下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因は酸性腐敗便

下痢の原因は酸性腐敗便に
下痢になる原因は様々ですが、体内で発生する「酸性腐敗便」が原因で下痢をすることがあります。
「酸性腐敗便」とは、食べたものが腸内で腐り、強い酸性を示す便のことです。



食事の質、量、食べ方や消化状態によって消化が充分に行われなかった場合、腸内では食べ物が腐敗発酵し、腐敗分解酸性物質が多量産生されます。

つまり、揚げ物や脂の多い肉ばかり食べていると食べた物が十分に消化されないで、腐敗菌がどんどん増え、毒性の強いタンパク質由来のアミン類が発生し、身体に害を及ぼします。

健康な腸内の液性は中性ですが、腸内の腐敗の度合が高くなると、硫化水素や硫酸塩、有機酸類など悪臭を放つ強酸性物質が産生され、腸内が強く酸性化します。

このような酸性腐敗便は通常、すみやかに下痢として体外へと排出されます。ですからそもそも下痢は、自分の健康・生命を守るために、このような毒性の強い腐敗産物を一刻も速く体の外に出そうとするのです

したがって、体の機能が正常であれば、高度の消化不良による大量の腐敗産物産出の危機が訪れた際には、下痢が自然と生じ、健康や生命が守られるように人間の体はうまく作られているのです。

下痢が続く原因
 
逆に言えば、健康や生命の損なわれることが起こるのは、下痢便をすみやかに体外に排泄できないような事態が生じた場合なのです

心臓発作と脳卒中の発作はトイレや便意を催してトイレに行こうとして立ちあがった途端に起ることが多いと分かっています。

このような場合には、毒性の強い極めて多量のタンパク性アミン類が血液中に吸収され、心臓発作や脳卒中発作が発症すると言われています。

また、十分量の酸性腐敗便が排泄ができず、腸内でタンパク性アミン類の吸収が進んでしまった場合には、昏睡状態に陥ってしまう事態が発生します。

そして、意識が失われてしまうと、糞便の排出は極めて困難となり、さらに深刻な事態へと陥ることとなることが起こるのです。

このような酸性腐敗便は悪臭を放つ下痢便ですので、将来深刻な病気にならないためにも自分の食べる物や腸内の環境をしっかり見直すことが大切です。腸内の環境を整えるのに必要なサプリメントは腸内で酸性腐敗物質をつくらないよう応援します。



PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない