下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

子宮筋腫と下痢

以前はどうもなかったのに、突然下痢が続くようになったなどの場合必ず、その原因が身近にあるものです。

子宮筋腫と下痢

普段は便秘なのに生理のときだけ立てないほどのひどい下痢になってしまう、または日常的に下痢を起こしてしまい、下腹部がいつも重苦しい感じがする。

女性でそんな悩みを抱えていらっしゃる方は注意が必要です。 なぜならば、その下痢の原因には子宮筋腫が潜んでいるかもしれないからです。

 ・生理のときに決まって下痢

 人には言えないけれども、生理の時には決まって下痢が続くなど、こんな経験ありませんか?実はこれ、決してあなただけではないのです。むしろ生理のときにお腹がゆるくなるのは生理の仕組みを知れば、ある意味当たり前のことだと思えるかもしれません。

生理のときの下痢は、生理中に分泌される女性ホルモンの影響で起こります。子宮は様々な臓器に包まれた場所にあるので、子宮の収縮運動はほか臓器にも影響を及ぼします。

子宮が伸縮するとその近くにある大腸も子宮と共に収縮するのでその結果、腸の動きまでもが活発になり、下痢が起こるのです。

・子宮筋腫と関係のある要注意な下痢の症状とは?

しかし、一言で生理のときの下痢と言っても子宮筋腫が隠れている危ない症状というものもあります。それが「日常生活が送れないほどのひどい下痢」です。

月経困難症と間違われやすいのですが、月経困難症は原因がないのに対し子宮筋腫が原因下痢は根本を直さなくては改善ができません。
下腹部に違和感を覚えたり、同時に吐き気を催して吐いてしまうほどの下痢は「重い生理痛」の一言で片付けていい症状ではありません。子宮筋腫は子宮にできるコブです。

これが大腸や膀胱など排泄器官を圧迫している場合、子宮は激しく伸縮します。その結果下痢もひどくなり、筋腫のせいで排泄に困難が生じることもあるのです。

原因がわかれば下痢の症状は軽減することができます。悩んでいる方は恥ずかしがらずに一度お医者さんに相談してみることをおすすめします。

 ・成熟期の女性の4、5人にひとりが子宮筋腫

成熟期の女性の4、5人にひとりが持つと言われている子宮筋腫の発生には、卵巣の働きが関係しており子宮筋腫の芽ともいうべき筋腫核が、卵巣から分泌される女性ホルモンの作用によって増殖し、筋腫になると考えられています。

腫瘍の大きさや数は様々で、性成熟期(子どもが生める体)の女性の大半が子宮筋腫をもっていると言ってもいいほどポピュラーな病気です。筋腫が小さいうちは、自覚症状が見られない場合が多いようです。日常の生活に支障をきたすこともなく、生涯無症状の人もいるくらいです。

それは成長するスピードや部位にもよるのですが、一般的には、月経多過や不正出血、貧血、動悸、息切れなどが現れます。
また、ひどい月経痛や下腹部の痛み、下痢、頻尿や便秘などにも悩まされるようになります。内膜症と同じで、不妊症の原因にもなりかねませんので、お早めの診断を心がけてください。

下痢が続いてその原因がわからない場合、日常の自分の身体の変化を観察してください。以前はどうもなかったのに、突然下痢が続くようになったなどの場合必ず、その原因が身近にあるものです。

食事のバランスと腸内環境が整っているかはもっとも基本的な事柄です。まずは基本をしっかり見直して、日常の悪い習慣がないかどうかを観察してみましょう。

腸内環境を整える事は容易なことではありませんので、腸内環境を整える為に必要なサプリメントなどを利用するのもよい方法です。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない