下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因・ガン患者

下痢の原因は色々ありますが、ガン患者さんの方は手術後に、下痢が続いたりして困っているなどとよく聞きます。ガンの方の下痢でもっとも多いのは、ガンの治療として、化学療法、放射線療法、骨髄移植または手術などが原因で起こる下痢です。

下痢の原因・・ガン患者さんの下痢

 その他の下痢の原因として、抗生物質療法、がんと診断されたことやがん治療を受けることによるストレスと不安、感染症などがあります。感染症は、ウイルス、バクテリア、真菌、または有害な微生物により起こります。

抗生物質が続く下痢の原因に

抗生物質療法をすると、抗生物質は細菌を殺す薬ですから腸内細菌まで死んでしまいます。腸内環境は悪化し、悪玉菌が増え、腸内層の炎症を引き起こしたりして数日間下痢が続く症状があらわれる場合があるのです。

ガンが、続く下痢の原因にも

ガンそのものが原因で、あるいは今まで食べても下痢にはならなかった物で下痢になったりする場合があります。その場合は下痢になる食べ物を避けましょう



手術が下痢の原因に

 

 胃や腸の手術は正常な腸機能に影響を与えますので、下痢になる事があります。化学療法薬の中には、小腸での栄養素の分解や吸収に影響を与えて下痢の原因となるものもあります。 
食べ物による下痢

放射線療法が続く下痢の原因に

また、腹部や骨盤への放射線療法が腸の炎症を引き起こし下痢になる事があります。これらの症状は、治療後8~12週間も持続する場合もありますし、また治療後数ヵ月または数年間起こらない場合もあります。

 化学療法と同時に放射線療法を受けている患者さんは、激しい下痢になるようです。そのような下痢は脱水症状などを起こして生命を脅かす場合がありますので、病院で治療を受けましょう
001
 ガンの方はガンが発生する前から腸内環境が非常に悪化している人が多いようです。食事療法で腸内細菌(特に善玉菌)を増やすようにしましょう。腸内善玉菌を増やすサプリメントなどがありますので、食事療法をしながら利用すると効果は倍増します。上手に利用してみましょう。

下痢の改善は良好な腸内環境から

急な下痢、慢性的な下痢は殆どが腸内環境の良し悪しが関係しています。腸内環境が整っていると身体に害となるものを素早く排出します。

この時は一過性の下痢になることがありますが、慢性的な下痢になることは殆どありません。腸内が正常に働くように、腸内の環境をいつもきれいに整えます。

しかし腸内環境が悪いと、腸内の正常な働きができなくて下痢をはじめ様々なトラブルが発生します。

なぜなら、腸内では免疫力の活性、消化吸収、ホルモンや酵素の産出、体温調整、毒素排出など様々な基礎的な代謝が行われているからです。体の免疫細胞の60%以上は腸内にあるんですよ。

腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

また、ガンを患っている方の多くは、おならの臭いが臭かったり、便の匂いがとても臭いという特徴もあります。

これは腸内環境が悪いという体からのSOSのサインです。



食生活を改善し、腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な不調の九割は解決されやすくなります。ガンの方は特に、食生活を改善すると同時に、腸内環境を良好にするサプリメント等を上手に利用して健康回復に取り組んでいきましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない