下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因は炭水化物?

下痢の原因や下痢が続く原因は様々ですが、 発熱や嘔吐がある場合はまずは病院で受診しましょう。
下痢の原因を考えよう3
下痢が続く原因は炭水化物不耐症? 
 炭水化物・・白ご飯、パン、麺など食事としては欠かせないものです。下痢の原因は様々ですが、下痢になったりすると、 お粥にしたりします。 しかし、この炭水化物が下痢の原因だったとしたらどうでしょう

炭水化物不耐症は、腸内酵素が1つ以上欠損しているためにとくていの炭水化物を消化できない状態です。

症状として下痢、腹部膨満感、頻繁なおならだそうです。 炭水化物は消化されると糖類になります。

腸内酵素が欠損していると、未消化の糖類が浸透圧を高めて 腸管に水分および電解質を導く為に下痢が起こると言われています。
下痢が続く原因
また、炭水化物の細菌発酵によって ガスが発生し、過剰放屁、膨満感、腹痛が起きます。

炭水化物不耐症は乳糖不耐症などの二糖類分解酵素欠損症と症状などが似ています。

腸内酵素が欠損していることだけを炭水化物不耐症とは言わず、血糖のコントロールがうまくできないことも 炭水化物不耐症と言うそうです。

食事によって血糖値は上がりますが、炭水化物や甘いものは特に血糖値を上げてしまいます。

膵臓は血糖値を下げようと「インスリン」を分泌します。炭水化物不耐症とはインスリンが 分泌されても血糖値がなかなか下がらないためにいつまでもインスリンが分泌されたり、少し食べただけでインスリンが 大量に分泌され血糖値が急激にさがり低血糖になってしまう状態のことで、その結果として ・食後、午後に眠たくなる ・集中できない ・食後にお腹が張る ・ガスが溜まる ・いらいらしやすい ・気分が落ち込みやすい などの症状を引き起こすそうです。

炭水化物を食べれば食べるほど、かえってエネルギー不足となり、低血糖状態に陥り、 血糖値を戻すために炭水化物を体が求めるため、すぐにまた、炭水化物や甘いものが食べたくなります。

これは、いわば“炭水化物中毒”に陥っている状態です 治療としては、炭水化物吸収不良は吸収できない食事中の糖を避けることによってコントロールしたり、 炭水化物を控え目にしていくことだそうです。 生きていくためには必要な食事の中に、下痢になる要素があるかもしれません。下痢だからお粥→それが 下痢を招いているのかもしれません。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の原因を解消する腸内環境
現代のあらゆる病気の発生場所は消化管にあると指摘されています。「病は腸」からという考え方です。
下痢の原因の多くは腸内細菌の善玉菌の数にかかってると言っても過言ではありません。「病は腸から」逆を言えば、「元気の元は胃腸から」という事になります。

腸内環境を良好にすれば下痢をはじめほとんどの病気は解決できるそうです。現に脳が死んでも生き続けることが出来ますが、腸が死ねば人は必ず死んでいきます。人体の臓器の中で最も老化しやすい場所は実は「腸」なのです。

しかし、最も回復しやすいのは逆に「腸」なのです。下痢の改善も腸を元気にすれば自然と早まります。腸を元気にして、腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因