下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

朝食後決まって下痢になる

下痢の原因・朝食後決まって下痢になる
食後に必ずトイレに行きたくなることはよくあります。

これは「胃・結腸反射」と呼ばれるもので、胃への刺激が大腸に伝わって便意をもよおす現象です。

これは正常な反応なので、特に気にする必要はありません。

ところが、食事の後に決まって下痢になるときは少し注意が必要です。

特に朝食後、30分~2時間後に下痢になるという症状が続いている場合は胆汁が下痢の原因となっていることがわかってきました。
目次
・胆汁による下痢について  ・胆汁による下痢を疑う症状  ・胆汁が大腸に流れ込み、下痢になるのはどうして?  ・胆汁性下痢の対策  ・腸内環境を強化しよう

胆汁による下痢について

胆汁は肝臓で作られ、97%は水で、そのほかに胆汁酸、ビリルビン(胆汁色素)、コレステロールなどが含まれ、消化酵素は含まれていません。

胆汁は十二指腸で食べたものと混ざり合い、胆汁に含まれる「胆汁酸」は脂肪を乳化し、消化・吸収させやすい形に変化させる働きをします。

また、水に溶けない脂溶性ビタミンの吸収を助けます。胆汁は夜の間に胆のうに蓄えられ、「食事が腸に入ってきた」タイミングで十二指腸に分泌されます。

こうして脂肪の消化を助ける働きをする胆汁は小腸の入り口で分泌され、小腸の末端部で吸収されます。

そして、多くの栄養成分が小腸から体内に吸収されるのと同じように、胆汁も小腸から吸収されます。

小腸で吸収された胆汁は「門脈」という血管を通って再び肝臓に戻り、再利用されます。

つまり胆汁は、「肝臓で作られる → 胆のうに保存される → 十二指腸に分泌される → 小腸から吸収される → 肝臓に戻る」というふうに循環しているのです。

これを「腸肝循環」と言います。

しかし何らかの理由でこの胆汁が大腸にまで流れこむと、下剤と同じような働きをしてしまい、下痢を起こしてしまうのです。

ただ、健康な人の場合、大腸に到達する胆汁が少しぐらい多くても下痢になることはありません。しかし「胆汁に反応しやすい体質」の人の場合は、大腸に到達した胆汁が原因で下痢になってしまいます。

ちなみに、ご飯を食べた後にすぐに便意(この時は下痢ではない)がある場合は、食事の刺激で腸の神経が刺激されて便意が催される「胃直腸反射」という反応です。

これは体に害の無い正常の生理現象です。
目次へ

胆汁による下痢を疑う症状

主に朝食後、30分~2時間経って強烈な便意があり、お腹は痛くないのですが、下痢になっています。

下痢の後は、すっきりします。様々な下痢止め薬を試しても効果がない。このような特徴がある時は胆汁による下痢を疑って下さい。
目次へ

胆汁が大腸に流れ込み、下痢になるのはどうして?

胆汁が下痢の原因となる理由として次のような事が挙げられています。

①感染症や食あたりによる炎症を繰り返したことで、小腸の機能が落ちている
腸内に炎症が起こると、胆汁調節など小腸での機能が落ち、腸内での正常な機能が行なわれるのが難しくなり下痢になりやすくなります。

②胆のう摘出や盲腸の手術
胆のうや盲腸を手術で摘出すると、胆汁が過剰に分泌されるようになります。

そのため、小腸での吸収が追いつかずに多くの胆汁が大腸まで到達します。

③過去に盲腸の手術で小腸を切っている
盲腸の手術をするときに小腸を一部切除すると、胆汁は小腸の末端で吸収されますので、胆汁が吸収されにくくなってしまい、下痢の症状が出るのです。

④前の晩に飲み過ぎて胆汁がたくさん作られた
胆汁は水分の吸収を抑制したり、腸粘膜から腸管内への水分の分泌を促したりします。

胆汁がたくさん作られると、小腸での吸収が追い付かず、大腸に流れ込んでしまいます。

このため胆汁はある種の下剤と同じような働きをしますので、大腸が大量の水を出してしまいます。

その結果、水びたしになった大腸は下痢を起こしてしまうのです。
目次へ

胆汁性下痢の対策

このように、「体質」や「手術」など、自分では対処しづらい原因によって胆汁性下痢は生じてしまうのです。

胆汁による下痢は、一般的な下痢止めの効果がなかなか得られない事が知られています。

まずは生活習慣の工夫で対策をしてみましょう。

①朝ご飯のタイミングを変える
朝ご飯のタイミングを変えることで、下痢をするタイミングをある程度コントロールできると考えられています。

例えば、朝食後、必ず1時間後にトイレに行くようならば、出勤前にトイレを済ませる様に逆算して朝食を摂るようにしましょう。

家にいるうちにトイレを済ませたり、トイレの無い場所に行く前には食事を控えたりすることで、突然の下痢のリスクを減らすことができます。

②朝ご飯を軽めにする
朝ご飯の量を少なめにすることで、出てしまう胆汁の量を減らし 大腸にかかる刺激を少なくすることができる事も考えられます。

大腸にかかる刺激を少なくするために、一度に多くの量を食べない、朝ごはんを軽めにしましょう。

分解が苦手な糖を一度に多く食べてしまうと、小腸の分解する力を越えてしまい大腸に多く流れこんでしまいます。

少しずつ分けて食べる事で、小腸は苦手な糖を時間をかけて分解することができるようになります。

また、消化のいい食品と合わせて食べる事で、苦手な糖が小腸を時間をかけて通過するようになります。

一気に大腸に糖の成分が流れこむことがなくなると考えられています。

白米や、豆腐や醤油など大豆を加工した食品は下痢を誘発しにくいとして推奨しています。

下痢をしやすい時には、パン食は控えましょう。小麦は消化に良くありません。

③腸を丈夫にする
根本的には、腸を健康に丈夫に保つことが大切で、例えば、健康な人であれば多少、胆汁が大腸に流れ込んでも下痢になることはありません。

対処療法と同時に、根本的に腸内環境を改善して腸年令を若く保つ、あるいは弱ってしまった腸を回復させるための食事療法や、サプリメントによる腸内フローラの改善は平行して進めるようにしましょう

④胆汁性下痢の対処法として薬を利用する
胆汁性下痢に有効な薬として、「コレバイン錠(コレスチミド)」という薬があります。

コレバイン錠は消化管で胆汁酸や食物中のコレステロールを吸着し、コレステロール値を低下させます。

通常、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の治療に用いられます。

それでは、なぜコレバイン錠が胆汁性下痢に効くのでしょうか?

その理由は「胆汁の主成分である胆汁酸はコレステロールの一種」だからです。

つまり、コレバイン錠は腸管内で胆汁酸を吸着してそのまま排泄してくれるのです。

その結果、大腸の胆汁酸が少なくなり、下痢を防ぐことができます。

使用上の注意として、以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがありますので注意しましょう。

他に薬などを使っている、お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意しましょう。

コレバイン錠は医薬品なので、必ず医師の指導のもとで服用するようにしてください。

⑤食生活に気を付ける
また、食生活に注意することも大切です。上述のとおり、胆汁は脂肪の消化・吸収を助ける消化液です。

したがって、脂肪の摂取を控えることで胆汁の分泌量を減らすことができます。

特に、ラードやバターなどの常温で固体の脂(飽和脂肪酸)は胆汁の分泌量を増やすので、これらの脂肪には注意しましょう。

また、水溶性食物繊維(大麦やシリアルなどに多く含まれる食物繊維)を積極的に摂取するようにしましょう。

なぜなら、水溶性食物繊維には腸内でコレステロールを吸着して排泄する働きがあるからです。

つまり、水溶性食物繊維は腸の中でコレバイン錠と同じように働いてくれるのです。

このように、胆汁性下痢に対しては食生活を意識することである程度対処することは可能です。

そのため、コレバイン錠などの医薬品だけでなく、食生活を見直すことも大切です。
目次へ

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。

そうです!

胃腸が元気であれば、胆汁が多少多く出たとしても腸が健康であれば、それなりに対処してくれます。

無理がきくのです。

腸肝循環もスムーズに行なわれます。

いったん調子を崩すと、なかなか元に戻るのに時間がかかったりします。

そんな時にはサプリメントを利用すると腸内環境は早く改善され、下痢も改善されます。

腸内環境を強化するサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢と腸内環境

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因