下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因は食物アレルギー

突然下痢になったなど下痢を引き起こす原因は様々です。

下痢の原因は食べ物アレルギー

昨年までは普通だったのに今年から下痢が続くようになった。
また、知らず知らず食べた物によって下痢が続く原因を作っている場合もありますので、まずは自分の体質の見直しと食べ物について一緒に考えていきましょう。


私達は食べることによって、成長し、健康を維持することができています。どんな食べ物を摂るかでその差は大きく変わっていきます。
小さい時からコンビニ食や偏食していると、次第に下痢や便秘をしやすい体質、不健康な体質の原因を作っていくのは誰もが認めることです。

また、バランスよく食べていると思っているのに、突然原因不明の下痢になったりすることが多々あります。


食べ物を食べた時に、その食べ物に対するアレルギー反応により下痢が生じると、たいていは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛、下痢、顔面腫脹(しゅちょう)などの皮膚症状、鼻炎、結膜炎、気管支喘息症状、のどの詰まる感じなどが現れる即時型と数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢などがみられる遅延型という症状が現れます。

さらに重症になると血圧が低下し、アナフィラキシーショックを起こします
果物などのアレルギーでは初めに口唇のはれや口内のかゆみがみられ、口腔アレルギー症候群と呼ばれます。成人にもみられますが、消化管粘膜の未熟な幼児に多くの症状がみられます。

下痢の原因となる可能性のある食べ物

 食物アレルギーを起こす主な食べ物は下記の通りです。

 ①    牛乳およびその製品
牛乳、粉乳、バター、チーズ、ケーキ、プリン、アイスクリーム、チョコレートなど

②    鶏卵およびその製品
鶏、卵、マヨネーズ、カステラ、ケーキ、アイスクリーム、プリン、フライ、天ぷらなど

③穀類、ナッツ類
 そば、小麦、大豆、ゴマ、ピーナツ、カシューナッツ、栗、クルミなど



③    魚介類・魚卵
えび、カニ、イカ、鮭、鱈、マグロ、イクラなど



④    野菜・果物類

 キゥイ、リンゴ、桃、メロン、バナナ、トマト、イチゴ、ニンジン、マッタケなど

⑤    その他
アレルギーではないが、食物中に含まれる成分(仮性アレルゲン)によりアレルギーとよく似た症状が現れることがあります。サバ、タケノコ、ナスに含まれるヒスタミン様物質、ジャガイモなどに含まれるサリチル酸化合物です。

知らず知らずの間に口にして下痢が続く原因を作っている可能性もあります。

下痢の原因は水中毒に


下痢の原因は様々です。ジュースやコーヒー等の人工甘味料なども下痢原因になりますが、その他にも食べ物によるアレルギーも十分に気を付け、自分が何を食べたら下痢になるかをよく観察しましょう。

このとき、1日の食事で何を食べたかのメモがあると非常に役立ちます。特定の食品をたくさん食べ続けていないか?珍しい食べ物を食べていないか?などの情報が、アレルギーの原因となる食品を探し出す手がかりになるのです。

 すぐに原因がわからない場合には、疑わしい食品をしばらく食べないようにして体の反応を調べます。母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合には、母親も食べ控えるようにします。これを「除去試験」と言います。

血液検査を行えばアレルギーの原因となる食品を突き止めることができますが、判明したアレルギーレベルの数値に対してどの程度食べることができるのか(あるいはまったく食べないほうがよいのか)などの基準が人によって異なります。

医師の指示に従って、アレルギーの症状を軽減させる食事の摂り方を実施していきましょう。
また、発熱やおう吐を伴う下痢が続く場合は病院にかかり、原因を調べてもらいましょう。

食べものアレルギーを起こさないようにするためには、やはり腸内環境を正常に保つことが重要です。 腸内環境を正常化するには腸内善玉菌の活躍なくしては考えられません。腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントがありますので大いに利用して下痢などのない健康な体になりましょう。




PageTop

「食べ物・飲み物による下痢」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない