下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

高齢者の下痢が続く原因

下痢の原因・高齢者の下痢が続く

高齢者の便秘も困るけど、下痢も困ります。特に急性の場合は、本人の体調そのものも心配になりますが、介護側もショックです。高齢者の下痢の原因にはどんなものがあるのか、ご一緒に考えてみましょう。


・高齢者の下痢の原因 ・高齢者の下痢が続く時の注意 ・食事と水分摂取


高齢者の下痢の原因

疑われる原因として、細菌やウイルスによる感染症、日常生活で発生する冷たい物の摂りすぎ、寝冷え、暴飲暴食、人によっては牛乳・乳製品が体に合わないこともあります。

飲酒、ストレスになどによっても日常的に発生します。また加齢と共に消化機能が衰える事もあります。時には意外な疾患が潜んでいることもあります。以下の病気も疑ってみましょう。

【急性の場合の下痢】 
●食中毒やウイルス性腸炎 ●食品アレルギー ●急性腸炎 ●風邪
細菌・ウイルスの感染症ではその多くは発熱や腹痛・嘔吐を伴います。

【慢性の場合の下痢】 
●過敏性腸症候群 ●潰瘍性大腸炎 ●糖尿病 ●吸収不良症候群 ●大腸がん ●その他の消化器系疾患
トップへ

高齢者の下痢が続く時の注意

●水様性の便の場合
水様便は急性の感染症の症状として現れます。細菌やウイルス性の感染症によるもので、数日内に止まる一過性の下痢です。水様性の便が出はじめてから、長くても2週間程度を経過すると治まるのが普通です。

しかし、水様便の下痢が長く続くと十分な栄養摂取が出来ないだけでなく、重要なミネラル成分が排出され、激しい場合には脱水症状にもなりやすいため、早めに下痢症状を止めなければなりません。

特に、出血のある便は要注意です。出血多量の場合は、貧血が起きたり、倦怠感が見られることもあります。動悸が激しくなることも。早期発見が大事な病気。こうした症状が見られたら、すぐに専門医へ行きましょう。

水様性の便が続く時には水分補給がとても重要となります。

●軟便の場合
軟便の下痢は、急性疾患の症状としてだけでなく、ほかに体の異常がないときにも見られる現象です。便が緩くなる軟便は、これは順調の証と言ってもよいでしょう。

下痢が「病原菌の侵入」に起因するのに対し、軟便は腸内細菌叢の善玉菌たちが元気にたくさん増えた時にも起こります。例え軟便でも、出してスッキリしていれば「順調」なのです。一日何回出ても、0Kです。

午前中に3回出ようとも、出す度にスッキリしていたら「軟便」であり、「順調」と判定して下さい。あと、大便の2/4は腸内細菌、1/4は剥がれ落ちた腸の粘膜細胞、1/4が食物残渣と言われているので、腸内細菌が増えれば大便の量が増え、軟便が改善されます。

軟便ではそれほどの危険性がないため、さほど気にせずに放置して習慣化している人も多く見られます。

健康時の便は水分量が約60%、軟便は約70%と言われており、意外とわずかな水分量の違いです。軟便は、食事に気をつけるだけで改善する可能性があります。

便の水分量を60%に近づけるため、負担をかける飲食物を避け、消化吸収の良い食品を摂るようにしましょう。

●便秘と下痢の繰り返し
高齢になると腸の機能が低下し、便秘がちになります。そうなると下剤を服用することになり今度は下痢気味になります。 こうしたことの繰り返しで、腸内環境が悪化し、慢性的な下痢になる場合があります。

あるいは精神的なストレスで、下痢と便秘を繰り返す人もいます。いわゆる過敏性腸症候群で、下痢と便秘が交互に現れ、腹痛・腹部の違和感を伴うこともあります。

過敏性腸症候群の下痢の直接的原因は大腸の機能異常によるものですが、その異常は、不安・緊張などの精神的ストレスや過労、不規則な生活、暴飲暴食などによる自律神経の異常に起因するとされています。

下痢で水分が不足している場合は、水分補給に心掛けるとともに、スポーツドリンクやサプリメントでナトリウム・カリウムなどの補給も行いましょう。
トップへ

下痢の際の食事と水分摂取法

下痢の時は急性、慢性に限らず、水分はまめに補給しましょう。体液が失われると脱水症状になってしまいます。人肌くらいのお湯や砂糖水などがベスト。温かいお茶もよいでしょう。

急性の場合は、食べ物は控えておき、様子が落ち着いてきたら消化の良いものを食べましょう。はじめは半流動食、その後、三分粥、五分粥などにしてゆきます。

問題がなければ、卵などのタンパク質もとるように。ただし、量は少なめに。熱すぎるもの冷たすぎるのもおなかに良くありません
トップへ

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。生活習慣による病気の9割は腸内環境が悪化したことが大きな原因となります。腸内環境を整えると、腸内で行われる活動が正常化され、健康増進に繋がります。下痢も改善されます。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

トップへ

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら