下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は逆流性食道炎

下痢の原因は様々ですが、下痢が続く症状も千差万別です。

下痢の原因は逆流性食道炎

下痢が続くなど、人によって様々な症状がありますが、いずれにしても胃と腸の状態がかなり関係しています。日頃から胃があまり丈夫でない人は様々な胃の症状に悩まされています。


最近、下痢でお悩みの方で、逆流性食道炎を同時に患っていらっしゃる方が増えています。昔は中高年の人によく見られた病気なのですが、最近では20~30代の若い患者さんも増えてきています。
若者は脂肪分を多く含む食べ物を好むようになりそれが下痢が起こる原因の一つとなっているようです。

下痢の原因は消化能力の低下

胃酸が濃かったり、分泌が多かったりする状態を「胃酸過多」と言いますが、胃酸が多いという事は、胃の粘膜を荒らしてしまいます。
当然ながらそうなると胃の炎症が起こります。胃の炎症が起きているという事は、胃の消化能力も下がってしまいますから、食べ物が胃で消化されずに腸に移動します。

そのため、逆流性食道炎は、「腸でも消化不良を起こし、下痢を引き起こす原因となる」と考えられています。
また、胃液や胃の内容物の逆流は、脂肪の多い食事や食べ過ぎ、肥満、加齢、姿勢の悪さなどによって起こるとされています。

その原因としては、逆流性食道炎の薬が体にあわないことや、薬で胃酸を抑えるのでそれによって消化力が低下し腸に負担をかけてしまっていることがあげられます。

どちらが下痢の症状を引き起こしている原因にしても、下痢の症状を改善するためには食生活を見直して、肉食をできるだけ控えるようにすることが大切です。

下痢の原因はアルコール

またアルコールや喫煙も控えるようにしなくてはいけません。治療として薬によって胃酸を抑えることで、消化力が低下してしまいます。そのため消化の良いものをとるようにして、よく噛んで食べるようにし、腸の負担を軽くしてあげるようにすることが大切なのです。

しかし、急に食生活を変えたり、禁酒、禁煙を始めてしまうと大きなストレスを抱えてしまうこともあります。
大きなストレスは腸を痛め、これもまた下痢の原因にもなってしまうことがあるので、自分が出来る無理のない範囲で始めるようにすることも大切です。暴飲暴食を控えて、よく噛むことから始めるのも良い方法です。

逆流性食道炎の予防として

①良質の脂を使う
また、食生活では、油をオリーブオイルに変えることも、逆流性食道炎の予防や緩和につながります。オリーブオイルを使った料理を食べた後は、胸焼けなどの症状がほとんど出てきません。

油脂が下部食道括約筋に及ぼす影響を調べた調査では、オリーブオイルは下部食道括約筋をほとんどゆるめないという結果が出ています。

これは、オリーブオイルが消化に負担をかけないためと考えられます。また、オリーブオイルには便秘を改善する効果もあります。

②腸内善玉菌の摂取
また落ちてしまった消化力を補うのに、良質な腸内善玉菌を摂るのもいいアイデアです。腸内の消化力が高まることで、胃腸への負担もぐんと減り、下痢も収まり、胃酸の過剰な分泌も抑えられていく可能性があります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
使っているお薬が合わないかも、と思われる場合は、かかりつけのお医者様に相談してみましょう。薬を変えただけで治る下痢もあります。
逆流性食道炎は再発しやすい病気でもあります。この病をきっかけに、自身の生活を一度見つめなおすチャンスととらえたいものですね。

腸内環境を整え善玉菌を増やそう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われているように、胃と腸は密接に関係しています。胃が弱いと腸まで影響するのです。
逆に腸を丈夫にすると胃も丈夫になるのです。すると下痢をはじめ、すべての身体の不調が改善しやすくなります。
まずは食生活を改善すると同時に腸内環境を良好にするサプリメント等を上手に利用して腸内環境の改善に取り組んでいきましょう。下痢の改善も、腸内環境が整い善玉菌の多い腸になるとスムーズに解決されます。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら