下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因はビール

下痢が続く原因は様々ですが、今まで下痢をしなかったのに急に下痢が始まり、下痢がなかなか治らないという方もおられます。

下痢が続く原因はビールに?!

下痢は加齢による身体の変化が原因の事も時にはあります。
仕事の後には楽しみがほしくなるものです。家に帰って一杯やるのが楽しみだ、という方も多いのではないでしょうか?

しかし、ビールを飲むと下痢になる、という方が多いのも見逃せない事実としてあるようです。若い時はいくらビールを飲んでも下痢にもならなかったという人もいるでしょう。

ビールは『ジョッキ』が大きいので、一度気に『たくさんの水分』が消化管の中に入ります。すると『大腸の水分吸収能力をオーバー』してしまう場合があります。

その時には当然『下痢状便』になります。それ以外の理由としてはアレルギーも考えられます。

 アレルギーの場合:ビールの原料は、a:麦芽とb:ホップが主成分です。

ビールは別名『液体のパン』と言われていますが、『小麦アレルギー』の人が『ビール』を飲むと、『小麦』の中の『グルテン』に反応して『下痢』を起こします。

これは『セリアックスプルー[グルテン感受性腸症候群]』と言われ、パンを主食とする『白人』に多く報告されています。近年『パン食』が普及するにつれ、日本人にも『セリアックスプルー』患者さんが増加している事が予想されます。

下痢の原因は小麦に

この『小麦アレルギーの方の場合』には、『ビール』はあきらめて戴くしかありません。

そうでない方で、どうしても下痢をせずビールが飲みたい方には、以下の様な方法があります。

それは『経口的減感作療法』と呼ばれるものです。『経口的減感作療法』のやり方は、始めは『コップ半分のビール』を飲みます。

次の日は『コップ2/3のビールを飲みます。』次の日は『コップ1杯のビール』を飲みます。このようにして徐々に量を増加させていきます。

すると人間の色々な器官は同じ刺激を続けると慣れてしまい反応が鈍くなるという事実があります。つまり、ビールの刺激に身体を慣れさせていくということですね。

これを応用して治療が行われているのに、『スギの特異的減感作療法』や『ホコリの特異的減感作療法』があります。ただ毎日飲んでいたのが急に下痢をするようになった、という場合にはこの方法は使えないでしょう。

はじめに戻りますが、水分の摂取量が大腸の能力を超えてしまっていることが考えられます。またビールは水分ですから、胃酸も薄まってしまいます。

それはイコール消化力が落ちる事にもなるのです。そこに油っこいものやおつまみをがばがば食べることで、弱った胃腸をさらに痛めてしまう、なんてことも考えられますね。また加齢による体の衰えからくることもあります。

 下痢は身体と向き合うありがたいチャンスです。ご自分の体と相談されながら、適量のビールを加減して飲むようにしましょう。

下痢も自分で原因を作っているものが多いものです。長年の習慣などで下痢になりやすい身体にしてしまったのです。

下痢は自分と向き合う良いチャンスですので、この機会に下痢を治すだけでなく、体全体のメンテナンスをするのだという思いで改善しましょう。

健康で長生きの人は腸内環境がとても良い人です。腸内が正常な働きをするということは体全体が正常に働くので、病気知らずの丈夫な身体に変わります。

まずは腸内環境をしっかり整えましょう。腸内環境を良くするのに必要なサプリメントがあります。下痢が続く原因を改善するのが早くなります。上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

食べ物・飲み物による下痢の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら