下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・みかん

下痢の原因はみかん
下痢の原因は様々です。主に精神的な事が原因で過敏性症候群の下痢になり、長年下痢に悩まされている人が多いものです。

また病院へ行っても、薬をもらっても下痢が続き、様々な薬などを模索しながら長年下痢と闘っておられる方もいます。



こうした原因不明の下痢は多いものですが、中にはこんなものまでもが下痢の原因になるとは知らなかったという食べ物もあります。

これから秋から冬に出回るみかんもアレルギーを起こす可能性があり、下痢になるなどの症状があらわれる事があります。

みかんアレルギーとは
一見、食物アレルギーを起こしそうにないみかんですが、アレルギー反応を起こすことがあることをご存知でしょうか。日本のみかんは。正確にはウンシュウミカンという種類で、様々な栽培品種がある果物です。

食べると発がん抑制効果や、動脈硬化予防にもなり栄養面でも注目されています。そんな健康に良いみかんですが、仲間であるオレンジは、アレルギーが起こりやすい食品・20品目に入っています。

ですから、アレルギーを起こす可能性、全くないというわけではありません。花粉症との関係性もあるので、花粉症を持っている人は、何の花粉に反応するのか確認しておくことがおすすめです。

みかんアレルギーを疑う場合、オレンジを使用した食品や、オレンジのアロマを使用した物にも反応する確率があるので気を付けましょう。



みかんアレルギーになる原因は何か?
 みかんなどの果物にアレルギー反応を起こす、果物アレルギーの人は、花粉にも反応すると言われています。みかん・メロン・トマトの場合、イネ科花粉に反応します。

例えば、イネ科の植物に対して花粉症が出てきて、そのあとみかん・メロン・トマトを食べると、以前は何もなかったのに口がかゆくなるというケースが当てはまります。

これは交差抗原と言います。果物と花粉のアミノ酸配列はそっくりで、ほぼ同じ配列を持つたんぱくが、2種類以上の食品に反応してしまうのが交差抗原なのです。花粉症を持っている場合、交差抗原が起こりやすいので注意する必要があります。

農薬が原因で起きるアレルギー
 スーパーなどで販売されている果物や野菜は、輸入品が多くなっています。輸入した果物や野菜を摂取する場合に、気になるのが使用している農薬ではないでしょうか。

ポストハーベストと言う、言葉を聞いた事があると思いますが、これは害虫やカビ防止を目的として使われている農薬で、輸入されている果物や野菜に使用されています。



この農薬は、アレルギーの発症と深く関わりがある事が指摘されており、みかんやグレープフルーツ、バナナなどの果物の他、野菜にも使用されています。

また、生の野菜や果物だけでなく、ジュースやジャムなどの加工品にも、含まれている場合がありますので注意して摂取しましょう。

ラテックスアレルギーとの果物アレルギー
アレルギーの原因は、食品の中に含まれる、生体防御たんぱくというものに起因します。バナナ・アボカド・キウイ・イチジク・メロン・桃、ミカンなどにアレルギーがある人は、アレルギー反応を起こすこともあります。

このたんぱくはラテックス(天然ゴム)にも含まれていています。

ラテックスは天然ゴムに含まれる主成分です。天然ゴムが使われている製品は、医療では、医療用手袋、尿や血管に入れる管であるカテーテル、絆創膏(ばんそうこう)など、家庭では、炊事用手袋、ゴム風船、輪ゴム、コンドームなどの日用品などです。

この反応をラテックス・フルーツ症候群と言い、特に多い症状には口の周りや中がかゆくなる、口腔アレルギー症状があり、重い場合は全身に症状が現れます。

それは、果物や野菜が熱や消化酵素に強いため、体の多くの場所でアレルギー反応を起こしてしまうと考えられています。

みかんアレルギーの症状
1・口腔アレルギー症状

みかんを食べて出るアレルギー症状で代表的なものが、口腔アレルギー症状です。これは特定の果物を食べると、口の中や周りがかゆくなったり、赤くはれたりするものです。中には喉の奥に違和感がある人、かゆくなる人もいます。

口腔アレルギーを引き起こす物質は、果物と花粉の中に入っている物質と似ていて、その結果アレルギー症状が出てしまうと考えられています。みかんの場合、イネ科の植物・カモガヤ・オオガワガエリの花粉に反応します

大人や年長児は花粉症になってから口腔アレルギーが起き、年少児は、同じものを繰り返したくさん食べることにより発症します。花粉症を防ぐことは難しいですが、みかんを食べ始めた子供には、多量に与えないようにしましょう。

吐き気と下痢


2・下痢や嘔吐など消化器症状
 みかんのアレルギー症状には、下痢や吐き気があります。みかんを食べてお腹を下したり、吐き戻したりした場合には、すぐに食べるのをストップします。そのあとは、呼吸困難や発熱がないことを確認します。

赤ちゃんの便は水っぽいので判断が難しいですが、しばらく吐き気や下痢が続く場合は、小児科を受診して下さい。

下痢や嘔吐の原因は、みかんアレルギーだけでなく、他にも原因があることもあります。例えば食べ過ぎで消化不良、お腹が冷えた、胃が受け付けない、食中毒などが挙げられます。

この時、口の周りが赤くなってかゆくなれば、アレルギーの可能性が高いです。しかし、下痢や嘔吐の消化器症状だけの場合は、原因特定がされないこともあるので、様子を見ることが必要です。

3・酷い場合アナフィラキシーショックになることも
 みかんを食べて口の周りがかゆくなったり、下痢や嘔吐をしてしまったりした場合は、最悪アナフィラキシーショックになることもあります。

食物アレルギーで一番多い症状は皮膚症状ですが、症状がどんどん重くなると呼吸症状、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こします。

アナフィラキシーショックは、短時間で体全体にアレルギー症状が発症するので、早目の対応をしなければ命の危険にも関わります。一度アナフィラキシーショックを起こしたことのある人は、医療機関で処方してもらって携帯しておくといいでしょう。

重要なことは、自分のアレルゲンが何か知ることですので、血液検査をしてもらった上で、アレルギー対策をしていけば危険を避けることができます。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!


腸内環境を強化して下痢の改善
アレルギーを起こす原因の多くはアレルゲンですが、腸内環境を良好にするとアレルギーは減少します。

腸内が正常な働きをすれば、食べ物による症状が解決できることが多いからです。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事