下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

糖質制限のダイエット

下痢の原因は千差万別です。ある日突然下痢になる人もいます。そういう時はウイルスや細菌感染が原因で下痢が起こります。

ストレスが下痢の原因となる人や、あるいはダイエットのため糖質制限をすると、今までの炭水化物中心の食事から、タンパク質&脂質や野菜中心の食事に変わり、このことが原因で下痢になるようです。

下痢の原因は糖質制限したダイエッにあった

もちろん、糖質制限を始めたすべての人が、そのような状態になるとは限りません。これは、海外旅行で食べ慣れないものを食べてお腹を壊すのと同じ原理だと思われます。

下痢の原因は腸内細菌のバランスが崩れるから

今までの食生活は、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」を摂ってきて、どちらかといえば炭水化物の割合が多い栄養の取り方だったと思います。だから、腸内環境もそのバランスに合わせた細菌の配置になっています。

でも、糖質制限を始めると今までメインだった炭水化物が少なくなって、その変わり糖質や脂質が多くなります。ご飯やパンなど、炭水化物を多く含む食品の摂取量を減らすと、その分、肉や魚などのタンパク質や脂質を多く含むもの、野菜などを多く食べることになります。

人は食生活によって、人それぞれ異なった腸内細菌のバランスを持っており、その人の食生活によって、それに適した状態になるよう調整されています。当然ながら、普段から食べ慣れている食物を消化・吸収しやすいように、最適化されているわけです。日本は米食文化でもありますし、日本人の腸内細菌のバランスの殆どは、炭水化物を主食にするのに都合のいい状態になっているのです。

そこで、炭水化物がほとんど入ってこなくなり、タンパク質&脂質や野菜ばかりの食事内容になると、こうした食べ物の変化は腸内の細菌にとってはとても大きな変化になりますから、そうなると今度は、その食事のバランスを一番効率的に消化できるような状態に合わせて腸内の細菌もバランスの変化を始めます。

下痢の原因は腸内細菌の戦い結果

よく「悪玉菌」「善玉菌」と言われますが、お腹の中で一番多い菌は「日和見菌」がいます。この「日和見菌」は優勢の方に味方します。腸内細菌は悪玉菌と善玉菌はどっちつかずの日和見菌を巻き込んで戦いを始めます。



糖質制限を始めた食事のバランスは、今までの食事のバランスとは大きく違いますから、その腸内細菌の戦いも、時間がかかり、大きなものになります。つまり簡単に言えば善玉菌軍、悪玉菌軍、日和見菌に多くの戦死者が出てしまうわけです。この戦いの戦死菌が腐敗物として体の外に排出され、それが下痢となって出てくることに繋がるようです。

もっともこれは、時間が解決してくれる問題です。タンパク質&脂質や野菜中心の食事に適応して、腸内細菌が最適化されれば、お腹の調子は元に戻ります。いずれ糖質制限中の食生活にあわせて、腸内細菌のバランスが調整されるため、このような状態は一時的なものであることが多いと言われています。 期間には個人差があり、一か月ほどでお腹の調子が治ったという人もいれば、三か月ほどかかったという人もいるようです。

下痢原因の解決策として食物繊維で対処を

対策として、いわゆる善玉菌と呼ばれる腸内細菌を増やすために、食物繊維(野菜)の摂取量を増やしたり、無糖ヨーグルトを日常的に食べたりすると良いでしょう。糖質制限を始めて、便秘や下痢などになってしまったという場合は、腸内環境を整える効果があると言われる食物繊維を摂るようにするといいとされています。 食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類がありますが、そのどちらにも整腸作用があると言われています。



また発酵食品など腸内善玉菌を増やす食品を務めて摂りましょう。ヨーグルトなどの乳製品を、日常的に摂取するのもいいようです。ちなみにヨーグルトを食べる場合は、無糖のものを選ぶようにしましょう。

下痢の原因を作らないためには徐々に炭水化物を減らすダイエットを

また、一気に炭水化物の量を減らさず、一食だけ主食を抜くなどの緩い制限から始めて、体を徐々に糖質制限に慣らすことも、このような不調を防ぐことに効果があるようです。
ダイエットのために食事量を制限しすぎると、栄養のバランスが悪くなり、下痢や便秘だけにとどまらず、本格的に体調を崩してしまう恐れがあります。これは糖質制限をしている、していないに関わらず、ダイエットをしている人全般に言えることでしょう。
 
摂取カロリーにも注意する必要があるとはいえ、食事量を極端に減らすことは、あまりおすすめできません。食物繊維を多く含み、低カロリーのものが多い野菜などを多く摂る、栄養のバランスを考えるようにすると無理なランスが崩れれば、一時的に悪玉菌が繁殖します。これがお腹の調子が悪くなり、下痢の原因となるわけです。

無理にダイエットをせず体と相談を

糖質制限とは関係のない理由で、便秘や下痢などの不調が起こっている可能性も否定できません。また人によっては、糖質制限が非常に体質に合わないという場合もあるようです。 糖質制限に伴う下痢や便秘は、一時的なものである場合も多いようです。



しかし、時間が経てば治るものだからと決めつけて、辛い症状を我慢しすぎてしまうと、万が一重篤な病気のサインだった場合には、それを見落とすことにもなりかねません。無理なダイエットは禁物です。

ダイエットする時も下痢にならないためには腸内善玉菌を増やしましょう。

腸内環境が良好な人は健康です。下痢も便秘知らずです。ダイエットや病気などで食事制限をする人は腸内善玉菌の応援団をどんどん腸内に補給してあげましょう。


腸内善玉菌を増やすサプリメントパありますので上手に利用しましょう。下痢の改善あるいは下痢なしのダイエットが達成できるというものです。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら