下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因はソーセージ?

絶対に避けたいウインナーソーセージとは?

最近は食事をするとすぐにトイレに行かなければならない程ひどい水様性の下痢、そこまでもないが下痢が続く、病院へ行ってもこれといった下痢の原因が分からない方が多く見られます。
下痢の原因を考えよう3
下痢の方の多くは腸内環境が非常に荒れています。腸内は悪意玉菌が多くはびこっており、有害な食べ物などの摂取により、腸内環境は更に悪化し、下痢がなかなか治らない状況を自分で作っていることがあるのです。

 しかも、食べたものが有害で有毒な物質であるということを知らないで摂取しているのです。美味しそうに見えますし、実際美味しいのです。

例えばウインナーソーセージの例を挙げて見ましょう。

プリッとした食感に、口の中で広がる肉の味はお弁当に、お酒のおつまみに大人気です。添加物は山のように入っています。

ハムと同じように発色剤の亜硝酸ナトリウムを使用しています。この亜硝酸ナトリウムは毒性が強く、中毒症状として嘔吐、チアノーゼ、動悸、血圧降下などが知られています
下痢の原因は添加物
この亜硝酸ナトリウムの致死量は0.18~2.5gです。 最低の0.18gは猛毒の青酸カリの致死量0.15gに匹敵します。それで、ハムやウインナーソーセージには添加量が厳しく制限されています。

しかし、このような毒性のあるものを、毎日お弁当に、お酒のおつまみにと食べ続けたとしたら、どうなるのでしょうか。恐ろしいものです。

弱っている腸内に毒性のあるものを摂り入れ続けたら、腸内はそれに刺激されて、下痢はなかなか改善されません、それどころかますます悪化してしまうでしょう。
下痢の原因は様々です
 また赤く色に染まったウインナーを見る事があります。市販のお弁当にはよく付いています。 この赤色はタール色素という合成着色料によるものです。

このタール色素はその化学構造や動物実験からいずれも発ガン性のある事が確認されています。 また子供に蕁麻疹を起こしますので、皮膚科のお医者さんの間では、注意が呼びかけられています。
皮膚炎を起こしている方はしょうがの過剰摂取は避けましょう
お子さんのお弁当には絶対に赤く染まったウインナーや亜硝酸ナトリウムを使っているウインナー等は食べささないようにしましょう。
下痢の方も絶対に避けたい食品です。

このように、化学薬品を使った添加物の多い加工食品は避けたいものです。中には拘りの製法で、発色剤を使っていないハムやソーセージがありますので、選んで食しましょう。

添加物を摂ってもすぐには病気にはなりません。添加物の副作用はすぐにポンとはすぐにはでてきませんが、体の中に潜んで新たな病気を作る元になります。非常に恐ろしい牙を持っています。

 体に良くないものは出来るだけ避けるように心がけ、腸内環境を強化するサプリントを摂りながら、腸内を正常化し、下痢を改善しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因 食品添加物の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら