下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因となる水素水

下痢の原因は水素水
下痢の原因には、身体に良いと思っていることが下痢になるという事があるようです。そうした中の一つに水素水が挙げられています。



水素水は美容に良い効果があったり、ストレス解消の手助けになったりと、さまざまな作用があることから多くの方に飲まれていますが、「お腹が緩くなる」「下痢気味になる」などの症状が現れる人もいるそうです。

水素水を飲むとなぜ、お腹が緩くなったり、下痢になってしまったりするのでしょうか。
一緒に考えてみましょう。

水素水の水素とは

最も軽い元素で、元素のなかでも一番小さな原子番号を持ち、宇宙全体では一番多く存在しています。

地殻・海では酸素・ケイ素に次ぐ多いものです。地球上にある水素のほとんどは、水(H2O)のように化合物として存在しています。

水素は酸素に次ぐほど生命に必要不可欠な元素なので、体内に蓄積していた水素が減少すると、生活習慣病や慢性疲労などが生じると言っているほどです。

更に水素はこれまで主に素材として、反応させて違う物質に変えて利用したり、別の物質の性質を変えるために利用されてきましたが、

最近では水素からエネルギーを取り出して、モーターを回したり、電源や熱源として利用することが注目されています。水素のクリーンエネルギーとしての利用が注目されています。

生命活動に不可欠な水素がなぜ下痢になるのでしょうか?

下痢の原因となる水素水

水素水を飲んで、下痢になる人がいますが、なぜ下痢になってしまうのでしょうか?

下痢になる原因は大きく分けて2つあります。

①水素水の水素の影響とは無関係な下痢の症状 

②水素水の水素が身体に与える作用から下痢の症状 

では具体的に見てみましょう

①水素水の水素の影響とは無関係な下痢の症状

水素水を飲んで下痢になる人のなかには、その原因が水素の影響ではない場合があります。
なぜなら水素水は医薬品ではありませんので基本的に副作用がないからです。

水素水は毎日500ml~1000mlを飲むと効果があると言われているようです。もちろん一度に水素水を大量に飲む方はいないでしょうが、時には短時間で水分補給として水素水を飲む場合もあるでしょう。

水素水に加えてビールなど大量に飲む時もあるでしょう。

下痢は基本的に腸で吸収できる水分量を超えた水分を摂取すると下痢になります。

ですから必要以上に水分が多いと必然的に下痢の症状にはなります。水を飲むことはいいのですが、一度に大量に、1ℓ以上は飲まないようにしましょう。

もちろんその下痢はそのような大量に飲むと言う習慣を止めれば下痢はおさまります。

②水素が身体に与える作用から下痢の症状

水素水を飲みたいと思われている人は、身体に何かしらの不調を感じていて、水素を飲んで身体のメンテナンスをしたいと思っている人がほとんどだと思います。

例えば、ストレスによる不調で水素水を飲まれている人もいるでしょう。

仕事のストレス、人間関係のストレスなど、さまざまですがストレスにより胃や腸の調子が悪くなることもあります。

胃腸の調子があまり良くない時に、過剰に水素水を飲むと、下痢になる可能性はあります。

水素は身体の老化の原因に挙げられる悪玉活性酸素を除去するので、身体にとても良い影響をもたらすのですが、「悪い身体」から「良い身体」に改善させることで、好転反応として下痢が起こることがあります。

これが、水素水の水素が身体に与える作用から下痢になる原因です。

●水素水を飲むことで好転反応から、下痢になる理由として

①初めての人は、老廃物の排出により下痢になりやすい
初めて水素を飲む人は、悪玉活性酸素をはじめ、さまざまな老廃物が溜まっている体内環境でしょう。

そのため、水素水を飲むと、短期間で水素が体内の悪玉活性酸素や老廃物を大量に外へ排出させようと働きます。

これらの身体に不必要なものは、汗・尿・便なので排出されるので、お腹が緩くなったり下痢になったりという症状が出でしまうことがあります。


②腸内バランスが改善されることで下痢になる
老廃物の排出が短期間で起こると、腸内の環境は大きく変化します。

腸内には身体に必要な細菌と不要な細菌があり、このバランスが変化することで、下痢になることがあります。

ただ、この下痢は一時的なものですから、腸内の良い細菌のバランスが安定すれば、1週間程以内には治まるでしょう。

水素は体内で作られる

水素は様々な病気の原因と考えられている悪玉活性酸素を除去する特徴があることで注目されていますが、実は人間の体内でも日々、水素は作られています。

大腸に生息する腸内細菌のうちのいくつかの細菌は、「嫌気性発酵」と呼ばれるプロセスで大量の水素を産生し、1日に多いときで10ℓ以上の水素ガスが産生されています。

人間の体内で一番、多く水素が蓄積されているのは『解毒』、『代謝』、『分泌』という機能を持ち抗酸化物質の供給が大量に必要となる肝臓、次に体内で最も活性酸素が多く発生する臓器、腸に存在します。



こうしてみると、水素が必要な時に必要な量を作る事が出来る腸で水素が作られるのは理にかなっているのです。

ですから、水素水で下痢になる人は、大量の水分補給をしなくて済むよう、腸内環境をしっかり整えて、自分の体内で水素がたくさん作る事ができるようにしましょう。

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。腸内で、順調に水素を産生するように腸内環境や腸の動きを整えれば、水素補給だけでなくその他の病気予防にもつながります。

生活習慣病の9割は腸内環境が悪いからだと言われています。
腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。


PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない