下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

過敏性腸症候群/ガス型

下痢の原因は様々ですが、過敏性腸症候群には、大きく分けて【ガス型】【不安型】【分泌型】【慢性下痢型】4つのタイプがあると考えられています。

*過敏性腸症候群「ガス型」

「ガス型」は、おならが頻繁に出たり、腸にガスが溜まって苦しいといった症状のタイプです。
誰でも人前でおならはしたくないものです。おならには音や臭いがあり、それらは自分自身でセーブできるものではありません。
おならが出る
ただ、このような「人にばれたらどうしよう」「大勢の人がいるところで出たらどうしよう」といった不安がストレスになり、ますますおならが増えてしまうという悪循環が発生してしまうのです。

また、ガスがお腹に溜まると苦しいだけでなく、ガスがお腹の中で動くことによって痛みを感じたり、便意に繋がってしまう場合もあります。

そして、ガスだけでなくもちろん下痢も発生します。一度にたくさんでるわけではないのですが、便意は強く、トイレの心配もしなければなりません。

 走ると下痢をする原因に

*お腹にガスが溜まる理由はいくつかあります。

・腸の働きが強すぎるとガスを発生してしまう。
・緊張やストレスで呼吸が乱れ、たくさんの空気を吸ってしまう。
・腸内環境が悪化し、腸内でガスが発生してしまっている。


基本的におならは腸内にあったガスが出るので臭いがあるものですが、過敏性腸症候群であるとおならの臭いが強くなってしまうことが知られています。健康な腸だと、おならはそれほど臭わないのです。

ガス型の場合、リラックスすることや、食事やサプリメントによる腸内環境の改善策が効果に出やすいと言えるでしょう。体をしっかり休ませる、気持ちを落ち着かせる時間を作るなどして精神的な緊張を取り除いてください。

サプリメントは乳酸菌や納豆菌など、善玉菌を増やして悪玉菌の活動を抑制してくれるものを選びましょう。

それでも、ご自身で気にしすぎていると、おならが出てないときまで「臭うのでは?」と気にしてしまい、新たなストレスに発展してしまうことがあります。誰でもおならはするものだということを忘れないでくださいね。

まずは回数を気にしてはいけません。
積極的に腸内環境を改善し、おならを出さないようにするのではなく、「おならの質」をよくするよう心がけましょう。

下痢の原因をなくす為に腸内を丈夫にしよう

健康の要は何といっても腸が丈夫であることです。良いものは吸収し、悪いものを排出出来る機能を果たすのは腸内しかありません。
腸内環境を正常化し、続く下痢や軟便を改善し健康な生活を送りましょう。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない