下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・秋に増える嘔吐下痢

下痢の原因・秋に増える嘔吐下痢症

秋になり、夏の暑さが嘘のように感じ、心地よい季節です。今年は夏の酷暑で夏バテに悩んだ子供達も多かったのではないでしょうか。ただ夏以上に気を付けたいのが秋の体調不良です。これからは気温がグッと低くなり、病気になりやすい季節でもあります。特にこの時期気を付けたいのが「嘔吐下痢症」です。この嘔吐下痢症はどうしたら防げるのでしょうか?ご一緒に考えてみましょう。

嘔吐下痢の原因

秋から冬にかけ、主に11月~12月に流行するのが下痢嘔吐症です。お腹の中に菌が侵入することで、嘔吐と下痢を繰り返す病気です。主にノロウイルスが原因で引き起こします。

■ノロウイルス食中毒

ノロウイルスに汚染された食品を摂取する事で感染をし、下痢や嘔吐の症状を起こすのが食中毒です。以前は、ノロウイルスに汚染されている食材として、2枚貝の牡蠣が言われていましたが、原因を分析すると二枚貝が原因の食中毒は少なく、私たちヒトから食材が汚染される二次汚染によるものが多いとの事です。
下記のグラフはノロウイルスによる食中毒の患者数推移です。


■ノロウイルス感染性胃腸炎

ノロウイルスに汚染した食品以外の原因で、発症したものを感染性胃腸炎と言います。ノロウイルス感染性胃腸炎もノロウイルス食中毒同様にノロウイルスが体内に侵入して下痢や嘔吐の症状が現れます。しかし、ノロウイルスに汚染された食品を摂取せず発症したものを言います。

ノロウイルスは、非常に少量でも感染力が非常に強いものです。ノロウイルス患者が嘔吐や下痢をした際に付近が汚染し、消毒をしなければ約1ヶ月程度は不活化せずにいる事がわかっています。その為、汚染された場所だと知らずに触れて指や手が汚染された状態でその指から口に入ったものが感染原因の大部分です。

ノロウイルスはインフルエンザみたいな空気感染の可能性は低いですが、下痢や嘔吐などノロウイルスを大量に含む汚物が乾燥し、その汚物が風などであおられ埃として気管や口に入る粉塵感染や飛沫感染の可能性は否定しきれないです。ですので、外出から帰ってきた時、食事をする時、トイレを済ませた後はしっかり手洗いをする事が重要です。

■ノロウイルス食中毒もノロウイルス感染性胃腸炎の症状は同じ

ノロウイルスによる食中毒と感染性胃腸炎は、感染ルートの違いだけであり症状や回復するまでの期間に違いはありません。ノロウイルスに感染すると急に嘔吐が始まり、その後下痢になります。数日間は激しい下痢や嘔吐の症状で苦しみますが体外に排出されると激しい下痢や嘔吐の症状も回復します。

ノロウイルスに感染しても治療薬はなく、自宅で安静して回復を待つ事しかできません。そのため市販されている下痢止め薬などを服用する事は、ノロウイルスを排出するのを遅らせ症状を長引かせる原因になります。自身の判断で勝手に薬を服用する事はおすすめできません。

便や吐いたものから感染しますが、実はきちんと吐物を処理しないと、ウイルスが乾燥し空気感染することもあるのです。また下痢が落ち着いても治ったと判断してはいけません。下痢が落ち着いた後、1週間は便にウイルスが潜んでいるのです。

■ノロウイルス食中毒、ノロウイルス感染性胃腸炎の予防

ノロウイルスによる食中毒も感染性胃腸炎も基本的な予防方法は同じです。少量でも体内に侵入すると爆発的に増殖し下痢や嘔吐の症状があらわれます。インフルエンザみたいなワクチンが開発されておらず、予防方法が無いことから注意しましょう。
①ノロウイルスを手指に付けない・・、手洗いは最も重要な基本的な予防方法、習慣づけましょう。
②食品の十分な加熱・・カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱してください。
③便、嘔吐物の適切な処理・・嘔吐した場合は、口をよくすすぎ、使用した洗面器や流しなどは直ちに洗浄、次亜塩素酸ナトリウム水溶液で消毒して下さい。マスクや手袋の着用(素手で触れない)をしてペーパータオル等で拭き取る。拭き取ったペーパータオル等は、ビニール袋に入れ、消毒・密封して廃棄しましょう。
④トイレは清潔に使用・・症状が治まっても数日は便からノロウイルスを排出します。トイレは清潔に使用し、
使用後は手洗いの徹底等の防止に注意して下さい。
④体力回復に努める・・下痢や嘔吐の症状がある時は、できるだけ学校や仕事を休み体力の回復に努めてください。

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。胃腸が丈夫であれば、口から有害菌などが入ってきても腸内で適切に処理され、病気にならないで済むことが大いにあります。下痢の予防や下痢の改善には腸内環境を整えることが最も重要です。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。下痢の改善の早道です。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

秋に起こる下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら