下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

幼児・子供の下痢の原因【ウイルス性急性胃腸炎】

幼児・子供の下痢の原因【ウイルス性急性胃腸炎】
幼児や子供の便の様子は、自分自身で体の不調を訴えられない幼児や子供からの重要なSOSサインです。

よく注意して、見逃さないようにしましょう。もうトイレで用を済ますことができる年齢の子供の場合でも、「どんなうんちだった?」と時々尋ねるようにしましょう。
 
Fotolia_73606495_XS
* * *

子供や幼児が下痢を起こす原因の多くは、ウイルス性急性胃腸炎であると言われています。 
「嘔吐下痢症」とも呼ばれる病気です。

ウイルス性急性胃腸炎の症状は、嘔吐と下痢、発熱です。嘔吐は突然始まり、吐き気がやむまでは1日~2日程度かかることも少なくありません。

その後(あるいは場合により嘔吐と同時に)下痢が始まります。非常に水分の多い酸っぱいような臭いのする便で、色や黄色や白いものが混じる場合もあります。
吐き気と下痢
 原因はウイルス感染です。原因となるウイルスとしては、ロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルスがよく知られています。冬季に流行りやすいので「冬季下痢症」と呼ばれることもあります。

嘔吐と下痢により脱水症状に陥りやすくなるので、とにかくこまめに水分を補給することが不可欠です。

イオン水などで失われたミネラル分を補うようにしましょう。一度にたくさん飲むとまた吐いてしまいますので、回数を分けて少量ずつ飲ませるようにします。

また、吐き気が続いている時にはせっかく飲んだものもまた吐いてしまいますので、ある程度吐き気が治まるのを待ってから飲むか、氷を舐めるなど胃を刺激しない方法を取ります。
幼児の場合、深刻な脱水症状は命に関わる場合もあります。早めの受診を心がけましょう。

 
次のような症状が見られたら脱水を疑い、水分補給と受診を急ぐようにしてください。

・唇や肌が乾き、泣いても涙が少ない。
・顔色が悪い。
・おしっこの回数が少ない
 (1日5~6回以下が目安ですが、普段と比較するようにしてください。)

 おむつをしている幼児の場合は、下痢のためにおしりがかぶれやすくなります。こまめにおむつを替えることも大切ですが、おしりふきで肌を擦ることがさらなる肌への負担となることがあります。

それを避けるためにも、頻繁にシャワーで洗い流すことをお勧めします。小さな赤ちゃんであれば、洗面所を利用してもいいでしょう。

 もちろん、体力が非常に落ちている際のシャワーが負担になるようであれば、状況を見て優先順位を決めてください。

なお、ウイルスの感染力は非常に強いため、大人にも移ってしまいます。 便や嘔吐物を処理する際には、十分に注意するようにしてください。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

腸内環境改善は子供の時から!

腸内環境が良いと、免疫力は高まり強いおなかが作られます。
しかし、幼児期に抗生物質を頻繁に飲ませると腸内の細菌バランスが崩れ、お腹の弱い子供になるなどといわれています。

ですから、風邪をひいた後、お薬を飲ませたあとの腸内ケアーが大切です。
腸内環境のケアーに善玉菌を増やすサプリメントがありますので賢く利用しましょう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。
子供のころから腸内ケアーは大切です。まずは腸内環境を整えましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

子供の下痢の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら