下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・冷たい食べ物

下痢の原因は夏の冷たい食べ物
下痢の原因
は季節によって大きく変化します。食中毒による下痢の原因は今や年間を通して発生します。しかし下痢の原因は、はやはり夏が一番多いようです。
下痢が続く原因は腸内環境に
夏と言えば冷たい水、かき氷、アイス、スイカなど、大人から子供まで大好きです。日本の夏の風物詩である、かき氷は花火大会などの露店で買ったりした思い出がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
下痢の原因は冷たい物
その中の何割かの方は、カキ氷を食べた後、下痢になった、という苦い思い出もセットになってしまっていませんか?

夏はとにかく日中、夜間問わず暑いもの。ついつい手軽に冷たいものを食べてしまいがちですが、冷たい物を食べ過ぎが下痢の原因になるようです。夏になるとついたくさん食べてしまう食べ物について下痢の原因を考えてみましょう。
下痢の原因はきゅうり
下痢の原因は冷やしキュウリ
静岡県で最も有名な花火大会である安倍川大花火大会で、平成26年7月26日に大変な食中毒が発生しました。

原因は、なんと冷やしキュウリだそうです。この数年、屋台で急激に増えた「冷やしきゅうり」は、大変おいしいのですが、実態はほとんど漬けていない浅漬けです。塩分が少ないので、細菌増殖の温床です。
下痢の原因は細菌感染
加えて、冷やしとはいうものの、外ですから冷やす役割の氷はどんどん溶けていきますので、温度管理もきちんとしているとは言い難い状況です。衛生状態は最悪です。

下痢の原因はかき氷
みんな大好きカキ氷ですが、これは身体を冷やすことに加えて、シロップの成分が下痢の原因になる可能性があります。

メーカーにより少し差はありますが、カキ氷のシロップは基本的に、とろみと甘さを司る『糖液(シロップの本体)』、舌に乗せたとき、すっぱい・果物っぽさ、を感じさせる『酸味料』、フルーツの色を表現している『着色料』、フルーツの香りに似せて作られた『香料』と、甘さ以外ほとんどが食品添加物です。

イメージが味を左右するといっても過言ではないため、鮮やかな色を表現するため特に『着色料』がたくさん使われています。体に有害なものを多量に取れば、身体は必ず、外に排出しようとして下痢になります。

お腹を冷やし、これだけの添加物をとって、お腹が敏感な方が下痢にならないはずがないのです。

おなかの弱い方。かき氷のシロップは子供の発育に悪影響を及ぼす可能性のある食品として危険視されつつあります。お子様には食べ過ぎない様に十分注意しましょう。

下痢の原因はスイカ
夏と言えばスイカです。 夏の喉の渇きを潤してくれるスイカは、夏場になくてはならないものです。 スイカを果物と勘違いされている方が多いですが、実はスイカは野菜なんです。

鮮やかな赤色のスイカは也90%が水分です。スイカの水分はスポーツドリンクに匹敵するとも言われるほどミネラルも糖分もしっかり含んでいます。

だから、とても美味しく夏の果物、水分補給には持って来いの食べ物です。でも、いくら健康にプラス効果があると言っても、食べ過ぎは良くありません。

スイカは消化の悪い食べ物にはいります。水分の多いスイカは、その水分が胃液を薄め、消化不良と胃腸の抵抗力を下げてしまいます。

胃腸の弱い方は、おなかを冷やす上に消化が良くありませんので食べ過ぎると下痢になってしまうのです。

スイカと天ぷらの食べ合わせに注意
油の多い天麩羅と、水分の多い西瓜を一緒に食べると、胃液が薄まり、消化不良を起こすことがあります。
下痢の原因はスイカと天ぷら
胃腸の弱い人、特に下痢気味の人は、避けたほうが無難です。夏野菜であるスイカ自体に身体を冷やす効果があるのに、そのスイカを冷蔵庫でさらに冷やして食べるとお腹は益々冷え切ってしまい、更に消化の悪い油で加速されて下痢を誘発するのです。

 冷たいものを食べて腹痛や下痢をおこす原因
食べ物や飲み物は体内に入るとそのままの状態から体に取り込みやすい成分へと分解されます。これを一般的に消化と呼びますが、この消化の働きに大きく関わっているのが消化酵素です。

そしてこの消化酵素には働きに適した温度があり、あまり温度が低いと酵素の働きが急激に弱まることで消化不良を起こします。
下痢が続く原因
また冷たいものは刺激となり、腸のぜんどう運動が活発化します。
 
これは腸内の内容物を外に押し出そうとする運動で、この結果消化不良のまま下痢となって排出されることがあります。
 
少量のアイスクリームなどは体を適度に冷やし食感としてもおいしくいただけますが、量が過剰になりますと消化酵素の働きの低下とぜんどう運動の活発化を同時に引き起こします。

夏だとよく摂取するものとして冷えた麦茶やビールなどがありますが、これらも同様です。
 下痢の原因は冷え2
冷たい食事が原因で下痢・腹痛になったときの対処法
冷えが原因であることがわかっている場合は、まずは胃や腸をゆっくりと休ませ、温めることが大切です。過敏になった胃や腸内を落ち着かせるためにも、常温に近い状態へと近づけます。
 
 腹部を外側から温め、ぬるま湯などを少量ずつとることで内側から温めることも効果的です。 

また下痢が長く続くと水分をとらなくなってしまうこともありますが、脱水にならないためにも適度に水分を補給する必要があります。
 
その上で無理に普段どおりの食事をするのではなく、食べやすいお粥などで様子をみることが回復への近道であると考えられます。

お薬などを服用することもできますが、自然の治癒力で対処できる場合はむやみに頼らないほうがいいでしょう。 

ただ腹痛・下痢も症状によっては重い病気が隠れている場合がありますので、長く続くようなら医療機関に相談してみましょう。

 腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
健康の要は何といっても腸を丈夫にすることです。腸内では病気を守る、有害なものを排出するなど、身体が健康になる一番基礎的な部分を担っています。

ですから腸内環境を整え、腸を丈夫にすることがとても重要なのです。下痢の改善も腸を丈夫にすると自然と改善されていきます。

腸内環境を整えるのに必要なサプリメントを利用すると、下痢の改善が一段と早くなります。試してみるのも一つの方法です。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない