下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

食事と下痢

食事と下痢は切っても切れない相関関係があります。


人は食べる事で健康を維持します。体にいい物を食べているのに、健康に関する情報をたくさんととりいれているのに、多くの人が生活習慣から発生する病気に、下痢に苦しんでいます。

その食べたものは体に良いか悪いか全て腸内が判断し、区別します

事実悪い物を食べた時、早く体から追い出そうとして下痢を起こさせるのです。下痢になったからと言って、一概には悪いとは限りません。
むしろ、体にとっては好ましい反応です。実に人の体は良くできています。しかしこれは腸内環境が正常な場合です
001
近年この腸内環境が悪化しているため、腸内で悪いものか良いものか区別が難しくなり、悪いものまで体が吸収してしまい、下痢が続いたり、あるいは慢性化した下痢となったり、ひいては他の病気までも起こしやすくなってきているのです。

さて、下痢をすると、食べ物を早く追い出そうとして、水分、栄養が充分に吸収されません。そのため下痢の時には体から水分が減って脱水症状になったり、ミネラルが減って体力の低下を招きます。

だからといって、消化の悪い食べ物をたくさん食べてしまうと症状を悪化させてしまうかもしれません。

食べたものが原因での下痢であれば、それを止めれば下痢は止まります。例えば、牛乳を飲むと下痢をする人(乳糖分解酵素が少ない人)は牛乳を飲むのを止めれば下痢は止まります。

しかし、下痢がひどい場合には、絶食して様子をみながらスープなどの流動食をとり、徐々にお粥などに移行していきましょう。

軽い場合には、なるべく消化の悪い物や冷たい食べ物を避けて消化の負担が軽いものや整腸作用(リンゴジュース等)のある食品をとるようにしましょう。

というのも下痢をする多くの人は腸内環境が悪化しており、消化・吸収、解毒能力が衰えて、口から入る様々な物が(細菌を含めて)上手に対処できなくなっているからです。

下痢になったからと言って、慌てずにまずは下痢の状態を観察し、原因を考えながら、食事を見直し、水分を充分に補給しながら、お腹を温めてみましょう。殆どの下痢は家庭で対処できるものです。

下痢が治まったなら、腸内環境を良くする食事や、腸内環境を改善する働きをする善玉菌サプリメントを利用するなど腸内のメンテナンスをしっかりしましょう。


下痢を改善する腸内細菌

下痢の改善にはまず腸内環境を整える

私たちは食べた物で健康を維持し様々な活動できています。それで、食べた物をしっかり吸収、必要のないもの(体にとって毒となるもの)はしっかり排出することがとても重要となります。

腸内が正常であれがこの様な機能は正常に行われ、元気な毎日を過ごすことが出来ます。多少体に害があるものを食べてしまったとしても、腸内でしっかり処理してくれ、下痢知らずの健康な身体になります。

ですから、慢性的な下痢で悩まされている方はまずは腸内環境をしっかり整えてみましょう。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

下痢とはへ続く…

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の基礎知識の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら