下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

糖質0のチョコ下痢の原因

下痢の原因は様々ですが、有害なものを食べることによって敏感に体が反応し、下痢を起こす例をご紹介します。

糖質ゼロのチョコレート 下痢だけでなく脳腫瘍の原因にも?

糖質ゼロなのに甘くておいしい」と大きく表示されているチョコレートがあります。このチョコレートを食べると、おなかの弱い方などは下痢の原因の一つとなります。

というのも糖質の代わりに、合成甘味料のアスパルテームとスクラロースが使われているからです。アスパルテームは砂糖の180~220倍の甘さがあります。

この甘味料のアスパルテームは非常に危険です。アメリカでは頭痛やめまい、不眠、視力・味覚障害などに陥ったという苦情が相次ぎ、その後脳腫瘍との関係が指摘されています

イタリアの動物実験では白血病や悪性リンパ腫を起こすというデーターがあります。人間が食品から摂っている量に近い量でも、異常が観察されたそうです。
下痢の改善にチョコレート下例の原因は白砂糖の摂り過ぎに
 スクラロースは2002年に許可された有機化合物の一種で新しい添加物です。砂糖の600倍の甘さあるので、ダイエット甘味料として使われています。

スクラロースをラットに与えた実験では脾臓と胸線のりリンパ組織に委縮が見られたそうです。また妊娠したウサギに与えた実験では死産や流産が観察されています。

弱い突然変異性があります。有機化合物は自然界に存在せず、人間の体の中でも殆ど分解されません。したがってホルモンなどに影響する可能性があります。
下痢の原因は冷え2
こうした体に害を及ぼす添加物は身体が敏感な方は絶対に避けましょう。下痢の方は、有害なものを食べることによって敏感に体が反応し、下痢を起こす原因になります。

このことはある意味非常に喜ばしいことです。体全体で悪いものを食べていますよと反応してくれるからです。
こうした反応を、下痢になって嫌だなと思うのではなく、前向きに考えて、チャンスだと捉えてみてはいかがでしょうか。

 人は悪い物を食べたからといってすぐには健康を害することはありませんが、その副作用は身体に潜んでいて新たな病気をつくる元になります。非常に恐ろしい牙を持っているのです。

しかし、下痢が続くことはとても嫌な事だし、耐えられない事です。下痢を改善する為には、腸の中で良いものは吸収し、悪いものは排出できる正常な腸内環境にしましょう。

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。


「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

レトルト食品やコンビニ食品など、添加物がたくさん含まれている様な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。これらを常食すると、消化力の低下、冷え、自律神経のアンバランス等を招き下痢が続く体質を作り上げてしまいます。当然、腸内には60%以上の免疫細胞があるので、免疫力も低下します。

腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。

まずは腸内環境を良くして腸内を正常な状態に戻すことが下痢改善のためには一番の近道です。腸内環境を良くするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。腸内環境をしっかり整えるサプリメントを利用することは賢い方法です。


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない