下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因・せんいと豆乳

下痢が続く原因…食物繊維不足&豆乳

下痢が続く原因は様々あります。病気、ストレス、睡眠不足、食事など全てが下痢の原因につながってきます。


下痢を改善する為に食事内容、生活リズムを規則正しくするのはもちろん、みなさん腸内環境を良くしようと乳酸菌などをできるだけ摂取されていることでしょう。乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌など善玉菌と言われるものは積極的に摂っていただきたいのですが、その善玉菌を有効的に増やすためには「プロバイオティクス」と言われるものが必要なのです。

プロバイオティクスとは
腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。その代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。

下痢の改善に期待!プロバイオティクスの働きを助ける食品

1.水溶性食物繊維(水に溶ける食物繊維)→ 腸の蠕動運動を活性化。
腸内細菌により分解されて腸内環境を改善してくれる。水溶性食物せんいを多く含む食品は、ヌルヌル、ネバネバしているのが特徴です。ワカメなどに含まれているアルギン酸、ラミナリン、こんにゃく、山芋、里芋に含まれているマンナン、果実類のリンゴやオレンジイチゴなどをジャムにする時固める成分であるペクチン等が代表的なものです。

納豆、果物、抹茶粉末、ピュアココアなどに多く含まれていますが、納豆は不溶性食物せんいもたっぷり含んでいます。

2.不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維)→ 便の量を増やしてくれ、腸の蠕動運動を促進(便通改善)。
不溶性食物せんいは野菜、穀類、芋類、果実類に含まれているセルロース、ヘミセルロース、リグニンや玄米、ふすまなどに含まれているキシラン等があり、米みそ、大豆や小豆などの豆類、きのこ類、ごぼうなどに多く含まれています。これらはいかにも口あたりがボソボソしたものです。

3.オリゴ糖 → 善玉菌のエサになり腸内環境を改善。
オリゴ糖ですが、糖質と混同されてしまいます。両方とも名称に「糖」という文字を含んでいるため、両方が同じような働きをすると思われてしまっているからなのかもしれません。しかし、消化性に違いがあり、オリゴ糖の方が消化性が良いです。

また、善玉菌が死んでしまってもそれ自体が体内に滞在することで腸内環境を整えてくれますし、死菌も便となってくれるのですが、プロバイオティクスを合わせてしっかり摂られた方が、腸内環境ははるかに良くなるということです。

お腹の弱い方は、食物繊維を摂ると下痢になってしまったり、下痢が加速するのではないかと心配される方も多いです。が、食物繊維を摂ることはとても重要で、便の形を作ってくれたり、善玉菌を育ててくれたりと、なくてはならない存在なのです。

下痢の原因になる大豆に注目

食物繊維は色々な食材に含まれていることはおわかりいただけると思いますが、その中で注目していただきたいのが大豆です。大豆は味噌、醤油、納豆など形を変えている加工食品もありますし、大豆そのものの食品もあります。大豆が下痢の原因と考えられてことはございますか?

味噌、醤油、納豆などの大豆発酵食品を食べても実はあまり下痢の原因にはならないのだそうです。なぜなら発酵させていることから、消化吸収がとても良くなるので、胃腸への負担が減るからだそうです。

一方、大豆そのものは未発酵状態である為、消化吸収が悪く、胃腸への負担が大きいのだそうです。ですので、お腹の弱い方が量を考えて召し上がらないと、ガスが溜まったり、下痢の原因となってしまうのです。

大豆は健康に良いということが言われており、健康に気をつけている方は豆乳を毎日飲むというお声も伺います。お腹に自信のある方は全く問題ないと思われます。豆乳は発酵食品ではありません。大豆をそのままと飲んでいることになりますので、お腹の弱いかたが豆乳で下痢になっていてもおかしくはありません。

また、豆乳にはマグネシウムが豊富に含まれています。マグネシウムの摂り過ぎは下痢の原因となります。下剤にはマグネシウムが含まれています。成人のマグネシウム摂取量は75㎎~300㎎とされていますが、

200mlの豆乳には55mg程度マグネシウムが含まれる為、お腹の弱い方が豆乳をガンガン飲んでしまうと、消化吸収が良くない上に下剤を飲んでいるといってもおかしくない状況になってしまいます。

自分の健康の為と思いながら続けていることが、反対にご自分の体調不良につながることも多いにあります。下痢でお困りの方、一度ご自分が続けていることを考えてみましょう。

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。胃腸が丈夫であれば消化の悪い食べ物でもおなかを壊さずにすみますが、腸内環境が悪いと、消化も良くありません。必然的に食べた物の消化力が落ち、消化不良を起こして下痢になることがあります。ですから、日頃から腸内環境を整えておくことが健康の秘訣なのです。下痢がなかなか治らない方は早急に腸内環境をしっかり整えてみましょう。下痢の改善は早くなります。


PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない