下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は水分に

下痢が続く原因はいろいろありますが、今日が水分について考えてまいりましょう。

下痢の原因は水分
梅雨の時期となり、蒸し暑いと感じる日々が始まりました。下痢の原因は沢山ありますが、特に高温多湿のこの時期に下痢になる人が多いようです。

健康な人でもこの時期は突然の暑さに体がついていかず、倦怠感や疲労感、やる気が出ない、頭痛、下痢など様々な症状が出るときでもあります。下痢が続いている方は、なおさら症状が進行してしまうことがあってもおかしくありません。

下痢の原因は水分の摂り過ぎ
下痢の方は脱水症状に気をつけてらっしゃることでしょう。これからの季節は「熱中症」も心配しなければならないので、水分はこれまで以上に注意が必要となります。熱中症は7~8月に多いと思われがちですが、実は5~6月も体が暑さについていかない為に多いと言われています。


7~8月は暑いということもあり、みなさん熱中症対策もされます。5~6月には熱中症の意識が薄いと言われており、気を抜くことはできません。しかし反対に水分の摂り過ぎでも下痢になってしまうこともあり、難しいとこでもあります。

下痢に最適な水分補給は?

白湯
白湯(さゆ・しらゆ)」とは、何も入れていない水を沸騰させたものを言います。 白湯を冷ましたものは「湯冷まし」と言います。沸騰したお湯を50℃前後まで冷ましたものは「湯冷まし」になりますが、一般的には、「白湯」と総称して呼ばれていることがほとんどです。


インドでは、伝統医学(アーユルヴェーダ)に白湯が用いられています。 健康目的以外にも、薬を飲む時や、新生児や弱った身体の方への水分補給などにも活躍しています。白湯を正しく摂取することで、簡単に健康な体質を目指すことが出来て、とてもおすすめです。

白湯には身体に良いと言われていることがたくさんあります。
・お通じ
・冷えの予防
・ダイエットサポート
・肌荒れ
・身体のだるさや重さを軽減
・風邪の予防
・ストレス
・赤ちゃんの水分補給

白湯を飲むことで、身体が温められ体内環境が活発になり、食べ物の消化を助けてくれます。また、白湯自体も消化に負担がかかりにくいと言われています。消化が良くなることで、体内の毒素や老廃物が排出されやすくなります。 代謝が良くなることで、下痢に適していると言えます。

お茶
お茶にも糖分がほとんど含まれておらず、飲み過ぎによる肥満などの心配はありません。健康やダイエットのための飲み物として人気が高まっている製品も増えています。

夏場は冷たいお茶、冬場は温かいお茶と、季節や気分に合わせて楽しめるのも魅力です。

しかし、水分補給のための飲み物として考えた場合には、気を付けなければならない点もあります。緑茶などのお茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、 補給したはずの水分を体外へ排出してしまうのです。

お茶はあくまでも健康のための飲み物や気分転換のための嗜好品と考え、適量を飲むのがおすすめ。

麦茶やそば茶、黒焼き玄米茶などといったカフェインが含まれていないお茶は、水分補給のための飲み物としても活用できます。おなかの弱い方は冷やし過ぎに注意しましょう。冷たい飲み物はお腹を冷やし下痢になります。

コーヒー、紅茶
仕事中の気分転換に欠かせないという方も多いコーヒーや紅茶ですが、こちらも水分補給のための飲み物としてはおすすめできません。コーヒーや紅茶もカフェインが多く含まれており、 体内の水分の排出を促してしまうことが心配されます。

カフェインにはほかにも覚せい作用や胃酸分泌促進作用があると言われており、夜飲むと眠れなくなってしまったり、空腹時に飲むと胃痛が起こったりすることもありますので、 飲むタイミングや量には注意が必要です。お腹の弱い方はたくさん飲むのは控えましょう。

また、ペットボトル入りの紅茶系飲料の中には糖分が多く含まれているものもありますので、 製品表示などで確認してみることをおすすめします。もちろん、コーヒーや紅茶にも良い効果はありますから、適量を上手に楽しむと良いと思います。

ジュース
暑い夏場や運動時など、容器入りのジュース類を購入して飲む機会が増えます。しかし、水分補給をジュースなどの飲み物で行うことには、大きな危険があります。
下痢の原因は人工甘味料
ジュース類には、多くの糖分が含まれています。このような飲み物を過剰摂取することで、「ペットボトル症候群」と呼ばれる急性の糖尿病に陥る危険性が高くなるのです。

ジュースで水分補給をしたのに余計に喉が渇いてまたジュースを飲んでしまいます。このような悪循環に陥った後、全身の倦怠感や嘔吐、 場合によっては意識障害などを起こすこともあると言われています。

時にはジュース類を楽しむのも良いですが、水分補給のための飲み物とは区別して、 適量を楽しむよう心がけましょう。おなかの弱い方はジュースを楽しむ程度にしましょう。

スポーツドリンク
運動中には、汗として体内の塩分(ナトリウム)が失われるため、水分と合わせて塩分の補給も必要になります。スポーツドリンクには適度な塩分が含まれているので、 運動などで汗をかいた場合の飲み物としては適しています。

また、エネルギー補給のために必要な糖分や、 疲労回復効果のあるクエン酸などが含まれているスポーツドリンクもあります。ただしこのような飲み物が必要になるのは、多量の発汗を伴う激しい運動を行った場合です。特に糖分はかなりの量が入っていることもあるため、 飲み過ぎるとジュースと同じようにペットボトル症候群に陥る危険性もあります。

塩分についても、日本人は食事からの過剰摂取が心配されているものでもありますので、 発汗量が大きい場合のみ補給するようにしましょう。通常の水分補給は水で行い、必要な場合のみスポーツドリンクを活用すると良いかもしれません。

ミネラルウォーター
地下水にろ過・沈殿・加熱殺菌処理などを施したもの。 硬度や炭酸の有無、味わい、コストなどに様々な違いがありますから、お気に入りを見つけて楽しむのも良いと思います。


ペットボトルのほか、ウォーターサーバーでも利用できます。ミネラルの中でもマグネシウムが多く含まれているもの硬水がありますが、マグネシウムは便秘の方には排便効果があるため朗報と言えるのですが、もともとお腹の弱い方がマグネシウムを摂取すると、下痢になったり軟便だったりといったことになってしまいます。

海外のミネラルウォーターを買って飲んだら下痢が止まらないという報告もあるようです。硬水の長所に惹かれる部分もあるかと思いますが、下痢になることを考えると長所にこだわるのは止めましょう。どうしても長所も取り入れたいと思われる方は、ラベルに記載されている硬度を見て考えてみてはいかがでしょうか。

これからの暑くなる時期、水分補給は何を摂取するのが良いのか、また水分量を考えて口にしていきましょう。下痢が加速してしまっては困りものです。

腸内環境を強化しよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。健康的な生活を送るには何よりも腸内環境を最適にすることが一番良い方法です。下痢の改善も早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない