下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・空腹と冬の季

下痢の原因は空腹と冬の季節
下痢の原因は人によって大きく異なります。体質的にお腹が弱い、習慣的な事でお腹の調子が悪くなる。またウイルスや細菌などで下痢になるなど、下痢の原因は多岐にわたります。



病的でない下痢は、日常生活からが下痢の原因となることがあります。 

例えば、下痢でお悩みの方の大半は、ご飯を食べるとトイレに行きたくなる、という傾向にあるようですが、その逆で空腹でも下痢をしてしまうことがあります。 



空腹時に下痢になる原因
お腹が空くと胃が収縮し、グーッやギュルギュル、ゴロゴロと音が鳴ります。お腹が空くとお腹が鳴るのは当たり前ですが、特に過敏性腸症候群の場合、これが原因で下痢をしてしまうことがあります。

過敏性腸症候群になると、腸に対するあらゆる刺激に弱くなります。

また、普通の人よりも冷えに弱くなりますし、食事をとっただけで下痢をするようになったりと、名前の通り様々な刺激に「過敏」になってしまうのです。

下痢で辛い

そのため、空腹時の刺激も同じように、下痢の原因になることがあります。お腹が空くと胃が活発に動き始めますが、この動きが腸に伝わり、ぜん動運動も活発になって激しく動き、下痢を引き起こします。

下痢が続く原因

過敏性腸症候群の場合、1度トイレで下痢をすれば改善することが多いですが、空腹時の下痢の場合は、食事をとるまで続くことも多いです。

胃が空っぽになっているために下痢を起こしているので、なにか食べないと胃が激しく動き続け、下痢が続いてしまうのです。

また、この空腹状態を意識するのも影響します。「お腹がすいてきたな、また下痢しちゃうかも・・・。」というように、お腹の状態を意識するせいで余計にストレスが増え、さらにひどい下痢になります。


食べたせいでさらに下痢をする場合も
この下痢の厄介なところは、ただ食べれば良いわけではないということです。空腹の状態で食事をとると、さらに下痢の症状が悪化する場合があります。

過敏性腸症候群は、あらゆる刺激に対して過敏になっている状態です。そのため、お腹が空いているからといってドカ食いしたり、重たいものを食べると胃がびっくりしてしまい、下痢になります。



食後に胃・大腸反射という仕組みがあり、胃に食べ物が入ることで腸が動き、便意が起こります。空腹時は胃・大腸反射が強くなるため、下痢になりやすいのです。

①昨日は丸一日何も食べなかった
②最後に食べてから12時間経った
③お腹が鳴りまくるほど空腹

このような状態で食事をとると下痢をする可能性が高くなります。なので、食事と食事の間隔が空いてしまったら、刺激が弱いものからゆっくりと食べるようにしましょう。

<また、空腹の時間が長くならないように、間食をするのも下痢の予防に繋がります。
下痢の原因はアルコールに
冬は食べ過ぎ、飲みすぎにもご用心
15~69歳の男女1200人を対象に、2015年3月24日~3月26日に行なった調査によれば、冬に下痢になることが「よくある」または「時々ある」と答えた人は24%(288人)。春16/%、夏23%、秋16%を上回っています。 

冬のお腹のトラブルを経験したことがある693人に、下痢の原因を聞いたところ、冷え30%、風邪21%、ストレスや緊張20%、食べ過ぎ20%、酒の飲み過ぎ13%との調査結果もあります。 


男性は、酒の飲み過ぎが多く、30代、50代、60代でトップ。女性は、冷えが50代を除くすべての年代でトップ。10~40代では、およそ4割とずば抜けて高い数値です。 

暴飲暴食すると、水分を吸収するペースが追いつかないため、酒を飲み過ぎれば、水分と電解質(ナトリウム、カリウム、クロールなど)が増え、脂肪や糖類の分解・吸収が遅れます。その結果、下痢になりやすくなるのです。 



「腹は立て損、喧嘩は仕損(しぞん)」。腹立ち紛れにケンカに及んだり、イライラしていないで、ここは腹を据えて、腹の皮をよじって大笑いでもすれば、ストレス解消になります。

男性は、酒を控えめに! 女性は、体を冷やさないように! 冬のおなかのトラブルは、まずそこを押さえておきたいものです。



腸内環境を強化しよう
快便こそ「健康に良きること」の基本と言われます。腸の働きは食べた物から栄養を分解・吸収して排泄物を形成することです。

これらがスムーズに行われることで、腸内の別の働きも活性化するのです。その一つが、人が外部から摂り込んだものの中で有害なものを、異物に対処するための免疫機能です。

そのため小腸の働きが弱まると、風邪などひきやすくなったり、疲れが取れにくくなったり、結果下痢にもなってくるのです。まずは腸内環境を整えて腸の働きを活性化しましょう。

すると下痢も薬に頼らなくても自ら改善していくのです。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

冬に起こる下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら