下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・重曹


下痢が続く原因は重曹(重炭酸ソーダ―) 

下痢の原因は様々です。身体に不調がある時は何らかの薬に頼って改善される方も多いようですが、良いと思っていたものが下痢の原因となることがあるのです。

例えば、下痢が続いている方や消化不良を起こしやすい方は、胃薬を飲まれることも多いのではないでしょうか?
胃薬には重曹が配合されているものが多いようですが、この重曹が下痢の原因となることがあります。

下痢の原因となる重曹とは

重曹は弱アルカリ性で、胃酸の酸性を中和させて胃酸が出過ぎてしまうのを防いでくれる効果があるとされています。また重曹はデトックス効果が高いと言われており、腸内の老廃物を排出してくれる為、便秘の方は便秘が解消されるとされています。口臭予防や虫歯予防にも効果があるとされる為、重曹を取りたい!という気分になってきます。

🔷重曹が下痢となる原因

重曹は体内の代謝の過程で塩分に変化します。ですので、取り過ぎると塩分過剰となってしまったり、デトックス効果が高いとされている為、お腹の弱い方がたくさん摂り過ぎると下痢の原因になってしまいます。
重曹の一日の摂取量は1g~5gと言われています。塩分換算すると重曹1gで塩分0.27g、重曹5gで塩分1.37gにもなるのだそうです。

食事からの塩分も考えると、5gの重曹も人によっては摂り過ぎになってしまうこともあるかもしれません。

薬用、食用、掃除用重曹の違い

重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウム(別名:重炭酸ナトリウム、重炭酸ソーダ)のことで、重炭酸ソーダ(曹達)を略して『重曹』と呼んでいます。炭酸水素ナトリウム(重曹)を化学式で表すとNaHCO3となり、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)に炭酸ガス(二酸化炭素)を反応させて製造されます。

重曹は私達の暮らしの中で料理や掃除など、様々な場面で使われますが、市販されている重曹は大きく分けて3つの規格に分類されています。
1.薬用・・・不純物とても少なくて細かい粉
2.食用・・・不純物がとても少なくて細かい
3.掃除用・・不純物が多くて粉は粗い
に別れます。成分自体は同じなのですが、純度やの粗さに違いがあります。

ですので、間違っても掃除用の重曹を口に入れることはしてはできません。反対に食用の重曹を掃除用に使うことはできます。

重曹と胃酸との関係

重曹は弱アルカリ性の為、胃の中が一時的にアルカリ性に傾きます。元々、胃は酸性です。
その為、胃がアルカリ性になると、薬を吸収しなくなってしまうのだそうです。吸収されなかった薬は体外へ排出されるだけとなり、薬の効果が薄れてしまいます。ですので、他の薬を飲んでいる方はその薬の効果が減ってしまうことになります。
また、重症の薬を服用されている方に関しては、重曹を摂ることはお勧めできません。命に関わる薬の効果が薄れてしまうと命の危機になってしまいます。一度主治医に相談されてみて下さい。
胃薬もすぐに下痢に繋がるわけでもありませんが、量は必ず守るようにしましょう。そしてできることならば、薬に頼らなくても良い体にしたいものです。

胃薬にも種類がある

下痢でお困りの方の中には消化不良からの下痢の方もいらっしゃるでしょう。胃薬を飲むこともあるのではないでしょうか?胃の症状によってそれぞれ適した薬があります。

胃酸過多の場合

胃酸過多であるのか、あるいは胃酸欠乏であるのかで、胃薬の選び方は違ってきます。胃酸が分泌されすぎてしまう、胃酸が濃すぎる「胃酸過多症」という症状の方もいます。

胃酸が多かったり、濃度が濃かったりすることで、胸焼けがする、げっぷが増える、胃液がこみ上げる、
(胃液の影響で)吐き気や喉に違和感を感じる、口の中がすっぱく感じるなどの症状が起きます。
また、胃酸が多いということは胃の粘膜も荒らしてしまい、炎症が起こります。特に空腹時などは、胃酸が直接胃の壁に触れるので痛みや違和感を感じやすくなります。

胃炎が起きていると胃の消化能力も落ちてしまうので、食べ物がきちんと消化できずに腸に移動し、腸でも消化不良が起きてしまう=下痢に繋がる、ということになるのです。さらには「逆流性食道炎」(胃酸が食道まで逆流してしまうことで食道が炎症を起こす症状)、口臭が強くなるなどの症状もでてきます。

胃酸過多の原因は、脂っこいものの食べ過ぎやアルコール・カフェインなどの刺激物の摂取しすぎ、喫煙など、
胃に負担をかけることが原因ですが、ストレスも大きな要因になっているのではないかと考えられています。
最近の胃薬にはこの「胃酸過多」を抑えるものが多く見られます。

胃酸欠乏の場合

反対に胃酸欠乏症とは、胃で食べ物を消化するために分泌される「胃液」に含まれる酸、「胃酸」が欠乏してしまう症状です。胃酸が極端に少なくなったり、濃度が薄くなったりすることで消化能力が落ち、胃で十分に消化されなかった食べ物が腸にそのまま移動して消化不良による下痢を起こします。

胃酸欠乏症は胃潰瘍や胃がん、十二指腸潰瘍などで、胃を切り取る手術をし、胃自体が小さくなってしまった人に起きやすいと考えられていますが、胃炎からでも発生すると考えられています。

ご自分が胃酸過多なのか、胃酸欠乏なのかによって飲む胃薬の種類を選ばないといけません。胃酸過多なのに胃酸の代わりになる胃薬を飲んでしまうと、症状悪化につながります。胃酸欠乏の方が胃酸を抑える胃薬を飲んでも症状悪化につながります。

下痢予防には適切な量を

「重曹」…体に良いと言われているものも、量を摂り過ぎると下痢になってしまうことがあります。重曹に限らず、どんなものでも摂り過ぎることは良くありません。
体に良いと聞くと、人間の心理は摂りたい!と傾いてしまいがちですが、まずはご自分の今の体調と照らし合わせて慎重に考えてみましょう。体に良いと言われていることが反対に体調を崩すことになることもあり得ます。

腸内環境を整えよう

健康の要は何といっても「胃腸」を丈夫にすることです。最近は腸活という言葉が流行しています。現代人はそれほど腸の状態が悪いという事です。腸内環境の良し悪しはすべての病気に関わってきます。腸内環境を整えると健康的な生活、病気予防に繋がります。下痢の改善も早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがりますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

食べ物・飲み物による下痢の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら