブリオが体内に入ったとしても、腸内で解決してくれますので、重篤な症状にならずに、非常に軽い症状で済む場合があります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の原因は急激なもの、慢性的なものでも必ず原因があるものです。下痢が続く原因がわからない場合、とにかく腸内環境をよくすれば、あとは腸内の細菌叢の善玉菌達が解決してくれますので、善玉菌をどんどん摂りいれましょう。下痢改善はすぐそこまで来ています。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因