下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

腸センサーで原因改善

下痢の原因としては状況により様々ですが、いずれも腸が悲鳴を上げているか、腸が頑張って異物を排除している状態なのかで下痢の原因が違ってきます。

腸センサーで下痢改善
突然、急な下痢で急いでトイレに駆け込みたくなる。そんな経験は誰にもあると思います。
この時、実は私たちに苦痛を与えている下痢は異物によって腸の働きが狂ったのではなく、体の正常な防衛反応で起こるのです。



腸には身体に害になるものを識別して排除する機能が備わっています。しかもその機能は脳の指令を受けずに、腸が自分で働く防衛システムです。

例えば目の前に、美味しそうなおにぎりがあった場合、目や鼻で感じ取った情報は脳に送られます。

見た目や匂いに異常がないと思ったら、脳は「おいしそう、食べたい」と判断して体内に取り込みます。しかし、ここで腸と脳の賢さの違いが出てくるのです。

もし、そのおにぎりに目では見えない細菌がついていたとしたら、脳は細菌がついているかどうか判断できませんので、無防備にその菌を体内に取り込むことになってしまうのです。

下痢の原因は冷え2

しかし、そこで有害なものが入ってきたときに活躍するのが腸のセンサーです。24時間休むことなく働くセンサーが異物の侵入を感知して、嘔吐と下痢で素早く体外へ排出させるのです。脳は決してできません。

このように脳と腸はそれぞれ独立しており、熟睡しているときも、麻酔をかけられても、腸は間違いのない働きをして、休むことなく私たちの体を守っている実に賢い臓器なのです。

ですから、腸がしっかりと私たちの身体を守ってくれるように、常にメンテナンスしなければなりません。すべての病気は腸から始まるのです

 幸い、臓器の中でも唯一腸が正常に働けるように私たちの意志でコントロールできるところです。腸のメンテナンス、それは口に入れるものに気を使うことです。

下痢が続く原因

何が自分の体にとって良いものなのか、脳が喜ぶものではなく、腸が喜ぶ食べ物を食べなければなりません。

 ストレスにならない食べ方は、腸内環境を強化するサプリメントや、ミネラル豊富な栄養のバランスを整える野菜粒などを上手に使うことも賢い方法です。下痢が続き、腸が悲鳴を上げている場合は一刻も早く改善しましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。

下痢の改善方法の最近記事

関連記事