下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

飲みかけのペットボトル

下痢の原因にはそれなりの原因が必ずあるものです。主に食習慣が下痢の原因のとなることが大いにあるのですが、その大部分は気が付かないことが多いようです。



例えば、暑い日には水分補給が欠かせません。ペットボトルは水筒代わりに使えて外出するときはとても便利です。ところが、ペットボトルの量が多いと、飲みかけをそのまま放置していることはありませんか?

昨日買ったけれど、飲みきれなかったペットボトル飲料を捨てるのはもったいないからと、そのまま飲んでいませんか? 実はペットボトルの飲みかけが食中毒を起こすことがあるのです。

それはなぜなのかご一緒に考えてみましょう。


下痢の原因となる飲みかけのペットボトル

暑い日には水分補給が欠かせません。何度でもフタの開閉ができるペットボトル飲料は便利ですが、外出時に持ち歩く場合は注意が必要です。ペットボトル飲料は一度口を付けて飲むと、唾液の中のさまざまな細菌が入ってしまい、そのまま放置すると、細菌が繁殖してしまい、おなかの弱い人などは下痢の原因となる食中毒を起こす危険性があります。



炎天下の車内に飲みかけのペットボトルの麦茶を放置し、再び飲んだところ、激しい腹痛に襲われ下痢になったという例も見られます。では、飲みかけのペットボトルにはどれだけの菌が増えるのでしょうか?


常温に置くと細菌だらけに?
細菌が繁殖しやすいのは気温30℃前後です。
下記のグラフは口をつけたペットボトル飲料中の24時間後の細菌数を調べたものです。
 


ペットボトルに口をつけた後の1ミリリットルあたりの細菌数を調べた食品微生物センターの実験データでは、2時間が経過した状態では菌の繁殖にそれほど差はありませんが、24時間後には「麦茶」の細菌数が50倍以上に増加しています。

これは、麦茶の原料の麦に含まれる炭水化物を細菌が好むことや、無添加で保存料が入っていないため雑菌の増殖が高いようです。一般的に菌が10万から100万個を超えると”腐敗の初期段階”となり、食中毒の危険性が出てきます。

麦茶以外では、牛乳成分の入ったコーヒー・紅茶飲料も細菌の増殖率が高いといわれています。一方、麦茶に比べて細菌の増加が少なかったオレンジジュースとスポーツドリンクは、どちらも菌が好む糖分が含まれてはいるものの、飲み物自体が酸性だったことで菌の増殖が抑えられているようです。

雑菌の正体は自分の細菌

口の中の細菌とは、どのような菌なのでしょうか?「主なものはレンサ球菌と呼ばれる菌です。口の中に常在しているのは、病気を引き起こす可能性がほとんどない菌なので、健康な人であれば病気になることはありません。

しかし、飲み物の中で菌が増殖し、大量の菌を体内に取り込んでしまった場合は食中毒の原因になることもあります。細菌は『栄養』『水分』『25~35℃の温度』の3条件がそろった環境で増殖するため、この条件に当てはまりやすい6~9月は注意が必要です。



ペットボトルを衛生的に飲む方法
ペットボトル飲料の飲み方にも気を付けるべきポイントがあります。
●直接口を付けずに、コップに注いで飲む。
●できるだけその場で飲み切る。
●飲みかけのものは冷蔵庫に入れて、早いうちに飲み切る。
●短時間で飲み切れる、小さめのサイズを選ぶ。

「口を付けた後、何時間は大丈夫」と明確なものはありませんが、心掛けが大事です。口をつけなくても一旦、ペットボトルを開栓してしまうと、外気にさらされることになるため、空気中の微生物が入り込み、腐敗を引き起こす可能性が高まります。

実際に菌が繁殖してしまったペットボトル飲料は、中身が濁ってしまったり、成分が分離してしまったり、白いものが飲み物を覆うように細菌が増殖してしまったものもあります。
暑い時期に欠かせないとても便利なペットボトル飲料ですが、衛生的に、おいしく水分補給をしましょう。


細菌の増殖が引き起こすのは食中毒だけではない
国民生活センターに寄せられた事例には、80代の女性から「ペットボトル入り炭酸飲料を半分飲み残し、キャップを閉めて常温で1カ月置いたら、いきなり破裂して、複雑骨折と切傷を負い、手術を受けて入院した」とペットボトル破裂の事故例が寄せられています。

ガスを発生する微生物がペットボトルの中に混入して、微生物の発育が旺盛な環境に置かれてしまうと、ペットボトルが膨張して破裂する可能性が高まります。飲料の種類と何℃で置かれるか、にもよりますが、早ければ1日から2日でペットボトルの膨張や破裂は見られますので、注意が必要です。特に車のなかでの放置は注意しましょう。車内ではかなり温度が高くなります。

さらに、飲み終わったペットボトルに別の飲み物を入れて再利用をすることも、細菌を増殖させることになるのでやめてほしいと飲料メーカーは訴えています。



腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。人は口から良いものを摂り入れていますが、同時に悪いものも口にしています。しかし、腸内環境が整っていれば、腸内では正常な活動が行われ、悪いものは排除するという機能が備わっていますので、健康的な生活が送れるのです。

日頃から腸内環境を整えておくことはとても重要です。現在下痢でお困りの方は、まずは腸内環境を整えましょう。下痢の改善は一段と早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら