下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

夏の嘔吐下痢症を予防するには

下痢の原因や症状は様々ですが、冬に大流行しやすい嘔吐下痢症は、夏にも流行します。「夏風邪」という言葉もあります。嘔吐はなくとも下痢が症状として見られる「夏のお腹の風邪」が流行ることもあるでしょう。

夏の嘔吐下痢症を予防するには

夏の嘔吐下痢症の主な原因エンテロウイルスによるものです。エンテロウイルスとは、腸管で増えるウイルスを総称したものであり、特定のウイルスを指すものではありません。エンテロウイルスには何種類もあり、その年その年で流行するタイプが異なります。
吐き気と下痢
つまり、ひとつのウイルスに感染して抗体ができたとしても、その冬や翌年にはまた別のウイルスが流行するため、何度も嘔吐下痢症になってしまうのです。
また、その夏に流行するウイルスも1種類とは限らないので、「この夏はすでに1度嘔吐下痢症になったことがあるからもうならないだろう・・・」と油断することはできません。

下痢の原因は細菌感染

エンテロウイルス感染を予防し、夏の嘔吐下痢症を防ぐ
には、手洗い・うがい、サプリメントなどの予防対策が重要です。冬には気をつけて行う手洗いや手の消毒なども、夏にはついつい油断しがちになりしっかり行うことができないことが感染を拡大させてしまいます。

年間を通してうがいや手洗いの習慣をつけるようにしましょう。子供は正しい手の洗い方ができていないことが多いので、時々大人と一緒に手を洗って洗い方を見てあげたり、お手本を見せてあげるのもいいですね。外から帰ったときだけでなく、食事の前やトイレの後の手洗いも大切です。



学校や職場、あるいは職場への通勤電車・バスなどでは、どうしても感染の可能性が増えてしまいます。しかし、エンテロウイルスが体内に入っただけですぐに症状がでるわけではありません。

体力があり、体調が崩れていなければ、ウイルスによる炎症などは起きません。体調管理を心がけることも非常に重要なのです。

バランスの摂れた食事を心がける(暑いと食事の内容は冷たくて食べやすいものだけに偏りがちです)、体を冷やさない工夫をして血行をよい状態に保つなどしてウイルスと戦える体作りをしましょう。

もちろん、野菜をたっぷり食べ、ヨーグルトや乳酸菌・納豆菌サプリメントなどで腸内環境を整えておくことも非常に有効なウイルス対策となりますよ。

腸内環境を強化して下痢の改善

下痢が続く方は、いづれにしても腸が過剰に反応し過ぎて起きる場合がほとんどですので、丈夫な腸にすることが大切です。 昔から「風邪は万病の元」と言われていますが、現代では「弱い腸は万病の元」となります。
というのも腸はこれまで考えられてきたよりもずっと特別な臓器であることがわかってきたからです。

例えば、人体の免疫細胞の約7割が集中する免疫器官であったり、脳に匹敵するほどの神経細胞が集まって自律神経を左右するなど消化吸収や便を作るだけでなく、生命の根源となる様々な機能を腸が担っていることが明らかになってきました。

その機能が正常に働くように助けているのがおなかの中にいる腸内細菌なのです。ですから、いかに腸内細菌のバランスを整えるかが健康の秘訣、下痢解決の道なのです。

ですから、レトルト食品やコンビニ食品、ファーストフード、カップメンなど、添加物がたくさん含まれている様な便利な食べ物を避け、食生活に気をつける事はもちろん、腸内善玉菌が多い腸内環境作りを日々心がける事が大切です!
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内細菌のバランスを整えるサプリメントがありますので食生活の改善と共に上手に利用しましょう。継続は力なり。下痢解決はすぐそこまで来ています。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

夏に起こる下痢の原因はの最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら