下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・腸疲労

下痢の原因は腸疲労
下痢の原因
は様々ですが、季節により下痢になる人は多くなります。
.特に気温が上昇するにつれて下痢になる人が増えてきます。暑さが増してくると、食欲不振、冷たいもみ物や冷房などでお腹が冷え、胃腸の働きが弱り、胃腸に疲れが生じてきて胃腸が弱るのが下痢の原因になる大きな要因です。



ビアガーデン、飲み会や外食の機会が増えるという人も多いのではないでしょうか。食べ過ぎ飲み過ぎが続くと腸に負担がかかってしまい、腸が疲れて機能が低下します。

この時期はそんな「腸疲労」に注意しましょう。腸が疲れると、3つの機能が低下します

下痢の原因1

①食べ物を消化・吸収する力、②水分を回収する力、③便を体外に排出する力です。

腸疲労が下痢を招く

腸の状態は外からは見ることができませんが、便秘や下痢、臭いおならがよく出るといった状態は、「腸疲労」のサインです。
臭いおならや便秘は、食べ物を消化・吸収する力が低下した結果、腸内環境が乱れ、悪玉菌が優位になることで発生します。

また、疲労した腸は動きが悪くなり、便を排出する力が低下することでも便秘の原因になってしまいます。下痢は、水分を吸収する力が低下した結果、便の水分量が増えてしまった状態です。

下痢の原因は珈琲に

便秘や下痢は食べたものによっても左右されますが、甘いものの食べ過ぎは便秘に、アルコールのとり過ぎは下痢になりやすくなると言われています。

また、腸はストレスの影響を受けやすいので、仕事で気を使う飲み会の席が続く……といった場合は、腸疲労はさらに加速してしまいます。



なかには、腹痛と共に下痢が続く人も多いかと思います。この下痢の原因は実にさまざまで、すぐにでも医療機関にかかるべき細菌性の病気である可能性もあります。

あまりにも重篤な症状のときには、迷わず医療機関を受診しましょう。

あなたの「腸疲労度」チェック

腸疲労を引き起こす原因は、食べ過ぎ飲み過ぎ以外にもさまざまです。あなたの腸が「疲労腸」になっていないか、確認してみるのも下痢改善の一つの方法です。

□野菜や果物をあまり食べない
□外食が多い
□1日3食とらないことがある
□甘いものをよく食べる
□お酒を飲む機会が多い
□水分はあまりとらない
□運動不足気味
□食後、下腹がポッコリ出る
□睡眠時間が6時間以下
□最近、ストレスを感じることがある

チェックの数が1~3個の人は「腸疲労予備軍」、4~7個なら「やや腸疲労」、8個以上だと「超腸疲労」と考えられます。腸疲労を回復する方法として次の様なものがあります。

腸疲労を回復するには

①プチ断食で腸を休める
1日3食きちんと摂らないと、本来食事時間でない時間に食事をしたり、1回の食事で食べ過ぎてしまったりすることになります。そうすると、消化のために胃腸が休みなく働くので、胃腸に負担がかかります。

結果として小腸や大腸に血液が足りずパワー不足になり、食べ物を消化・吸収する力が低下し、下痢の原因となります。

また、胃腸の働きすぎは自律神経のバランスを崩し、腸内環境悪化の原因にもなりますので、腸疲労を自覚したら、半日~1日、食事を摂らずに胃腸を休める「プチ断食」するのもおすすめです。

食事のかわりにとるものは、市販のファスティングジュースや、ヨーグルト、りんごなど。朝食や昼食を置き換えるだけでも、腸疲労回復効果が期待できます。

下痢の原因は硬水

②温かい水で腸をゆるめる

水分が不足すると腸の中に水分が少なくなって食物のカスなどが乾きやすく、腸の働きが低下します。また、体内の水分は消化液として毎日大量に使われるので、腸疲労回復のためには水分補給が大切です。

冷たい水分は腸の働きを抑えてしまうので、お湯やお茶、白湯など温かい飲み物で補いましょう。また「糖反射」といって砂糖を摂ると胃腸の働きが停滞してしまうので、ノンシュガーの飲み物がおすすめです。

③食物せんい2種類をバランス良く
食物せんいは、腸にたまった便や毒素などを取り除く働きがあります。腸疲労で便を体外に排出する力が低下している人は特に、意識して摂りましょう。

ポイントは2種類の食物せんいをバランス良く摂ること。食物せんいには、スポンジのように水分をためこむ「不溶性食物せんい」と、ゴミをからめとる「水溶性食物せんい」の2種類があり、それらを2対1のバランスで摂ることが大事です。

下痢の原因はキノコに

「不溶性食物せんい」は玄米、ライ麦、いも、根菜、豆類などに、「水溶性食物せんい」は果物や海藻、キノコ、こんにゃくなどに多く含まれます。食物せんいは便の量を増やし下痢の改善にも役立ちます。

④腹式呼吸で腸マッサージ
さらに、腸疲労になると腸の動きが悪くなり、便を体外に排出する力が低下してしまいます。そんな時には「腹式呼吸」がオススメです。

「腹式呼吸」は腸を刺激しつつ、マッサージする働きがあります。腸を刺激することで腸の働きを活発にして腸疲労の回復を促します。更に腹式呼吸は自律神経を整えますので、下痢の改善に役立ちます。

腹式呼吸は、鼻からゆっくり息を吸ってお腹をふくらませ、次に鼻か口からゆっくり息を吐き、お腹をへこませます。慣れない人は仰向けになって、お腹に手を当てながら行うとやりやすいです。



⑤お風呂に入る

毎日の仕事や家事や育児に追われる、心が休まる時間がない、冷え切った体、疲れた時には、温かいお風呂にゆっくりと入りましょう。身体がリラックスすると自律神経が整い、胃腸もリフレッシュして、下痢の改善に役立ちます。

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。 腸が疲労すると腸内環境は悪くなります。
腸内環境が悪化すると腸内での正常な機能が果たされず、様々な症状が表れます。その一つが下痢です。
下痢を本格的に改善するには、まずは腸内環境を整える事が一番の早道です。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら