下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・日常の習慣

下痢の原因は多種多様です。下痢の原因は一過性のものから慢性的なものまで様々なものがあるので、 下痢の原因の対策も一つではありません。

下痢の原因・・・日常の習慣

人は誰でも体の調子が悪くなると病院へ行きます。これは正しいことです。病院へ行き薬をもらって元気になることができます。
感染症であれば、体に不調を齎す菌を薬によって病原菌を消しさることが出来ます。また薬で症状を一時的に抑えることが出来ます。

薬で病気は治らない

しかし、下痢をはじめ多くの病気は生活習慣が病気の原因となっている事には気づいていない人が多く、生活習慣に関して言えば、薬が病気を治すことは決してありません。



身体は食べた物で出来ていますから、体調と食べ物は密接に関係しています。身体が必要とするものを正しく食べていれば、身体は快調になります。身体の負担になるものを無防備に食べていれば、身体は不調になり、下痢の原因ともなります。

食べ物による下痢
自分で生活を乱したことで起こした下痢ですので、乱してしまった生活習慣を正すことが治療に繋がります。まずは、原因を知ってから正しく対処することが早めに回復するコツです。

下痢改善には時間がかかる

もちろん長年の生活習慣の蓄積によって作られた病気なので、今日習慣を改善したからと言って、その効果がすく様身体に現れるわけではありません。

一度乱れてしまった体調を整えるにはある程度の時間がかかります。


下痢になって病院へ行き、薬で一時的に治ると、薬で治ったと思い込み、又病院へ行きます。そこで処方された薬を日常的に服用し、薬がなくなればまた病院へ行く。こうしたサイクルが習慣化してしまうと生活習慣を改めようという気持ちがすっかり忘れてしまいます。

薬には必ず副作用があります。薬は身体には異物であり、副作用をもたらす毒だと思ってください。

生活習慣による下痢の原因

一般的な下痢の原因は下記のような生活習慣が多いようです。
● 冷たいものを飲食したとき
● 食べすぎによる消化不良
● ストレスなどの精神的なもの
● 油を含む食べ物をたくさん食べたとき
● 香辛料などの刺激物を大量に食べたとき
● 外国などで食べなれないものを食べたとき
● 牛乳を飲んだとき

下痢の原因は食べ過ぎに

● 早食いでの消化不良
● 睡眠不足などで体調が悪いとき
● アルコールを飲んだとき
● お腹を冷やしたとき
● 腐ったものや有害なものを食べたとき

下痢の原因は細菌感染

● O157などによる食中毒
● 風邪などのウイルスによるもの
● 薬などによる副作用
● 病気による慢性的なもの
● お腹がゆるくなる食品を大量に摂ったとき
●外食やコンビニ食が殆ど
●添加物の多い食品を好んで食べる
●化学物質に敏感に反応する

下痢になる原因はストレスによるものからウイルスや病気など多岐にわたるため、正しく特定することは大変難しいです。一過性の下痢を頻繁に起こす場合は気をつけてください。
 特に下痢が慢性的なものになると、病気の可能性も高いので医師の診断を仰ぎ完治させたほうが確実です。

下痢が長く続く人の病気の可能性

①大腸がん
②クローン病 
③潰瘍性大腸炎 
④糖尿病 
⑤細菌性・ウイルス性大腸炎
⑥甲状腺機能亢進症 
⑦薬剤性大腸炎など

下痢になったらまず病院へ

下痢が長引く症状に注意

下痢がなかなか治らず、下記の様な症状が一つでもある場合は速やかに医療機関に行きましょう。
①吐き気がする
②熱がある
③激しい腹痛を伴う
④便に血や粘液がまじる
⑤便の色がおかしい
⑥貧血気味


腸内環境を整えよう!

「元気の元は胃腸から」と昔から言われているように、腸内が良好であれば、腸内が正常に働き健康を維持することが出来ます。健康で長い生き、病気知らずに過ごすには腸内環境が良好であることが必須条件です。

下痢の改善を一刻も早くするためには、腸内環境をしっかりと整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら