下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・市販のそうめん


下痢の原因は、病的な下痢、感染症による下痢以外では食習慣から来るものが多いようです。

下痢の原因は市販のそうめん

普段食べ慣れているものでまさかそれが下痢の原因となっているなんて、それでなかなか下痢が改善しなかったのかという驚きの声を聞くことがあります。

例えば、夏になると麺類が多くなります。特に日本ではそうめんが夏の食事には必ずと言っていい程出てきますが、実はこのそうめんが下痢の原因となることがあるのです。

下痢の原因となるそうめん

そうめんといえば小麦粉ですが、現代の市販小麦粉がよくない代表的な4つの理由があるのです。
①小麦粉のタンパク質である「グルテン」の含有量が昔に比べ、多くなっているから。
②小麦グルテンに含まれるグリアジンというタンパク質が小腸の壁の結合組織を壊す作用があり、「アレルゲン」が体内に侵入しやすくなり、様々なアレルギーの原因になるから。
③小腸に常在しているカンジタ菌は通常、体には悪影響を及ぼしませんが、カンジタ菌は増え過ぎると、カンジタ菌が分泌する毒素の影響で小腸壁の細胞に傷がついてしまうから。
④グルテンに含まれる「アミロペクチン」により、血糖値が上昇するから。
⑤農薬が大量に使われる輸入小麦が日本で出回っているから。



グルテンはセリアック病(小腸の内表面への損傷を引き起こし、栄養素の吸収能を大きく低下)のアレルギー症状がでたり、ひどいアレルギーを感じる事が無くても現代人の9割、小麦が合わない体質だとされている。
下痢、体重の増加、頭痛、関節痛、アトピーなどの皮膚疾患などの原因もグルテンにあるといわれています。

グルテンフリーの食事に切り替えると、腹痛、便秘、下痢、頭痛、不眠、めまい、生理痛の改善、ダイエット効果などがあったという声もあります。

 下痢が何故か続くなど慢性的な不調に悩む人の中には、「グルテン過敏症」「グルテン不耐症」という症状がみられます。自分の食事を見直してみましょう。

下痢の原因となる「めんつゆ」

「そうめん」を食べるとき、必ずと言っていいほどセットで食べるめんつゆ。使い勝手のよい、美味しい、便利という市販のめんつゆは危険性がいっぱいです。めんつゆを色々な料理に使う人も多いようです。
市販のめんつゆはなぜ危険のでしょうか。

理由として
①めんつゆの原材料の一つブドウ糖果糖液糖は遺伝子組み換えのブドウ糖果糖液糖。このブドウ糖果糖液糖の主原料は、問題になっている「遺伝子組み替えトウモロコシ」です。「ブドウ糖果糖液糖」は科学的に作られた人口の甘味料で、「異性化糖」と呼ばれる合成の甘味料なのです。ブドウ糖果糖液糖を使うと一番のメリットは「安価」ですが、そのブドウ糖果糖液糖の異性化糖の怖さは一気に「血糖値が上がる」ことです。

 白砂糖よりも体内への吸収速度が早く、また血糖値をも早く上げてしまい、小学生でさえ糖尿病になってしまうのです。市販のめんつゆだけでなく、市販のポン酢にも同様の甘味料が使用されています。

②味覚を狂わせる、調味料(アミノ酸等)
めんつゆには「かつおぶし」が入っているのも関わらず、添加物の「調味料(アミノ酸等)」が必ずと言っていいほど入っています。この調味料(アミノ酸等)とは今あらゆるものに使われる添加物でもあります。調味料や食品等で、この成分が入っていなものを探すのが難しいほどです。

「アミノ酸等」と「アミノ酸」は全く違います。遺伝子組み換え技術を用いた菌からできた味覚を狂わせる化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)なのです。

下痢の原因となるミネラル不足

そうめんを食べて消化される時には、ミネラルが必要です。ミネラルは人の体内で作ることは出来ないため、毎日の食事からとる必要がありますが、食欲不振に陥ると栄養補給が十分に出来なくなり、更に栄養不足という悪循環に陥っています。

特にミネラルの不足による症状は大きな病気にもつながります。日本人は統計上「どの年代の人でも必要量のカルシウムを摂取できていない」と厚生労働省は発表しています。

そうめんを食べる時、簡単なのでつい具材を考えずに、めんつゆとそうめんだけで済ませてしまいがちです。夏は汗でミネラルが更に不足しやすくなりますので、トータル的なミネラルの補給が必要なのです。
そうしたミネラルが不足して起こる症状は、時間が経った夏の終わりや秋に起こってきます。 ミネラルが不足すると下記のような症状が出やすくなります。

○神経系 : だるい、しびれ、めまいなど
○骨格筋系: 筋肉のけいれん、こむら返り、筋力低下など
○循環器系: 高血圧、虚血性疾患、不整脈など
○消化器系: 食欲不振、腹痛、下痢、便秘など

腸内善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の直接の原因は何といっても腸内環境が非常に悪くなっていることです。腸内環境が良好であれば、食べた物やストレスを巧く回避できるようになっています。添加物など有害なものを摂っても、腸内で正常な機能が果たされれば、解毒、排出が上手にされるのです。腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら