下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

慢性的な下痢を改善させる乳酸菌の働き

慢性的な下痢には特におすすめしたい乳酸菌や納豆菌などの「腸内改善サプリメント」。どんな作用で下痢を改善させてくれるのかをご説明したいと思います。

急性の下痢と異なり、慢性的な下痢は「腸の消化機能」「善玉菌・悪玉菌による腸内環境」が大きく関係しています。急性な下痢は、そのときに外から侵入してきてしまったウイルスや細菌によるものが多く、それらが追い出されてしまえばやがて下痢も改善します。

下痢を予防する善玉菌の働きとは?

一時的に腸の消化機能が落ちたり、腸内で悪玉菌が優勢になってしまうだけなので、本来の働きを持っていればおのずと回復できるのです。もちろん、ある程度消化によいものを食べたり、体力を回復させる手伝いをすることは必要ですが、比較的早く普通の食事に戻してもそれほど悪影響はないでしょう。

それに対して慢性の下痢は、腸の消化機能が落ちたままになってしまっていて回復しにくい状態ですので、普通の食事をしているだけでは善玉菌が増えにくくなっています。 腸内はすっかり「善玉菌が生活しにくい環境」になっているのです。

そこで、乳酸菌サプリメントや納豆菌サプリメントを服用すると、それらが腸内の乳酸菌を助ける手伝いをしてくれるので、腸内の善玉菌も悪玉菌と戦いやすくなります。具体的言えば、乳酸菌や納豆菌は腸内の善玉菌の「えさ」となって、善玉菌を増やしやすくしてくれるのです。

善玉菌の数が悪玉菌の数よりも多くなれば、善玉菌が腸内で活躍しやすい環境となりますし、善玉菌が出す毒素などもぐっと減ります。おならの回数が減る、おならのにおいが弱くなるなど、ガスが出て困っている方にも役立ちます。

善玉菌は便の水分量を調節してくれる役割もあるので、慢性下痢の水っぽい便や軟便の解消にもなります。便秘のときは逆に便の水分を保って、ある程度の固さをもった便を作ってくれますので、便秘と下痢を繰り返す方にもよいでしょう。

乳酸菌や納豆菌サプリメントのよいところは、便秘から下痢、軟便、ガスの出て困る方など、幅広い症状に対応できるということです。薬はそれぞれの症状をしっかりと見極めて処方される必要がありますが、サプリメントはある程度自己判断で服用しても高い副作用のリスクがありません。

また、慢性の下痢、便秘などを治したいがために長期間薬を使うと、薬が効きにくくなったり、効きすぎたり、体に負担となったりと、いろいろなデメリットが出てきます。サプリメントであれば、ご自身で長期間使用しても問題ありませんし、量を調整したり、服用をやめるのも自由です。(目安の量より多い量を飲むのは控えてください。)

ただし、「普段の食生活で足りないものを補助する」という役割ですので、サプリメントだけに頼るのではなく、食生活を改善することを第一に、サプリメントはそのお手伝いをするものとして考えましょう。

サプリメントは「高価なものほど効きやすい」というわけではありません。体に合うか合わないか、味や価格なども含め続けやすいものであるかどうかということが大事です。3週間から1ヶ月程度試して変化がない場合には、他のものに変えてみてもよいでしょう。
 
腸は食べ物を消化する場所ではありますが、体内に栄養素を送り出す入り口にような役割も果たします。下痢や便秘ではないけれど、疲れやすい、風邪をひきやすいなどという方にも乳酸菌サプリメント、納豆菌サプリメントはおすすめできます。


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢と腸内環境

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因