下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・春の食中毒

下痢の原因は春の行楽シーズンの食中毒

春から夏にかけて潮干狩りや山登りのシーズンがやってきます。この時期に注意したいのが食中毒による下痢です。海岸や浅瀬、砂浜にいる危険生物など注意しなければいけないことがたくさんあります。

特に貝類の中には下痢を起こす細菌が数多く存在します。潮干狩りの貝、山菜採りの山菜、お弁当など、下痢の原因が潜むことがあります。

春の食中毒

下痢の原因となる食中毒はその中でも代表的なもので、貝毒やノロウイルスや腸炎ビブリオなどで下痢などが発生します。行楽シーズンでお弁当による食中毒も見逃せません。

こうしたことが原因でお腹の弱い方は下痢が長引く、下痢がなかなか治らない、あるいは非常に重篤な症状に陥る危険性がありますので充分に注意が必要です。ここでは春に起こる食中毒の原因について考えてみましょう。

①下痢の原因は潮干狩りの貝毒による食中毒

春になり、海水温が上がり始める 4月頃から5月頃にかけて有毒プランクトンが発生しやすくなり、貝毒による食中毒になることがあります。

ホタテガイ、カキ、アサリ等の二枚貝は海水中のプランクトンなどを餌としています。一部の毒をもつプランクトンを摂取することによって、貝自体が毒素を中腸線(肝すい臓)に蓄積することにより起こるとされています。

こうしたホタテやカキが有毒プランクトンを食べることで毒化し、毒化した貝を人間が食べることで食中毒を起こします。貝毒には、症状により麻痺性貝毒、下痢性貝毒などがあります。プランクトンがいなくなれば、毒は貝から排泄されます。

お店で売られている貝は、産地や市場で定期的に検査され、有毒なものは出荷が禁止されるため安全です。潮干狩りの際は、自治体のホームページなどでその年の貝毒情報を確認しましょう。

貝毒情報に注意しましょう!
今月(平成30年3月21日)の定期調査で、鳴門市北灘町の沿岸で貝毒の原因となるプランクトンが基準値を超える密度で見つかったため、付近のカキを採取して検査機関で調べたところ、国の規制値を上回る貝毒が検出されたということです。

鳴門市北灘町の沿岸で採れた天然のカキから国の規制値を超える貝毒が検出され、県は地元の漁協に対し、カキなど二枚貝の出荷を自主規制するよう求めています。

アサリなどの二枚貝類は、周辺海域に特定のプランクトンが異常に増殖すると、そのプランクトンを摂食して、毒を体内に蓄積することが知られています。

そのため各都道府県の水産担当部局では、冬の終わりから海水中のプランクトンや貝の検査を行い、毒の量を検査して安全を確かめています。

②下痢の原因はハイキングやお花見のお弁当

お弁当を持って外へ出かける気持ちのよい季節になりました。ただ、お弁当は作ってから時間をおいて食べるため、食中毒が起こりやすくなります。衛生的なお弁当をつくるためのポイントを確認し、春のお出かけを楽しみましょう。

1)温度管理に気を付ける
 温かい環境は、菌にとって絶好の増殖チャンスです。保冷グッズを上手に活用して、なるべく低温で保管しましょう。春は夏程気温が高くないため、油断しがちです。

車のトランクなどにはお弁当はいれないようにしましょう。なるべく涼しいところや日の当たらない場所に保管しましょう。

2)加熱は十分に
食べる直前の過熱が難しいお弁当ですが、作る際にはしっかり加熱して菌を残さないように心がけましょう。

3)おにぎりはラップ握り
手指の菌を付けないようラップや型を利用すると良いですよ。

4)詰め合わせは冷めてから
熱や湯気で菌が増えやすくなります。しっかり冷ましてから詰め合わせましょう。

5)子供が喜ぶキャラ弁は手であれこれ触らない
 お弁当を作る前に手洗いを十分にし、スプーンやお箸を使い、なるべく素手で扱わないようにすることが大切です。作業中は食材を常温に放置しまいがちです。面倒でもこまめに冷蔵庫に保管しましょう。

6)前日の残り物はタブー
残り物をお弁当に用いるのは望ましくありません。やむを得ず利用する際は中心部まで十分に再加熱しましょう。

7)食べる前に手をよく洗う
 戸外で遊んだ後、食べるお弁当は格別に美味しいものです。戸外で遊ぶと手指には雑菌がいっぱいついています。普段行かない場所では、どんな菌がつくのか分かりません。食べる前にしっかりと手を洗いましょう。

腸内環境を整えよう

私達は健康を維持するために、身体に良いものと思っていつも食べています。自ら毒のあるものは決して食べません。しかし、食べた物が全て身体に良い物とは限らないのです。

体にとって悪いものも同時に食べているのです。しかし、病気にならないのは腸内に棲む腸内善玉菌のお陰です。これら善玉菌が腸内で活躍し、腸内活動が正常に働けるように環境を整えてくれるお蔭のです。

腸内活動が正常に行われると、有害なものを食べたとしても素早く排除したり、有害菌が繁殖しないように抑制して、体を守ってくれるのです。

腸内善玉菌を増やすサプリメントがありますので、お腹の弱い方、下痢になっている方は上手に利用されると下痢の改善は一段と早くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

春に起きる下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら