下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の治し方⑫心の回復力

下痢が続く、下痢になる、などの症状は過敏性腸症候群といわれ、多くの原因はストレスと言われています。

食べ物による下痢

下痢の治し方⑫・・・心の回復力を高める方法

ストレスによって心が沈む時どうすれば回復できるのでしょうか。その方法を取り上げてみました。

①心に備えたいボールのような弾力性
ストレスの本当の意味は「歪んでいる状態のこと」とあります。ゴムボールやクッションなどにものをぶつけると表面がギュッとへこみます。この現象が「歪み」つまりストレスなのです。

ボールはものがぶつかると、一度歪んだ後で元にもどる弾力性があります。心も弾力性を維持することが出来ればストレスから回復することが出来ます。

それには状況に応じて心を柔軟に変化できるようにしておくことが大切です。柔軟性を持つためには以下のことを実行してみましょう。

下痢を治すには考え方を変える

●生活のリズムを整える事

●心の持ち方を切り替える事

●過去にばかりこだわらない事

●完全には誰もできない、いい加減で納得する事

●少しの努力でも自分を褒める事
 

下痢を治すには友人にストレスを話す

②話を聞いてくれる友人を持つ
誰でもいやな事が多くなると愚痴を言いたくなるものです。愚痴を話すことは恥ずかしいことではありません。言いたいことを口に出して言えば、それだけでも気持ちがすっきりするものです。

また聞いてくれた人から慰めも得られます。ただしいつも同じ人や同じ愚痴ばかりは言わないようにしましょう。愚痴を聞いた人もストレスになるからです。



③打ち込めることを見つける
ストレスは誰でもあるものですが、それから簡単に抜け出す方法として自分がしたいと思う事を見つけ、実践する事です。興味があることや心地よいと思う事、打ち込めることをしていればその時間だけでもストレスから解放されます。

④時には環境を変えてみよう
環境が変わると気分も変わります。部屋の模様替えや旅行、ちょっとした外出なども効果的です。下痢が心配でトイレが気になる人はあらかじめとトイレの場所を把握してから出かけましょう。

下痢の原因はアルコールに

⑤憂さ晴らしは気をつけよう

一時的に気分を紛らわすために、お酒や、衝動買い、激しい運動などには気をつけなければなりません。後になって大きなツケが回ってくることがあるからです。

⑥普段の生活を大切に
仕事が忙しくなったり、イライラしたり、考え事が多くると、いつもしている普段の生活がおろそかになりがちです。掃除、洗濯、料理など日常生活の仕事は、生活の基本ですから手を抜かないようにしましょう

大変な思いをしているのに毎日のことをするのは大変なことかもしれませんが、家族に貢献した、自分が成し遂げたという、達成感や充実感が生まれてきます。この事はストレスに対する抵抗力を強めることになるのです。

下痢を改善する腸内細菌

下痢の原因は様々ですが、日々の生活のなかで、下痢体質を改善するためにするべきことはたくさんあります。

複雑な生活を簡素化することでも随分を違ってきます。腸内環境を整えるサプリメントを上手に利用することも下痢解消対策の簡素化の一つです。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

レトルト食品やコンビニ食品など、添加物がたくさん含まれている様な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。消化力、免疫力も低下します。

腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。

まずは食生活を見直すとともに、腸内環境を良くする善玉菌のサプリメントなどを活用して腸内を正常な状態に戻すことが下痢改善のためには一番の近道です。



また、必ず良くなると良くなった自分をイメージしていきましょう。
人間の頭にはスーパーコンピューターが内蔵されており、念じるだけで正しく体を動かす機能を持っていると言われています。

おなかの調子が快調になり、自分のやりたい事がどんどんできていくイメージをするだけで、イメージどおりに自己修復機能が働きどんどん改善されていくのですよ。

必ず良くなる、そして、自分のやりたい事、楽しい事がどんどんできると常にイメージして、下痢の改善に取り組みましょう。

間違っても、また今日も下痢だ!下痢の事ばかり考えてしまうなどということは避けましょう。
イメージ通り、今日も下痢になってしまいます。
良くなる!と常にイメージする事も大切ですよ!

下痢の治し方の最近記事

関連記事