下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・ピーナツ

下痢の原因は人によって様々ですが、昔に比べると体の害となるものを多く摂取している事は間違いないようです。

下痢の原因はピーナツ

しかも有害なものを排出する食物せんいや腸内の善玉菌の数も減っています。ですから、下痢の原因の多くは身近な食べ物などから始まる場合があります。

身近な食べ物としては今までで食べても下痢をしなかったのに、なぜか下痢になってしまったという場合があります。下痢の原因はどこにでも存在します。例えばピーナツが下痢の原因になることがあります。

なぜピーナツが下痢の原因となるのかご一緒に考えてみましょう。

ピーナツの健康効果

ピーナッツはマメ科の一年草で、原産は南アメリカです。地下で結実することから、「落下生」、「地豆」などとも呼ばれています。

ピーナッツひとつまみでご飯二杯分ぐらいのカロリーがあり、栄養バランスのとれた理想的なスタミナ食品ともいえますが、食べ過ぎには注意が必要です。

ピーナツは昔からある食べ物で、どこでも気軽に買えることも大きな魅力です。ピーナッツの栄養成分は豊富で様々な効果があります。冷え性の改善、動脈硬化、心臓病、高血圧などを予防する作用があります。

また女性にはとても嬉しい食べ物で、ビタミンEが含まれているので、アンチエイジング効果もあります。おつまみやおやつとして最適なものですが、美容にもよいと聞くとついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

ピーナッツを食べ過ぎると便秘や下痢、他の症状

ピーナッツを食べ過ぎると腹痛、下痢や便秘、胃痛・頭痛が起こることがあります。 しかもピーナッツはカロリーが高いので、食べ過ぎると太ってしまいます。

ピーナッツは一日約30粒が適量。どんな食品にも言えることですが過剰摂取はやめましょう。ピーナッツの脂肪が太りにくいと言っても高カロリー、食べ過ぎには注意です。

ピーナッツだけを食べるのではなく色々な食材をバランスよく食べましょう。

また、ピーナッツに含まれているビタミンは消化吸収率があまりよくありません。ですから、食べ過ぎてしまうと消化不良を引き起こし、お腹が痛いという症状が出てくる場合があります。

胃腸が弱い方だと、お腹を壊して下痢になることもあります。

ピーナッツの食べ過ぎによる腹痛の対処法と予防

食べたものがなんであれ、食べ過ぎによる腹痛や下痢は頻繁に起こることでなければ、それ程心配することはありません。
便秘になってしまった場合は、便秘マッサージや軽い運動、水分摂取、腸内環境の改善などに力を入れれば、すぐに腹痛はおさまるでしょう。

もし消化不良により胃が痛かったり、下痢になってしまった場合も、症状が治るまでは消化に良いものを食べ、冷たい物は飲まないなどという対策で十分です。

ピーナッツによる腹痛を防ぐ為には、当たり前ですが食べ過ぎないことが肝心です。特にお酒のおつまみとしてピーナッツを食べ過ぎると、アルコールの作用も重複して、お腹が痛くなりやすいでしょう。

食べ過ぎに気をつけることが難しいかもしれませんので、最初からピーナッツの量を調整しておくといいかもしれません。1日の適量は30粒まででしょう。

ただ、ピーナッツに含まれるビタミンは、多く食べ過ぎると肝臓に溜まり負担をかけます。

ピーナツアレルギーに注意

ピーナツは蕎麦や卵などと同様アレルギーとして表示義務のある食品です。アレルギーの方は摂取をお控えください。

輸入物のピーナツには注意

また、輸入物のピーナッツの場合、たまにですが、ピーナッツの皮などにカビが発生していて それが原因で腹痛や下痢、吐き気、嘔吐などの症状が出ることがあるようです。

ピーナッツ類から検出されたアフラトキシンはカビ毒であり、“自然界最悪”とされる強い発がん性があります。ダイオキシンよりはるかに強い毒性です。

カビ毒アフラトキシンを避けるには

1)発展途上国からの輸入品をできるだけ避ける、出来れば国産品を選びましょう。

2)地元産のものほど良い。
国産品の中でも、さらに地元産のものである程良いです。これは、輸送時間が長ければ長いほど、カビ繁殖のチャンスが大きくなるからです。

3)信頼出来る農家から買う。
一番良いのは、ファーマーズマーケットや産直市場等で地元の農家から直接食品を買うことです。しばらく通っていたら、 味だけでなく、安全面や衛生面にも力を入れている お気に入りの農家や農場が見つ るかも知れません。

4)加工してある方がリスクは高い。
 ナッツ等をそのままの形ではなく、 小さく砕いた状態、パウダー状にしたもの、又は欠片になってしまったものを集めて売っていることがありますが、こういった加工が施された食品ほど、アフラトキシンの険性が高いと言われています。

特に、産地が明記されていないものは絶対に避けた方が良いです。 色んな地域、または世界中のあちこちから安価なナッツだけを買ってきてMIXしてある可能性が高いからです。
こういった商品は、味も良くないし、 安全面でもリスクが高くなります。

5)蒸し暑い環境で売られているものは買わない。
アフラトキシンは「カビ」なので、 暖かくジメジメした場所で繁殖します。カビが好むような環境で売られている ナッツ、シード、穀物類は出来るだけ買わないようにした方が良いです。

6)涼しく乾燥した場所で保管する。
ナッツや油っぽい種類は常温だとすぐに酸化して風味の劣化も著しいので、冷蔵庫など涼しい場所で保管しましょう。

7)オーガニックも非オーガニック品と同じ。
カビ毒はどこでもいつでも繁殖します。本当にクオリティや安全性にこだわっている オーガニック農場であれば土壌や収穫後の食物の管理等も行き届いて、元々のリスク自体は多少少ないかも知れませんが、カビ菌はいつもそこに存在しているので、キッカケがあれば、カビ毒を作り始めます。購入後の安全管理はしっかりしましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢改善には腸内フローラを整えましょう

お腹が弱いと、少しの刺激でも下痢になるなど、辛い症状に悩まされます。お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「腸内フローラ」を整えることが重要なのです。

腸内フローラは腸内善玉菌が集団で固まっているという事です。丁度、野原にきれいに咲いた花畑が一面に覆われているような状態です。

この様に腸内がきれいな環境になると腸内活動が正常化し、有害な物などが入ってきても腸内でしっかり処理してくれますから、健康を維持できます。下痢の改善も腸内環境が整えれば早くなります。
腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら