下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・ガン治療

下痢の原因はガンの治療中

下痢の原因はガンの治療中に起こる場合があります。ガンになると精神的なストレスや薬などによるケミカルストレスが大きくのしかかってきます。この様なストレスは病気に加えて身体にダメージを与え、下痢などを引き起こします。ではガン患者さんの下痢の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。ご一緒に考えてみましょう。

ガン治療中に起こる下痢の原因

① 化学療法
②放射線療法
③骨髄移植
④手術などのガン治療
⑤精神的ストレスの心理的負担
⑥ガン以外の病態や疾患
⑦感染
⑧刺激の強すぎる食事

①化学療法
一部の化学療法や標的療法薬は、小腸における栄養素の分解や吸収の過程を変化させ、下痢を引き起こします。化学療法によるガン患者さんの半数以上は治療の必要な下痢が生じています。

②放射線治療
腹部や骨盤への放射線療法は、腸の炎症を引き起こすことがあります。こうした治療を受けると、食物の消化不全、ガス、鼓脹、痙攣、下痢などの症状が見られます。下痢をはじめこうしたの症状は、長くて治療後8~12週間くらい持続する場合があります。ガン患者さんの中には治療後数ヵ月または数年間にわたって起こらない場合もあります。放射線による下痢の治療法には、それぞれ程度によって異なりますが、食生活の変更、医薬品、手術などがあります。

*放射線療法と化学療法を受けている患者さんは、激しい下痢を経験することがよくあります。入院治療の必要がない下痢もありますが、外来診療所や在宅ケアで治療が実施されます。静脈内への水分補給が行われ、薬剤が処方されることもあります。

③骨髄移植
ガン患者さんはドナーからの骨髄移植を受けると、移植片対宿主病(GVHD)が発生する可能性があります。胃と腸に現れるGVHDの症状には、吐き気と嘔吐、重度の腹痛と痙攣、水っぽい緑色の下痢便があります。これらの症状は、多くが移植後1週間から3ヵ月の間に起こります。

④手術によるガン治療
胃ガンまたは大腸ガンで手術すると、消化機能が衰えてきます。手術後しばらくの間は細かくきざんだり、やわらかく煮込んで、消化の良い食事をするようにしましょう。食べ物が未消化のまま腸内に流れ込んでいくと、消化不良となり下痢になる場合があるのです。

また、大腸の手術をすると、大腸からの水分の吸収が減少することにより、軟便や下痢になりやすくなります。

⑤精神的ストレス
ガンと診断され、治療を受けていることによるストレスと不安は腸内環境を悪化させます。腸内環境が悪化し善玉菌が減り、悪玉菌が増えると腸内には有害物質が多くなり下痢になりやすくなります。

⑥ガン以外の病態や疾患
消化器以外の原因の下痢は甲状腺の病気、副甲状腺の病気、腎臓の病気、糖尿病なども下痢の原因になります。原因不明の長期の下痢の患者さんで内視鏡では異常がない場合はこれらの検査も必要です。

⑦感染
ガン治療中でもウイルス感染などすることがあります。特定の感染症で抗生物質療法を受けると、薬が腸の内壁を刺激し、治療により改善しない下痢を引き起こす場合があります。また薬を止めると下痢が治る場合もあります。

⑧刺激の強すぎる食事
繊維や脂肪を多く含む特定の食物はガン患者さんにとって消化の負担となり、下痢を起こしやすくなります。普段の食事で、食欲があったとしても、病気治療中だと認識して消化の良いもの、刺激物の少ない物、添加物の少ない物を選んで食べましょう。

下痢は生命を脅かす場合があるため、早急に原因を突き止め、治療を開始することが大切です。ガン治療中は身体が弱っていますので、特に注意しましょう。

腸内環境を強化する

「元気の元は胃腸から」と言われています。ガンをはじめとする生活習慣病の殆どは腸内の悪化により発生します。ですから腸な環境を良好にすれば回復は早くなります。腸内環境を良好にするサプリメントがりますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら