下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は食品表示の罠

下痢が続く原因は食品表示の罠だった

下痢の原因は人によって環境や体質、好みが異なるため千差万別です
しかしながら下痢の原因の多くは口から入る食べ物が下痢の原因となることが多々あります。急性な下痢から慢性的な下痢まで口から入るもので下痢の原因を作っています。

下痢の原因となる食品添加物の罠

下痢が続く原因のひとつに食品添加物があります。あまり気にしすぎると食べるものがなくなってしまうほどのたくさんの種類で使われてしまっているのが現状です。

食品を買う際に食品表示をご覧になって買ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。食品表示には実は罠があるのです。

スーパーなどで購入する食品には、必ず食品表示がついています。箱入りの食品はもちろん、ラップがかかったた肉や魚のトレイにも基本的には食品表示のシールが張られているはずです。

こうした表示は、消費者が商品の内容を理解したうえで購入し、安全に食べられる期間内に正しい方法で消費するために法律で定めためのものです。

表示が義務付けられた内容について、ひとつひとつ表記がされているわけですが、肝心の消費者がその見方を知っていないと意味がありません。

下痢の原因を避けるための生鮮食品の見方

国産品の場合、野菜や果物などの農産物は産地名として都道府県名や地名を、肉や卵などの畜産物は「国産」もしくはその家畜が育った都道府県名などを、魚や貝といった水産物は天然か養殖か、その魚がとれた水域、養殖された都道府県名などを記載します。

輸入品の場合は、いずれも原産国名を記載すればいいこととなっています。また、生鮮食品の場合は「消費期限」として、開封していない状態で保存した時に、安全に食べられる期間が記載されています。

基本的に生鮮食品は傷みやすいものなので、消費期限を超えたものは食べない、また開封後は消費期限にとらわれずに早めに食べきる、使い切ることをお勧めします。

下痢の原因となる加工食品表示の罠

肉や魚、穀物などを一度加工した状態で販売しているものです。パンやジャム、豆腐、うどん、お菓子類、ハムなどもこれにあたります。

加工食品の場合、食品表示には名称、原材料名、内容量、賞味期限および消費期限、保存方法、製造者、販売者などが記載してあります。

また、加工食品に記載の多い「賞味期限」は、比較的保存がきく食品につけることが多く、期限内であればその商品を美味しく食べることができる、という意味です。

加工食品であっても豆腐のように冷蔵保存で比較的傷みやすい商品の場合は、消費期限が使われています。

しかし、例えば加工肉の食品表示に醤油があったとします。ひとくちに醤油と言っても様々な種類の醤油があり、無添加の醤油を使っていることもあれば食品添加物の入った醤油を使っているかもしれません。全く目に見えないものなのです。

無添加のものが使われているなら良いのですが、醤油の原料に食品添加物が入っていてもわからないという、これが食品表示の罠なのです。

下痢の原因となる加工食品表示の見方

加工食品でも生鮮食品でも、遺伝子組み換え食品を使っている場合は表記が必要です。
ただしその義務は、原材料の多い順から3位以内であって原材料全体に占める割合が5%以上の混合であれば、という決まりなのです。

日本では、内閣府食品安全委員会が安全と認めた品目(大豆/枝豆、大豆もやしを含む、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤ)しか流通していないので、それほど神経質になることはありませんが、最近はこれらを使った食品に「遺伝子組み換えではない」という表記をわざわざしているものもあります。

たとえ微量でも食べたくない、という方にとっては、あいまいな食品表示をしている食品は選ばれないからです。
また食品表示法では、加工食品によって「含まれる原料や添加物の重量が50%未満だったら原産地を表示しなくても良い」となっています。

例えば、乾燥キャベツ:乾燥ニンジン:乾燥ダイコン=4:3:3の割合の重量で混合していた場合、原産地を表示しなくても良いのです。

和牛と国産牛の表示の違い

国産にこだわって食品を購入される方も多いのはないかと思います。
国産牛も和牛も同じだと思っている人は多いのではないでしょうか。ところが、和牛と国産牛と同等で見るのは違います。和牛の原産地は国内ですが、和牛は品種名なのです。

ちなみに和牛は黒毛和種(松坂牛、神戸ビーフ、近江牛、米沢牛)、褐毛和種(土佐牛、肥後牛)、無角和種(無角和牛)、日本短角種(八甲田牛、十和田牛、たんかく和牛)の4種のみなのだそうです。

一方、国産牛とは、日本で生まれ肥育された牛をさします。生体のまま日本に輸入された牛で、原産国の生育期間より国内の生育期間が長い牛であれば「国産牛」と表記できるるのだそうです。

原産国よりも国内での生育期間が短ければ、原産国を明確に表記する必要があります。

あまりに気にしすぎると本当に食べるものがなくなってしまいます。が、食品を買う際には食品表示をできるだけご覧になり、隠れているものが入っているかもしれないと納得したものだけを買いましょう。下痢の原因になるものは極力避けるようにしてみましょう。
tyounaiirasuto4

下痢の原因をなくす腸内環境

私たち人間の身体は本来なら少々の有害な物を食べても健康に保つことが出来ています。
腸内環境が正常であれば、例えば食べた物が有害な物であっても腸内で排出してくれます。

腸内では有害なものと有益なものを見分けることが出来るからです。こうした正常な機能を保つには腸内に有益な菌がたくさんいる事が必要なのです。

有益な菌、つまり腸内善玉菌を増やせば腸内は正常な活動を取り戻すことが出来ます。下痢も改善されるのです。腸内善玉菌を増やすサプリメントがありますので上手に、賢く利用してみましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら