下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

クローン病

下痢の原因は様々ですが、そのひとつにクローン病があります。
下痢の原因を考えよう2
下痢の原因はクローン病
クローン病は、口腔から肛門までの全消化管に、慢性の炎症又は潰瘍を生じる原因不明の炎症性疾患。厚生労働省より特定疾患に指定されています。

クローン病の下痢の原因
クローン病の下痢の原因は、腸管粘膜の炎症により吸収能が低下したり、腸の中へ滲出液(しんしゅつえき)が排泄されることにより生じます。

夜間にも下痢がみられる場合はクローン病の病勢が悪化していることが多い傾向にありますのでその際には病院のお医者様と相談しましょう。

しかし、抗生物質を使用していたり、夜間に経腸栄養を行っている場合は下痢が起こる場合があります。どちらにしても心配な場合はお医者様に相談しましょう。

クローン病の原因
クローン病の原因はまだはっきりわかっていませんが、研究者たちは、免疫系の機能不全により環境、食事、感染などの要因に対して腸が過剰に反応するためと考えています。

一部の人はこの免疫系の機能不全に対する遺伝的素因をもっています。タバコの喫煙もクローン病の発症と関係があるようです。

クローン病の再発について
クローン病は生涯を通して不規則な間隔で再発します。再発は軽いことも重いこともあり、短いことも長びくこともあります。腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じ、発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などの症状もしばしば現れます。
重症の場合は激痛や脱水、血液量の減少が起こります。
下痢の原因は菌やウィルス
 完全治癒は困難で、症状の安定している時期をいかに長く維持するかが重要です。潰瘍性大腸炎ほど頻度は高くありませんが、クローン病で癌の合併もみられるため定期的に大腸のX線検査や内視鏡検査をすることが必要です。
 
日本におけるクローン病の難病登録患者数は1999年には18,036人で、毎年約1,200人の方が発病し、患者数は増加し続けていますが、欧米に比べると10分の1前後です。

10歳代~20歳代の若年者多くみられ、発症年齢は男性で20~24歳、女性で15~19歳が最も多くみられます。男性は女性の約2倍近くの割合で発症します。環境因子、食生活が大きく影響し、動物性タンパク質や脂肪を多く摂取する人ほどクローン病にかかりやすいと考えられています。

野菜不足が難病を招く
 若者の発症が多い理由の一つとして考えられるのが食生活の乱れ、特に野菜の摂取量が極端に減っている事です。というのも最近献血を拒否される若者が急増し、血液の鉄分不足が目立ちます。

野菜摂取量が少ないという事はバランスのとれた栄養が充分に摂取できず、血液も粗悪になり、免疫力は衰え、腸内環境も悪くなるのです。腸内環境が悪くなると様々な腸の障害が生じます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない健康な人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。
腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。
そして、野菜不足の人は、ミネラル豊富な野菜のサプリメントがありますので、賢く利用しましょう。



PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因