下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

豆腐で下痢になる?

豆腐で下痢になる?
豆腐で下痢になる人がいると聞くとびっくりされるでしょうが、豆腐の成分から考えるとなるほど言えるのです。
下痢の原因を考えよう3
豆腐をつくる時に欠かせないのは凝固剤つまり“、にがり”です。これは殆どの方は知っておられると思います。このにがりが実はくせものなのです。

「にがり」とは、海水を煮詰めて製塩した後に残った母液のことです。この味が「ニガイ」ので、「苦汁」ともいいます。

その主成分は塩化マグネシウムで、一般的には豆腐を固まらせるために、あるいは煮もの等のアク取りに使われます。

一般的に単独で食べたり飲んだりするものではありませんが、最近、にがりやマグネシウムに「痩身効果」があるという情報が流されています。
下痢の原因は冷え2
例えば、「糖の吸収を遅らせる」「脂肪の吸収をブロックする」「糖質代謝を促進する」「エネルギー代謝を促進する」といったメカニズムから、ダイエット効果を論証するような情報がありますが、いずれについても確実な根拠・文献等はありません。

また、にがりの主成分の塩化マグネシウムは整腸作用があり、便秘に効果があるので、病院で下剤として使われています。

これらはマグネシウムイオンのために消化管内の水分が吸収されにくくなり、便の軟化、瀉下作用がでると考えられています 。食品であっても多量に直接にがりを飲んだりすれば、下痢やミネラル吸収阻害などを起こして命に関わる場合もあります。

こうしたにがりの成分から、野菜をしっかり摂ってミネラルが充分あると、特にマグネシウムを充分摂っている方は豆腐1/8程度でも下痢する方もいます。豆腐は消化が良いからと言って毎日食べている方、少しの間食べるのを止めてみましょう。案外それが原因だったと言う事もあるようです。

下痢をし易い人は日常の生活の中で、下痢の原因になる落とし穴に案外気がつかないでいる事が多いものです。体質だから、もう長年の持病みたいなものだからと諦めないで下さい。豆腐以外にもたくさん下痢の原因になる食べ物があります。詳しくは当サイトをご覧ください。腸内環境をしっかり整える事は健康の要ですので、サプリの力をかりながら、下痢の改善を目指していくのも良い方法です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢改善には腸内の免疫力を強化しよう
健康は食べ物から維持できますが、すべての食べ物が健康に良いものではありません。中には体に、腸に悪いものも食べています。

しかし腸内が正常な働きをしていれば、腸内で有害なもの、有益な物をより分け、有害な物は排出出来るようになっています。

ところが腸内の環境が悪くて腸内が正常な働きが出来ない場合は有害な物まで吸収したり、腸壁を炎症させたりします。

こうして腸内の環境が悪くなると、腸内の免疫力は低下し、いったん下痢になるとなかなか回復が難しく、長引く下痢の原因となります。まずは腸内環境雄強化しましょう。腸内環境を強化するサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない