下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

腸と脳は親子関係?

腸は本当に「えらい!」という人がいます。胃腸肛門病専門の松田保日秀医師です。

松田医師は「腸の偉さについて正当な評価がこれまでなされなかった。腸はどんな仕事をしていますか?という質問をすると、多くの人は消化された食べ物から栄養分を吸収してウンチを作ってだす作業、と答えるのが一般的な答えだ。

腸と脳は親子関係?

ウンチをつくるという事で体の中でももっとも下済みの仕事をしている臓器というイメージが持たれ、不当におとしめられてきたきらいがある。」と言っておられます。


ところが、確かに腸はただウンチを作るところではありませんが、近年は基本のウンチがしっかり作れない状況になっている人が多いのです。

下痢になったり、下痢がなかなか治らなくて慢性的な下痢になってしまっているのです。
こうした下痢の原因は食生活、あるいは生活の仕方そのものが下痢の原因によるところ大きいものとなっています。


 というのも、脳と腸は遠く離れているようですが、本当は親子関係の間柄といっても過言ではない程密接に結びついています。

時には夫婦関係のときもあります。また時には恋人関係のように自由自在にお互いが主張し合い、時には支え合いながら働いているのです。
 子供に悲しいことが起ると親は心配します。親が悲しむと子供も不安がって悲しみます。脳が悲しめば、腸も同じように悲しむのです。
どちらも心を痛めます。このように脳と腸は繋がっているのです。ストレスがあると腸もストレスを受けます。ですから、腸が健康になれば脳も健康になるのです。

ところが最近はストレスが多く脳が傷めつけらえています。ストレスが上手に回避できなくなってしまっているのです。

腸内環境とストレス

これは腸内環境が悪くなってストレスを感じる度合いが強くなり、ストレスをはねのける力が弱くなっているのです。というのも幸せを感じる物質ドーパミンやセロトニンは腸内で作れますが、腸内環境が悪くなると充分に作れなくなってしまうので、ストレスを普通以上に強く感じてしまうのです。

人がやる気を出したり幸せを感じるというドーパミンやセロトニンという物質は、一見、脳で作られていると思われがちだが、実は腸で作られているのです。
 たべものが悪くて腸が傷めつけられると、腸内は悪玉菌で満ち溢れ、幸せ物質を作ってくれる善玉菌が少なくなり、こうした幸せ物質のドーパミンやセロトニンが出ないのです。

脳も腸も壊れかかっていますというサインが下痢だと思って下さい。親が病気になってしまって家の中が荒れてしまい、子供達も悲鳴を上げているのと同じようなものです。
 まずは腸内環境を早急に強化しましょう。それには腸内環境を強化するサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢解決の早道です。


PageTop

「コラム」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない