下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因・輸入食品

下痢の原因は複雑で年々増加しています。下痢の原因の多くは食べ物によることが多いようです。
特に、近年は輸入食品が多く、相次ぐ不正や偽装問題で、輸入品食品に対する不安が高まっています。輸入品は検疫を受け、食品衛生法に合格しないものは処分されています。食品衛生法に合格できないなかった食品を数例挙げてみます。

下痢の原因は輸入食材添加物

輸入食品等の食品衛生法違反事例
(平成30年4月分)
①蜂蜜:成分規格不内容放射性物質検出(ロシア)
②ビスケット類:ピロ亜硫酸ナトリウム(二酸化硫黄)検出(アメリカ合衆国)
③生鮮玉ねぎ:チアメトキサム検出(中華人民共和国)
④カカオ豆:残留農薬(ベネズエラ)
⑤小粒落花生:アフラトキシン(インド)
⑥ミネラルウォター:沈殿物、異物(イタリア)
⑦無加熱摂取冷凍食品エビ類:スルファジアジン検出(ベトナム)
⑧冷凍ゆでだこ:大腸菌群陽性(中華人民共和国)
⑨アップルジュース:パッリン検出(オーストラリア)
⑩生食用冷凍魚介類マス:大腸菌群陽性(チリ)

これらはほんの数例です。中にはスルーしていく商品も数多くあります。検出された成分がどのような害を及ぼすのか見てみましょう。

実際例

①蜂蜜などの放射性物質・・ガンなる確率が高い

放射線により細胞内のDNA に傷ができることがあり、その場合もほとんどの細胞は修復されて元に戻りますが、中には回復されないで突然変異を起こす細胞があり、 それらが増殖した場合にがんになります。放射線を浴びたら必ず「がん」になるというものではなく、確率的なものです。

②ピロ亜硫酸ナトリウム(亜硫酸ナトリウム)・・ビタミンB1欠乏で下痢になる

ピロ亜硫酸ナトリウムは、かんぴょう、乾燥果実やワインなどに使用される漂白剤の一種です。
また、酸化防止剤(食品が酸化して、味や風味が落ちるのを防ぐ)としての役割も果たしています。
二酸化硫黄のにおいで刺激臭がします。 使用制限と使用限度が定められています。
ごま、豆類および野菜の使用への使用は禁止されていますが、使用限度は、かんぴょうは5000ppm、乾燥果実は2000ppm、ワインは350ppmなど、二酸化硫黄としての場合の濃度を守れば使用許可されています。

人体への影響は、ビタミンB 1の欠乏症になる可能性があることです。ビタミンB1が不足すると、下痢、成長不順にも繋がります。 ピロ亜硫酸ナトリウムは、酸化防止剤としても使用されており、様々な食品に添加されています。摂取しすぎに、注意したい食品添加物の一つです。

③アフラトキシン・・強力な発がん物質、死亡例もある

アフラトキシンには、数種類ありますが、なかでもアフラトキシンB1は天然物でもっとも強力な発ガン物質として知られています。その被害は1960年イギリスで発生した10万羽以上の七面鳥が死亡、人に対する急性中毒の例としては、1974年にインドで肝炎のために106名死亡例があります。

ピーナッツ及びピーナッツバターなどの加工品、トウモロコシ、ハト麦、そば粉などの穀類及びその加工品、ナツメッグ、白コショウなどの香辛料、ピスタチオナッツ、製あん原料雑豆、ナチュラルチーズなど多くの食品から検出し、行政的に対応しています。検出されたものはすべて輸入食品であり、国産品からは検出されていません。検出されたものの大半は微量であり、直ちに人の健康に影響を与える心配のない量です。しかし、好んで食べたり、ばっか食は危険です。

③大腸菌・・下痢・嘔吐

大腸菌は人体に入れば激しい下痢や嘔吐を引き起こします。2012年11月から今年10月までの1年間、韓国からの輸入食品の違反事例をまとめた資料によると、マグロ、ゆでズワイガニ(ともに冷凍)、生姜茶、海鮮ミニチヂミ(冷凍)、さらにはインスタントコーヒーなどから、大腸菌が1年間で計8件検出されています。

輸入品には気をつけよう

今や、世界中から食品は輸入されています。しかし中には残留農薬が基準値を超えていたり無認可の添加物を使っていたりするなど、違反している事例も少なくありません。少し高くても、しっかり品質管理が行き届いているお店などで購入しましょう。安易に安いからと、表示を見ずに買うのは止めましょう。下痢をはじめ殆どの病気は生活習慣が原因ですので、避けられるものは避けましょう。
日々の積み重ねが健康を作ります。

腸内環境を整えよう

元気の元は胃腸からと昔から言われています。私達は毎日食べ物を摂っていますが、総て口から入るものが良いものではありません。体に害のあるものも食べています。しかし有害なものは素早く排出してくれる機能が備わっていますので、健康を維持できるのです。

腸内の機能を正常にするには腸内環境を良好にすることが大切です。腸内環境を良好にするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善も一段と早くなります。


PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない