下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

ビタミンCの過剰摂取

下痢の原因はビタミンCの摂り過ぎによる
下痢の原因は様々ですが、身体に良いと思って摂り続けたことが下痢の原因を作ることがあります。



例えば、夏のスキンケアには欠かせない、風邪予防に欠かせない成分と言えばビタミンCですが、摂り過ぎも体に毒になり、結果、胃腸に負担をかけ下痢になることがあります。なぜビタミンCの摂り過ぎが下痢の原因となるのでしょうか?


一日に必要なビタミンC量は?
ビタミンCには多様な生理作用、薬理作用があり、健康維持、疾病予防の観点から、十分な量のビタミンCを摂取する必要があります。

ビタミンCは体内で溜めておくことができなく、排出されるのが早い事もあり、こまめな摂取によってビタミンC不足にならないように気を付ける必要があります。一日数回、多めに摂るのがよいようです。

ビタミンCの一日に必要な厚生労働省が定めるビタミンC所要量は大人で100mgです。また妊婦の方や授乳中の方は、普段の生活とは違い赤ちゃんにも成分が奪われてしまいますので、少し多めに110~150mgまで増やす必要があります。

しかし、これらはあくまでビタミンC欠乏症による病気予防するための量です。体調が悪い時はとくに消費スピードが早くなりますから、健康な時と不調な時では必要量が変わってきます。さらに、喫煙者などはたばこ1本数毎に25mgものビタミンCが奪われてしまいます。

喫煙者も少し多めにビタミンCを摂取するようにしましょう。幼児の場合は これより少なめで、また妊婦の場合はこれより多めに摂取することが推奨されています。


ビタミンCの摂り過ぎが下痢の原因になる
ビタミンCには緩化作用(便を柔らかくする)があります。したがって便秘症の人は お通じが良くなったりするばあいもあります。しかし、一度に多量のビタミンCを摂ると、下痢や膨満感・オナラの原因になったりします。



それは、ビタミンCは酸性の強い物質なので、一時的に喉焼けや胸焼け、 胃痛といった症状が現れ、酸として作用することと、ビタミンCの腸内分解によって発生するガスによって、腸内の善玉菌の活動が活発になり過ぎて、腸の動きが高まるためと考えられます。


一過性のものなので心配はいりませんが、 気になるようでしたらビタミンCを空腹時ではなく食後に摂る、あるいは摂る量を少量からはじめて様子を見ながら少しずつ増やすといったことをおすすめします。しかし、ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンなので、食事と一緒でなくても 十分体に吸収されます。また、風邪の引き始めや疲れを感じた時は、すぐに摂りましょう。


夏のスキンケアと思っても摂り過ぎると
夏のスキンケアには欠かせないビタミンCですが、一度に多くのビタミンCを摂取すると、すぐに下痢のような症状を起こしてしまいます。下痢をすることで水分がたくさん体内から出ていってしまうので、せっかくビタミンCを取っても水分不足でお肌にも影響が出てしまいます。


また、ビタミンCは一度肝臓で処理されますが、摂取量が多いと肝臓にも負担をかけてしまうので、とても疲れやすくなります。少し取りすぎかな? という程度なら必要分以上のビタミンCは尿として排出されますが、過剰に摂取すると、下痢や吐き気といった一般的な副作用だけでなく、ごくまれにですが腎機能に関連する副作用も報告されています。

摂り過ぎは体に負担をかけ、お肌への影響もありますので、摂り過ぎに注意しましょう。



合成ビタミンCも天然ビタミンCも同じ働き
ビタミンCには 天然ビタミンCと合成ビタミンCがありますが、どれも栄養成分的に違いはありません。 ビタミンCはL-アスコルビン酸と言い、果物や野菜に含まれる天然に存在するビタミンCも、合成のビタミンCもいずれもL-アスコルビン酸に変わりはありません。

病院で薬として処方されるビタミンCもやはり合成ですが、しっかりとその働きを果たしています。風邪の予防や撃退に、ガン細胞の駆逐に。紫外線対策に。お肌の透明感アップに適度に利用しましょう。


普段の食事から天然ビタミンC摂取を
ビタミンCは普段の食生活から取ることで十分な摂取量を補えます。冬場は特にビタミンCが豊富な果物や野菜が豊富です。

例えば、みかんなら一日に2~3個程度食べると、丁度良い量のビタミンCが摂取できます。また、野菜なら白菜や小松菜などはとてもビタミンCが豊富です。基本的には食後で摂る方が吸収効率が良いと言われています。

そのため、サプリメントなどでビタミンCを補わなくても十分手軽な食材で摂取可能です。もちろん一度に取りすぎないように気を付けなくては、お腹がゆるくなってしまうので、無理に食べ過ぎたりしないようにしましょう。



腸内環境を強化しよう
「元気の元は胃腸」からと昔から言われています。腸は健康になるための一番の基本です。生活習慣病による病気の殆どは腸内環境を正常にすることで治っていきます。

下痢で悩んでおられる方も腸内環境をしっかり整えることで改善されていきます。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら