下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

腸が握る自律神経バランス

最近下痢になった、下痢が続くあるいは便秘に悩む方が急増しています。
しかしなぜ下痢が続く、便秘に悩む方が増えているのでしょうか?

下痢の原因として挙げられるのは食べ物が原因、生活習慣が原因、自律神経の異常が原因など原因は様々ですが、今日は自律神経と腸の関係に付いて少しご説明していきましょう。

きれいな腸は自律神経のバランスがよい
腸は立派な神経器官と言ってもいいくらいその神経細胞の数は脊髄全体に存在する神経細胞の数より勝っています。ですから腸は原則として自分で考えて機能します。

腸の裏側には副交感神経、交感神経が集中し、特にリンパ管は身体の中で腸に一番集中(約60%)しています。

更に抗体の60%も腸で作られているのです。つまり、腸は私たちの免疫を司る重要な器官でもあるのです。



実は花粉症、気管支喘息、アトピーなどのアレルギー疾患のなりやすさは腸の環境に大きく左右されることが明らかになっています。

ガンをはじめとする慢性疾患のほとんどもおそらくは腸の環境の如何によって、その発病率や治癒率が大きく影響されていると思われています。

腸の動きが鈍くなるということはリンパの流れも悪くなり、自律神経も圧迫され、自律神経が乱れて、からだの不調がでてきたりするのです。

腸がクリーンで元気だと小腸での栄養の吸収もよくなり、善玉菌が活発に動いてくれることで毒素が溜まりにくくなります。

そうなれば肝臓の負担も軽くなり、柔らかい腸のお陰でリンパ管や自立神経の動きもスムーズになって、免疫力も高まり、インフルエンザの予防を始め様々な病気にかかりにくく、更にいっそう身体が元気になり、お肌もよくなり体質改善につながります。
下痢の原因1
自律神経のカギを握る腸内環境 
続く下痢の主な原因は何といっても腸内環境が非常に悪くなっていることです。腸内環境が良好であれば、食べた物やストレスを巧く回避できるようになっています。

そして自律神経のバランスもだんだん良くなってまいります。
もちろんそのためには、菌活をはじめ、リズムの整った生活習慣、適度な運動、野菜を多く食べる食生活が欠かせません。

続く下痢の改善が健康長寿の道に!
腸はヒトの体で最も複雑な所であり、最も大切な臓器です。
続く下痢の改善をするだけでなく、腸内環境を良好に保つことこそが、様々な病気の改善のヒントを握っている事も明らかになってきています。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
ですから腸内環境をしっかり整える事を最優先する事が重要です。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

綺麗な腸は病気にならないの最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら