下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は睡眠不足

下痢の原因は様々です。下痢の原因がわかっているものと、病院で下痢の原因を検査してもらっても、下痢の原因が全く分からない場合があります。下痢の原因は睡眠不足?

よく考えてみると下痢になるには必ず下痢の原因があるはずだと思って、生活習慣を見直して、下痢の原因を探ってみましょう。


例えば、寝不足が下痢の原因になることもあります。夏場は特に熱帯夜が続くと寝不足に陥りがちです。また睡眠時間は確保できていても、寝苦しさで質の低い睡眠になりがちです。ここで下痢の原因となる問題になるのが自律神経です。

自律神経には体の活動と休止のモードの切り替えという働きもあり、排便は休止モードで促進されます。睡眠が不足してくると、自律神経は不適切な時間帯であっても休息をとろうと強い休止モード命令を出してしまうことがあるのです。

すると異常に強い腸の蠕動運動がおこり、下痢の原因となります。

寝不足を原因として腹痛・それに伴う下痢に悩まされる方は少なくありません。こういった方の多くは寝不足が腹痛や下痢の原因となっていることをなんとなくであっても把握されている方が多い傾向にあります。

つまり、理由ははっきりとはわからないけれど、寝不足になると腹痛や下痢を起こすということをご自身でわかっているのです。

寝不足が腹痛や下痢をもたらすのは、寝不足によって自律神経の働きが乱れてしまうためです。自律神経の乱れは、ストレスとして精神的に堆積する方などもいますが、下痢を起こす方は、自律神経の乱れが腸にきます。

寝不足による下痢等の原因は、寝不足による交感神経の乱れにある以上、寝不足を解消すれば下痢等はおさまることになります。しかし、好んで寝不足になる方は少ないでしょう。

仕事や勉強等でどうしても眠るわけにはいかず、その結果、寝不足となるのがほとんどの方ではないでしょうか。そのため、寝不足であっても腹痛・下痢を抑える方法を考えていきましょう。

以下の様な方法が効果的であると思われます。
下痢の原因は見慣れない魚に?
*消化に良い食事をとること
寝不足による下痢は腸の働きが乱れることで生じてしまいます。腸の働きの乱れは自律神経という意思によって変えることができない神経の働きですので、これを変更させることはできません。

そのため、寝不足であっても腸に負担をかけない食べ物を摂ることで下痢が生じるのを防止するのがよいでしょう。

具体的には、寝不足の日の朝は食事をお粥にするなどが効果的です。寝不足による腹痛を感じられる方の多くはどのくらいの寝不足の場合に腹痛が生じるかを経験的に知っていますので、寝不足による腹痛の可能性を感じる場合には、お粥など消化に良い食事を朝食に摂ることで腹痛を避けることができます。

*胃腸薬などを飲んでおくこと
次に、寝不足による下痢等が生じる方は、あらかじめ、胃腸薬を用意しておくのもおすすめです。これも、消化に良い食事をとることと理屈は同じで、寝不足で腹痛が生じることが予測される場合に前もって対策をとっておくということです。

胃腸薬は様々な種類ものがあり、体に合うもの、そうでないものとがありますので薬剤師に相談の上、寝不足による腹痛が生じた際に適切なものを選んでもらいましょう。

その他、寝不足による下痢の程度がひどく、生活が困難な場合には、医師による治療と処方を受けることも有益です。内科などのほか精神的な理由が強い場合には心療内科などでも対応してくれる場合があります。

乱れた生活を正しいリズムに戻すには、早寝早起きの習慣をつけることも大切です。そのために次のようなことを意識してみましょう。

*こだわりを捨てる
何時間寝るべきだというこだわりを持つのもストレスの原因になりますので良くありません。無理に眠ろうと思うほど、余計に神経がさえる原因となり、逆効果です。

布団の中で目を閉じて、リラックスしているだけでも、短い睡眠効果はあります。

*精神的なストレスに強くなる
ストレスとも、うまくつきあっていくことが大切です。気持ちをコントロールしてストレスに強くなりましょう。問題を一人で抱え込んでしまわず、誰かに相談するなどの上手な解消法を身に付けることも大切です。

ビジネスのノウハウ本には、仕事に関するストレスを軽減するヒントが書かれています。自分に合ったストレス対策を見つけるためにも、読んでみるのもいいでしょう。そして自分なりのリラックス法を見つけるようにしましょう。
下痢の治し方笑顔で
*適度な運動をする
スポーツは、運動不足の解消はもちろん、汗を流すことで気分がすっきりして倦怠感がなくなり、精神的な充実感も得られます。また、定期的に運動を行うことで生活のリズムも作れます。

ウォーキングなどマイペースでできる運動を無理のない範囲で始めて、運動習慣を身につけましょう。

*早寝早起きのために
少しずつ寝る時間を早めましょう。毎日5分ずつでもOK。寝る前にリラックスモードに切り替える時間を20~30分程もつこと。これを入眠儀式といいます。

そして起きる時間も少しずつ早くしましょう。早寝の習慣を助けます。また、眠る直前のベッドでの携帯やゲーム、ネット検索などをやめましょう。交感神経が働いてしまいます。
鉄材が下痢の原因に
*休日の寝だめはダメ
週末の過ごし方として、「起きたら昼だった!」という平日のリズムと大きく異なる睡眠覚醒リズムは避けましょう。週末の朝は必ず、平日の起床時間+1時間でまずは起きて、太陽光を浴び、体内時計をリセットしましょう。その後、眠たければ午前中に2時間以内の二度寝で対応して、起きたら日中の活動を積極的にしてください。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
健康の要は何といっても腸です。腸で消化・吸収・排出・解毒・ビタミン類・ホルモン・血液などを作ったり、免疫強化するなど非常に大切なところです。

腸内環境を良くして腸内を丈夫にし、腸内が正常な働きをするようにしましょう。腸内の働きをサポートするサプリメントがありますので、上手に賢く利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因