下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

美味しいロースハムが危険

今日、下痢が続く、下例がなかなか治らないなど、病的なものはないがこのような症状が長く続く人が多いようです。

見た目はきれいなロースハムが危険?

これらの方々の多くは、下痢の原因は特定できず、あれこれ、試してみても改善が見られないなど、長年苦しんでおられます。

下痢をする方は腸が非常に敏感になっていますので、体に良くないものを食べたり、飲んだりするとそれが刺激となって下痢を起こしてしまいます。

 私達は毎日食べるもので健康を維持する事が出来ますが、逆に食べたものでどんどん不健康になっていく場合もあります。
しかもそれが健康を害すると知っても、美味しかったり、心地良かったりすると止められないものです。

例えば、タバコ、酒、揚げ物、ケーキなど菓子類は身体にとって嬉しいものでは決してありません。ましてや腸の敏感な方は決して摂らない方が良い食べ物です。

中にはそれが体に良くないというよりもむしろ害の方が大きいと知らずに食べているものがあります。

下痢の原因に加工食品の添加物

その中の一つ加工食品のロースハムを例に挙げてみましょう。
スーパーで売られているハム製品はどこか、水っぽい、肉の旨みが足りないなどと感じられることはないでしょうか。

肉そのもの味が少なく、調味料の味が残ります。ハム製品の裏側を見ると、卵、大豆などが添加されそれにアミノ酸などの調味料が添加されています。

もちろん自然の旨みを残し、添加物を一切使わないハムもたくさんあります。それらは流石、美味しく食べられ、しかも安全です。

卵や大豆が含まれているハムは、この大豆や卵のタンパク質を大きな注射器のようなもので、注入して豚肉のかさ上げをしています。

豚肉が少ないため味が落ちてしまうのでL-グルタミン酸ナトリウム(味の素など)で味付けをしています。更にピンクのハムの色を保つために発色剤の亜硝酸ナトリウムが添加されています。

この亜硝酸ナトリウムが問題なのです。亜硝酸ナトリウムは毒性が強く、ハムに一定量の以上含まれると中毒を起こすので添加量が厳しく制限されています。

確かに、食の安全性として制限されていますがこれほど毒性の強い化学物質を食品に混ぜること自体が大きな間違いです。しかもこの亜硝酸ナトリウムは肉に多く含まれるアミンと結合してニトロソアミン類という強い発ガン性のある物質に変化します。

下痢が続くなど腸が非常に敏感になっている方は、なかなか下痢が改善されないのもこのような添加物の食品を知らず知らずに摂っていることが原因の一つかもしれません。

食品の添加物は必ず記載義務がありますので、自分で確かめて商品を購入することが出来ます。
できるだけ添加物の少ないものを選んで食しましょう。
下痢を改善する腸内細菌
毎日の積み重ねが健康を守ります。腸内環境がよければ悪いものを食べたとしても、腸内善玉菌が排出してくれますし、また腸自体が健康であれば体に害になるようなものは吸収しないようになります。

腸内環境をしっかり整え、下痢を改善し、腸を健康に保ちましょう。腸内環境を強化するサプリメントを上手に利用することは下痢改善の早道です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない